02
1
2
3
4
7
9
10
14
15
16
17
18
19
20
22
25
26
27
28
   

■『ラ・ラ・ランド』

『ラ・ラ・ランド』"La La Land" 2016(2/24公開)
 女優を夢見るミアは、ロサンゼルスで日々オーディションに明け暮れる。ジャズピアニストのセブは、いつか自分の店を持ちたいと望んでいる。そんな二人が出会い、恋に落ちる。(監督:デミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、J・K・シモンズ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★ ロマンス映画

●『あなたが見えなくて』ダイアナ・パーマー

●『あなたが見えなくて』ダイアナ・パーマー(ランダムハウス講談社)
 1900年、アトランタ。クレアはまだ普及途中の自動車を叔父とともに整備する毎日を送っていたが、突然叔父は亡くなり、天涯孤独の身となる。それを見かねた銀行の副頭取で叔父の友人だったジョンが、クレアに結婚を申し込む。だがそれは、彼と元婚約者とのスキャンダルを隠すための便宜結婚だった──。("Magnolia" by Diana Palmer, 1997)
(※2017年2月、ハーレクインにて再刊)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ランダムハウス講談社 ★★★★

△『死者の短剣 地平線』ロイス・マクマスター・ビジョルド

△『死者の短剣 地平線』ロイス・マクマスター・ビジョルド(創元推理文庫)
 地の民へも医術を施したい、と望む湖の民ダグは、駐留地《新月湖》に基礎継ぎの匠がいると知る。彼は、地の民である妻フォーンを連れて駐留地を訪れ、アルカディ匠に弟子入りを申し入れる。("The Sharing Knife : Horizon" by Lois McMaster Bujold, 2009)
・〈死者の短剣〉シリーズ第4作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 創元推理文庫 ★★★★ シリーズ

▼『真夜中の探訪』リサ・マリー・ライス

▼『真夜中の探訪』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
『真夜中の探訪』─ジャッコは恋人ローレンから妊娠を告げられて、激しく動揺してしまう。自分の生い立ちや薬物中毒の母親、そして誰かもわからぬ父親のことを考えると、子供を持つことが怖くなったのだ。ジャッコは自分が何者なのかを探るため、生まれ故郷へ向かう。
『真夜中の影』─目の手術に成功したアレグラは、夫のコワルスキとギリシャのリゾート島に滞在していた。視力は回復していたが、最近不穏な影が視界に現れるようになり、アレグラは不安に苛まれていた。
・〈ミッドナイト〉シリーズスピンオフ

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★★☆ シリーズ

真っ先に&拍手御礼

 最近話題の本『夫のちんぽが入らない』
 タイトルを聞いた時、真っ先に思い出したのは、ルーシー・モンローの『強いられた結婚』です。
 前出の本を読んでいないので、どういう状況かはっきりとはわからないのですが、『強いられた結婚』では具体的に「おとちん」(と呼ばれているらしい)状態を治す方法が書かれています。ハーレですけど!
 読まないでこれ以上書くのはどうかしら、と思うので、むむっ、読んでみようかしらね!

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。『一夜だけの永遠』にコメントくださったEさまへ。

続きを読む

web拍手 by FC2

□『キング・オブ・エジプト』

『キング・オブ・エジプト』"Gods Of Egypt" 2016(Blu-ray)
 神々と人間が共存する古代エジプト。「生命の神」オシリス王が「天空の神」である息子ホルスに王位を譲渡する式典で、オシリスの弟「砂漠の神」セトが反乱を起こす。彼はホルスの両目を奪い、力と恐怖でエジプトを統治する。奴隷となった盗賊のベックは、恋人ザヤのため、ホルスの目を宝物殿から盗もうとするが──。(監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコライ・コスター=ワルドー、ブレントン・スウェイツ、チャドウィック・ボーズマン、ジェラルド・バトラー、ジェフリー・ラッシュ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

●『一夜だけの永遠』ジェニファー・アシュリー

●『一夜だけの永遠』ジェニファー・アシュリー(二見文庫)
 スクラトン伯爵家の長女イザベラとキルモーガン公爵家の三男マックは、会ったその日に駆け落ちをした。だがその結婚生活は、次第にケンカが増え、傷つけ合うようになり、ついにイザベラは別居を決意する。それから三年半──マックの屋敷にイザベラが訪ねてきた。「あなたの名を騙って絵を売っている男がいる」と言いに来たのだ。("Lady Isabella's Scandalous Marriage" by Jennifer Ashley, 2010)
・〈マッケンジー兄弟四部作〉第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

□『八つ墓村』(1977年版)

□『八つ墓村』1977(Hulu)
 母を幼い頃に亡くし、養父家族とも疎遠になった寺田辰弥は、ある日、岡山の旧家・多治見家の跡取りだとわかる。ところが彼を迎えに来た母の父が突然倒れ、亡くなってしまう。辰弥は、多治見家の双子の大伯母から依頼を受けた未亡人の森美也子に連れられ、八つ墓村を訪れる。多治見家には異母兄姉がおり、兄の久弥は床に臥せっていた。その久弥が、辰弥の目の前で祖父と同じように亡くなる。(監督:野村芳太郎 出演:渥美清、萩原健一、小川真由美、山崎努、山本陽子、市原悦子、中野良子、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

▼『八つ墓村』横溝正史

▼『八つ墓村』横溝正史(角川e文庫)
 母を幼い頃に亡くし、養父家族とも戦争で離れ離れになった寺田辰弥は、ある日、岡山の旧家・田治見家の跡取りだとわかる。ところが彼を迎えに来た母の父が突然倒れ、亡くなってしまう。辰弥は、田治見家の双子の大伯母から依頼を受けた未亡人の森美也子に連れられ、八つ墓村を訪れる。田治見家には病弱な異母兄姉がおり、兄の久弥は床に臥せっていた。その久弥が、辰弥の目の前で祖父と同じように亡くなる。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル1)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ★★★★☆ 角川文庫 シリーズ

□『ドクター・ストレンジ』

『ドクター・ストレンジ』"Doctor Strange" 2016(1/27公開)
 天才外科医として名声を思うままにするドクター・スティーヴン・ストレンジは、自動車事故で両手の機能を失ってしまう。傲慢で自分の才能に絶対の自信を持っていた彼は、両手を元通りにするため、高度な医療や手術に頼るが、まったくの無駄に終わる。そんな時、ネパールのカトマンズに不思議な治療施設があると聞きつけ、そこを訪ねたストレンジは、謎多き女性エンシェント・ワンと出会う。(監督:スコット・デリクソン 出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、マッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    01月 | 2017年02月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★★ ランダムハウス講談社 ヒストリカル 創元推理文庫 ロマンス以外 シリーズ サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★★☆ 二見文庫 角川文庫 ★★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ラズベリーブックス ★★★ 新潮文庫 その他の出版社 ★★☆ マグノリアロマンス ★★★★★ MIRA文庫 ★★ パラノーマル ★☆ フローラブックス ハヤカワ文庫 ソフトバンク文庫 サンリオ ライムブックス ヴィレッジブックス 資料用 アンソロジー 文春文庫 集英社文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫