10
1
2
3
4
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

△『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ

△『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ(ハヤカワepi文庫)
 私の名前はキャシー・H。優秀な介護人だ。もう十年以上勤めている。あちこちの施設を回り、介護すべき人たちに会う日々を送りながら、私は幼い頃から少女まで過ごしたヘールシャムでのことを思い出す。その中でも、特に親しかったルースとトミーの思い出を──。("Never Let Me Go" by Kazuo Ishiguro, 2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★☆

●『遅咲きの花と貴公子』リズ・カーライル

●『遅咲きの花と貴公子』リズ・カーライル(MIRA文庫)
 1850年、英国。28歳のケイトは、女男爵としてベルコームの地所と屋敷を管理してきた。馬で出かけたある日、見知らぬ男性の乗った馬に出くわし、彼を落馬させてしまう。目覚めた時、彼の記憶はなくなっていた。荷物に記された「エドワード」という名前しかわからない紳士を、ケイトは客としてもてなす。("In Love With A Wicked Man" by Liz Carryle, 2013)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル MIRA文庫 ★★★★

▼『天国の港』リサ・マリー・ライス

▼『天国の港』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
 ホープは、イタリアのバーリで、怪我をした親友ケイの代わりに英会話学校の校長を務めている。だが最近、借りている家の周りで不審な出来事が起こっていた。ケイの知り合いでイタリア国家憲兵カラビニエリの本部長フランコ・リベラが彼女の護衛に就くが、ホープはかつてのひどい経験から、警察の人間が苦手だった。("Port Of Paradise" by Lisa Marie Rice, 2016)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★☆

□『この世界の片隅に』

『この世界の片隅に』2016(Blu-ray)
 昭和19年2月、18歳の浦野すずは、呉に住む北條周作の元へ広島から嫁ぐ。絵を描くことが好きで、のんびり屋のすずは、持ち前の明るさで戦時下の生活を乗り切っていく。(監督:片渕須直 声の出演:のん、細谷佳正、小野大輔、潘めぐみ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

豊作の年&拍手御礼

 今年、映画は本数からすると例年とそれほど変わらないのですけど、面白いのがとても多くて、すごい豊作! なのです。
「★★★★☆」がなんと5本もある(゚д゚)!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』
『カーズ/クロスロード』
『スパイダーマン:ホームカミング』
『ワンダーウーマン』
『ダンケルク』

『カーズ/クロスロード』は個人的な思い入れが強すぎたかしら(´ω`;)、と思うけれど、他のはどれも納得の星数です。
 特に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』と『ワンダーウーマン』が大好き。アメコミ映画ってほんと楽しい(´∀ `)。
 しかし、ほんとはミニシアター系の新作とか旧作映画とかも見たい。時間と気力が足りない──という結論ばかりになっている今日この頃です。配信されてる映画とかを仕事の合間に見られるのではないか、という期待はもう霧散してしまいましたよ……orz
 もちろん、本ももっと読みたいです(´;ω;`)。Kindleに助けられているけど、いまいちのものはなにで読んでもスピードは変わらない(つまり遅い……)。

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。『エイリアン:コヴェナント』にコメントくださったHさまへ。

続きを読む

web拍手 by FC2

□『エイリアン:コヴェナント』

『エイリアン:コヴェナント』"Alien: Covenant" 2017(9/15公開)
 2104年、冷凍睡眠中の移民と人間の胎芽を運ぶ宇宙船コヴェナント号は、衝撃波から損傷し、船の管理をしていたアンドロイドのウォルターは休眠中の乗組員を起こし、対処に当たる。その際、謎の信号を未知の惑星から受け取り、進路を変更してその惑星の探査をすることになる。(監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★☆

▼『心閉ざされて』リンダ・ハワード

▼『心閉ざされて』リンダ・ハワード(二見文庫)
 アラバマきっての名家ダベンポート家は、ロアンナの祖母ルシンダが君臨していた。七歳のロアンナは両親をなくし、ルシンダの暮らすダベン・コートへ引き取られた。そこには同じく親を亡くした従姉妹のジェシー、そして又従兄弟のウェッブ・タラントがいた。優秀なウェッブは祖母から信頼され、ダベンポート家を継ぐべく、10年後ジェシーと結婚する。しかし、ロアンナがある秘密を目撃し、ウェッブとジェシーが激しい口論をした日の夜、ジェシーが無残な死体で発見される。("Shades Of Twilight" by Linda Howard, 1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★★

◆『七つの人形の恋物語』ポール・ギャリコ

◆『七つの人形の恋物語』ポール・ギャリコ(角川文庫)
 お金も家も仕事もない少女ムーシュは、絶望のあまりセーヌ川に身を投げようとしていた。その時、声をかけてくれたのは、赤毛の少年の人形だった。ムーシュはキャプテン・コック率いる人形一座に加わり、七つの人形たちとともに愛と笑いに満ちた舞台を観客に提供する。しかしその人形を操るキャプテン・コックは、冷酷で非情な男だった(表題作)。他、『スノーグース』収録。("Love Of Seven Dolls" by Paul Gallico, 1954)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー 角川文庫 ★★★★★

◆『エアコン停止中』スザンナ・キャレイ

◆『エアコン停止中』スザンナ・キャレイ(ハーレクイン)
 教師のメルは、友人のジャネットとチャリティ独身男性オークションに来ていた。ジャネットが競り落とした男性は、メルがパートで働いている不動産会社の社長ジョーだ。ジャネットはお礼のため、最初からメルにデート権を譲るつもりでいた。気後れしながらもメルはデートへ出かける。だが、ジョーが席をはずしている間にメルは事故に遭ってしまう。("Steam Bath" by Suzanne Carey, 1993)
・アンソロジー『あの恋をもう一度 II』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ アンソロジー

□『ダンケルク』

『ダンケルク』"Dunkirk" 2017(9/5試写会 9/9公開)
 1940年5月26日、フランス。北端の海岸ダンケルクに、イギリス、フランスの兵士およそ40万人がドイツ軍によって追い詰められていた。彼らを海から撤退させるため、ダイナモ作戦が開始される。イギリスからは船を持つ一般人たちが兵士たちを救いにやってくる。英空軍は空から援護をするが──。(監督:クリストファー・ノーラン 出演:フィオン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、マーク・ライランス、トム・ハーディ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ハヤカワ文庫 ★★★★☆ ロマンス以外 ★★★★ ヒストリカル MIRA文庫 扶桑社ロマンス ★★☆ サスペンス/ミステリ 二見文庫 角川文庫 ★★★★★ コンテンポラリー アンソロジー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ★★★☆ 新潮文庫 ライムブックス シリーズ パラノーマル ★★ ロマンス映画 ランダムハウス講談社 創元推理文庫 ラズベリーブックス その他の出版社 資料用 マグノリアロマンス ★☆ フローラブックス ソフトバンク文庫 サンリオ ヴィレッジブックス 文春文庫 集英社文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫