03
1
2
3
4
5
6
7
9
10
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
27
28
29
30
31
   

●『灰かぶりの令嬢』カーラ・ケリー

●『灰かぶりの令嬢』カーラ・ケリー(MIRA文庫)
 ラトリフ子爵の非摘出子として生まれたナナが、父親に入れられた女学校から故郷プリマスへ戻って、5年。祖母とともに切り盛りする宿屋マルベリー亭は破綻寸前だった。そんな時、艦の修理のため軍港プリマスを訪れたオリヴァー・ワージー艦長がマルベリー亭に宿を取る。ひどく疲れ衰弱していた彼を、ナナは献身的に看病する。だが、彼がここを訪れたのにはある理由があった。("Marrying The Captain" by Carla kelly, 2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル MIRA文庫 ★★★★

□『キングコング:髑髏島の巨神』

『キングコング:髑髏島の巨神』"Kong: Skull Island" 2017(3/25公開)
 地図に記されていない島が発見され、地質調査のため調査機関の学者たち、護衛の軍隊、報道カメラマン、そしてジャングルにくわしい傭兵が集められ、島へ向かう。嵐を抜けた向こうには、美しい島が存在した。だがそこには、今まで見たことのない巨大な生物が君臨していた。(監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 出演:トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン、ジョン・C・ライリー、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

重くて持てない&拍手御礼

 J・R・ウォードの新刊を読んでいるのですが、なかなか読み進められない……。
 面白くないわけではなく、主な理由は「重い」せいです(´ω`;)。
 いや、これもまた企業努力だとわかってますよ! 上下巻ではなく1冊にまとめてもらった方がお財布に優しい。
 しかし、何事にもいい面と悪い面があるというのが世のセオリーです。
 私、紙の本は基本家で読みます。これは薄い文庫本でも同じです。バッグを軽くしたいんですよ。だから、外出時の読書は主にスマホでKindleアプリ。常に読みかけが最低2冊ある、という感じになりますね。
 家では何かしながら読書するんですけど、たいてい片手で読む。スマホだとさらに気軽ですが、ごく普通の割と厚めの文庫でもこれは楽にできる。
 しかし、今回のウォードは……持てない……orz 私の握力や筋力の問題かもしれませんけど、ちょっと難しい……。
 まだ読んでる途中だけど、自炊しちゃってiPadで読もうか、とも思ったり(´∀ `;)。が、自炊してるヒマもないのですよね。
 うーん、図書館のだと返さないといけないから、ぶ厚い単行本でもかえって馬力が出たりするんですが、買った本だとついつい後回しにしてしまいがち……。
 がんばります(´・ω・`)。

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。『プレイボーイの罪』にコメントくださったMさまへ。

続きを読む

web拍手 by FC2

◆『絆をもう一度』ルーシー・ゴードン

◆『絆をもう一度』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 ケリーは、テレビジャーナリストとして活躍する夫ジェイクと今日別れた。8回目の結婚記念日が離婚記念日になったので、それをお祝いしてパーティーを開いていると、ジェイクがやってくる。二人は互いに複雑な思いを抱きながら、最後の夜を一緒に過ごす。そして数週間後、ケリーはテレビで凶弾に倒れたジェイクの姿を目にする。("The Pregnancy Bond" by Lucy Gordon, 2002)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆

□『モアナと伝説の海』

『モアナと伝説の海』"Moana" 2016(3/10公開)
 南海の島の長の娘、16歳のモアナは、幼い頃の不思議な体験から海に惹かれ、サンゴ礁の外へ出たいと常に思っていた。モアナの祖母は、千年前の伝説を語る。かつての英雄マウイが女神テ・フィティの心を盗み、そのため海に闇が広がっている、と。そのとおり、その伝説が島の豊かな自然を脅かしていた。(監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ)
・同時上映『インナー・ワーキング』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

◆『プレイボーイの罪』キャサリン・スペンサー

◆『プレイボーイの罪』キャサリン・スペンサー(ハーレクイン)
 キャロラインの姉夫婦が双子の子供たちを残して海難事故でなくなってしまった。葬儀のため、イタリアへ向かうキャロラインを迎えに、双子の叔父であるパオロがやってくる。9年前、姉夫婦の結婚式のあと、二人は熱い夜を過ごした。だが、プレイボーイの彼にとってそれは取るに足らないことだと、彼女はすぐに思い知る。("The Italian's Convenient Wife" by Catherine Spencer, 2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

■『ラ・ラ・ランド』

『ラ・ラ・ランド』"La La Land" 2016(2/24公開)
 女優を夢見るミアは、ロサンゼルスで日々オーディションに明け暮れる。ジャズピアニストのセブは、いつか自分の店を持ちたいと望んでいる。そんな二人が出会い、恋に落ちる。(監督:デミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、J・K・シモンズ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★ ロマンス映画

●『あなたが見えなくて』ダイアナ・パーマー

●『あなたが見えなくて』ダイアナ・パーマー(ランダムハウス講談社)
 1900年、アトランタ。クレアはまだ普及途中の自動車を叔父とともに整備する毎日を送っていたが、突然叔父は亡くなり、天涯孤独の身となる。それを見かねた銀行の副頭取で叔父の友人だったジョンが、クレアに結婚を申し込む。だがそれは、彼と元婚約者とのスキャンダルを隠すための便宜結婚だった──。("Magnolia" by Diana Palmer, 1997)
(※2017年2月、ハーレクインにて再刊)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ランダムハウス講談社 ★★★★

△『死者の短剣 地平線』ロイス・マクマスター・ビジョルド

△『死者の短剣 地平線』ロイス・マクマスター・ビジョルド(創元推理文庫)
 地の民へも医術を施したい、と望む湖の民ダグは、駐留地《新月湖》に基礎継ぎの匠がいると知る。彼は、地の民である妻フォーンを連れて駐留地を訪れ、アルカディ匠に弟子入りを申し入れる。("The Sharing Knife : Horizon" by Lois McMaster Bujold, 2009)
・〈死者の短剣〉シリーズ第4作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 創元推理文庫 ★★★★ シリーズ

▼『真夜中の探訪』リサ・マリー・ライス

▼『真夜中の探訪』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
『真夜中の探訪』─ジャッコは恋人ローレンから妊娠を告げられて、激しく動揺してしまう。自分の生い立ちや薬物中毒の母親、そして誰かもわからぬ父親のことを考えると、子供を持つことが怖くなったのだ。ジャッコは自分が何者なのかを探るため、生まれ故郷へ向かう。
『真夜中の影』─目の手術に成功したアレグラは、夫のコワルスキとギリシャのリゾート島に滞在していた。視力は回復していたが、最近不穏な影が視界に現れるようになり、アレグラは不安に苛まれていた。
・〈ミッドナイト〉シリーズスピンオフ

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★★☆ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2017年03月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    MIRA文庫 ★★★★ ヒストリカル ★★★☆ ★★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★ ロマンス映画 ランダムハウス講談社 ロマンス以外 創元推理文庫 シリーズ 扶桑社ロマンス サスペンス/ミステリ 二見文庫 角川文庫 ラズベリーブックス ★★★ 新潮文庫 その他の出版社 ★★☆ マグノリアロマンス ★★★★★ パラノーマル ★☆ フローラブックス ハヤカワ文庫 ソフトバンク文庫 サンリオ ライムブックス ヴィレッジブックス 資料用 アンソロジー 文春文庫 集英社文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫