12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

●『北と南』エリザベス・ギャスケル

●『北と南』エリザベス・ギャスケル(大阪教育図書)
 英国国教会の理念と相容れなくなった父が牧師を辞め、19歳のマーガレットは南部の田園地帯ヘルストンから、北部の工業都市ミルトンへ移り住む。何もかも違う生活に戸惑う彼女の前に、ミルトンで工場を経営するジョン・ソーントンが現れる。折しも彼の工場の労働者たちがストライキを始め、一人で暴徒と化した労働者たちに相対するソーントンをマーガレットは思わずかばうが──。("North And South" by Elizabeth Gaskell, 1855)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル その他の出版社 ★★★

□『ガールズ&パンツァー 劇場版』

□『ガールズ&パンツァー 劇場版』2015(Blu-ray)
 戦車道全国高校生大会に優勝し、廃校を免れた大洗女子学園。平穏な生活を送るみほたちだったが、文科省は突然「それは口約束だ」と撤回し、再び廃校の危機に陥る。生徒会長の杏は交渉の末、文科省から「大学選抜チームに勝てば、廃校撤回」という誓約書を取りつける。みほたちは、天才少女・愛里寿率いる選抜チームと戦うこととなる。(監督:水島努 声の出演:渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

□『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』"Jack Reacher: Never Go Back" 2016(11/11公開)
 軍を除隊したのち、流れ者になったジャック・リーチャー。彼がかつて所属していた米陸軍内部調査部のターナー少佐が見に覚えのない罪で逮捕される。リーチャーは彼女を脱獄させ、軍内部にはびこる犯罪を暴こうとする。(監督:エドワード・ズウィック 出演:トム・クルーズ、コビー・スマルダーズ、オルディス・ホッジ、ダニカ・ヤロシュ、パトリック・ヒューシンガー、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★

▼『嵐の館』ミニオン・G・エバハート

▼『嵐の館』ミニオン・G・エバハート(論創社)
 カリブ海に浮かぶ小さなビードン島に滞在しているノーニは、島の実力者で大農場主ロイヤル・ビードンとの結婚式を控えていた。そのことについての手紙を書いている最中も、ノーニは得体の知れない不安を拭うことができない。まるでこの家は、聞き耳を立てているようだ──。そこへ隣の農場経営者ハーマイニーの甥ジムがやってくる。彼の姿に心ときめかすノーニ。だが、私は次の水曜日に結婚する──ジムはノーニに言う。「僕は島を出ていくよ」("House Of Storm" by Mognon G. Eberhart, 1949)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ その他の出版社 ★★★☆

▽『悪魔が来りて笛を吹く』横溝正史

▽『悪魔が来りて笛を吹く』横溝正史(角川e文庫)
 昭和22年、3月5日。椿子爵の失踪が報じられ、4月に自殺体となって発見された。それから5ヶ月後の9月、子爵の娘・美禰子が金田一耕助を訪ねる。「これ以上の屈辱、不名誉に耐えていくことは出来ない」という父の遺書を持って。彼女は言う。「父がある大事件の犯人だと、家の誰かが密告した」と──。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル4)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★ シリーズ

ロマサス映画としての『ボーン・アイデンティティー』

『ボーン・アイデンティティー』“The Bourne Identity” 2002(DVD)
 マリーは途方に暮れていた。職も金も住むところもなく、アメリカへのビザもおりない──これからどうしたらいいの? そんな彼女の前に、ジェイソン・ボーンと名乗る謎の男が現れた。「パリまで僕を乗せていってくれたら、一万ドル払う」──あとのないマリーは、その要求をのむしかなかった。数か国語を話し、瞬時に周囲の状況を把握し、銃器の扱いにも長け、襲いかかる敵をいともたやすく倒す彼は、自分のことを何一つ憶えていなかった。(監督:ダグ・リーマン 出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー、クライヴ・オーウェン他)
※映画ボーンシリーズ全般のネタバレを含みます。

続きを読む

web拍手 by FC2

この仕事が終わったら&拍手御礼

 仕事が忙しくて、またまた本が読めてません(´・ω・`)。
 と、何度言えば気が済むのか。済むも何も、働かなくても食べていけるようになれば、ですよね。はいはい、働きますよー(´-ω-`)。
 ただいまの楽しみは、仕事が終わったら『ボーン・アイデンティティー』を見直して、ロマサス映画としての感想をブログに書くこと。『ボーン・レガシー』『ジェイソン・ボーン』と続けて見たせいで、私の中のロマサス魂が書けとささやくのであった。
 問題は、いわゆる「ロマサス映画」がこれくらいしか浮かばないということ。いや、別にこれ一本で書けるんですけど、何かもっといいロマサス映画はないものか、と考えても、ピンと来なくてねえ。「どっちか面白い」というのはあっても、「どっちも面白い」というのはなかなかないのだなあ。いっそ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』まで行くと、その精神性はほぼ愛、という潜在的ロマサスと昇華しているんだけど、私が望んでいるのはもっとベタなやつなんだよー(´д`;)。
 とにかく、今の仕事が終わったら、俺ロマサス映画の記事書くんだ……死亡フラグにならないように気をつけながら、仕事します(´;ω;`)。

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。『ボーン・レガシー』にコメントくださったSさまへ。

続きを読む

web拍手 by FC2

□『ジェイソン・ボーン』

『ジェイソン・ボーン』"Jason Bourne" 2016(10/7公開)
 ジェイソン・ボーンがCIAの監視から逃れ姿を消してから数年。元CIAのニッキーがハッキングした情報を持って潜伏しているボーンの前に現れる。自分の父親が「トレッドストーン計画」に関わっていた──その情報にショックを受けたジェイソンは、父親と最後に会った時のことを少しずつ思い出していく。(監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、トミー・リー・ジョーンズ、アリシア・ヴィキャンデル、ヴァンサン・カッセル、ジュリア・スタイルズ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★

□『ボーン・レガシー』

□『ボーン・レガシー』"The Bourne Legacy" 2012(Blu-ray)
 アウトカム計画の「参加者」であるアーロン・クロスは、日々厳しい訓練を行っていた。その合間に薬を服用し、血液のサンプルを研究機関へ送ることが義務付けられている。しかしある日、「参加者」が爆撃されるのを目撃したアーロンは、死亡を装い行方をくらます。一方、「参加者」たちの管理を行なってきた製薬会社のラボで銃乱射事件が起こり、マルタ・シェアリング博士がたった一人生き残る。(監督:トニー・ギルロイ 出演:ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、ジョアン・アレン、アルバート・フィニー、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★☆

◆『アラビアの花嫁』リン・グレアム

◆『アラビアの花嫁』リン・グレアム(ハーレクイン文庫)
 シングルマザーの従姉エリカが事故で亡くなった。残された子供ベンの面倒を見ながら、フレディは途方に暮れていた。お金も仕事もなく、このままではベンと離れ離れになってしまう……。そこへベンの父親の弟と名乗るジャスパーが現れる。彼はなんと、アラブのクアマール王国の皇太子だった。("An Arabian Marriage" by Lynne Graham, 2002)
・〈華麗なる転身〉第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2016年12月 | 01月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス