01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▽『生きるか死ぬかの町長選挙』ジャナ・デリオン

▽『生きるか死ぬかの町長選挙』ジャナ・デリオン(創元推理文庫)
 シンフルの町長選挙に満を持して立候補したアイダ・ベル。しかし対立候補のテッドが殺され、アイダ・ベルは逮捕されてしまう。彼女の無実を信じるフォーチュンとガーティは、真犯人を見つけようと奮闘するが、先々で騒動を巻き起こす。("Swamp Sniper" Jana DeLeon, 2013)
・〈ミス・フォーチュン・ミステリ〉シリーズ第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 創元推理文庫 ★★★★ シリーズ

□『フォードvsフェラーリ』

『フォードvsフェラーリ』"Ford v Ferrari" 2019(1/10公開)
 1963年、フォードはフェラーリの買収に乗り出したが失敗。レーシングチームを手放したくないフェラーリ側が土壇場で破談にしたのだ。フォードの社長はこれに怒り、ル・マン24時間レースでフェラーリを打ち負かすことを決意し、カーデザイナー兼エンジニアのキャロル・シェルビーにレースに勝てる車を作るよう依頼する。シェルビーはイギリス人レーサーのケン・マイルズとともにこの無謀な挑戦を受けるが──。(監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:マット・デイモン、クリスチャン・ベール、ジョン・バーンサル、カトリーヌ・バルフ、トレイシー・レッツ、ジョシュ・ルーカス、ノア・ジュープ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

●『侯爵と内気な壁の花』クリスティーナ・ブリトン

●『侯爵と内気な壁の花』クリスティーナ・ブリトン(ラズベリーブックス)
 26歳の子爵令嬢イモジェンは、あるパーティーに出席した夜、庭園でウィルブリッジ侯爵ケイレブにキスされてしまう。人違いを丁寧にわびたケイレブは、その後再会した彼女の誠実で温かい人柄に惹かれ、友人になろうとする。イモジェンも彼が評判どおりの放蕩者ではないと知り、その申し出を受けるが──。("With Love In Sight" by Christina Britton, 2018)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ラズベリーブックス ★★★☆

□『翔んで埼玉』

『翔んで埼玉』2019(WOWOW)
 19XX年、埼玉県は東京都に迫害され、県民は通行手形がなければ東京に入ることも許されなかった。そんな折、東京の白鵬堂学院にアメリカ帰りの麻実麗が転校してくる。東京都知事の息子で学院の生徒会長である壇ノ浦百美は麗に敵対心を抱くが、何につけても完璧な彼に次第に好意を持つようになる。しかし、麗は実は埼玉県人であり、東京都から埼玉を解放する使命を与えられていた。(監督:武内英樹 出演:二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、加藤諒、中尾彬、麿赤兒、竹中直人、京本政樹、他)

 あけましておめでとうございます
 今年もよろしくお願いいたします

 って、さっそく映画の感想ですみません(´・ω・`)。
 今年の目標はここ数年同じです。「もっと本を読みたい」。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

□『劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』

『劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』2019(12/27公開)
 新たな敵が宇宙から現れ、シンカリオンの運転士・速杉ハヤトは父のホクトと出撃する。だが戦いの中、ホクトは行方不明になってしまう。残されたのは見知らぬ少年。彼はなんと9歳のホクトだった。彼は元の世界に戻るため、シンカリオンALFA-Xの運転士になるが──。(監督:池添隆博 声の出演:佐倉綾音、沼倉愛美、村川梨衣、真堂圭、竹達彩奈、杉田智和、雨宮天、うえだゆうじ、山寺宏一、釘宮理恵、伊藤健太郎、吉田剛太郎、他)

 さすがに年末は忙しい……。やっと昨日仕事納めして、ってもう31日じゃないですか(゚Д゚)!
 今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
 ペース落ちまくりですが、来年はもう少し本を紹介したい……。これでは映画ブログですもんね(´・ω・`)。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

□『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』

□『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』1999(WOWOW)
 ガメラとレギオンの戦いから三年後。再びギャオスの死体が発見され、長峰真弓は調査に乗り出す。その頃、ガメラとギャオスの戦いで両親を失い、弟とともに親戚に引き取られた比良坂綾奈は、村の洞窟で卵のようなものを発見する。卵から生まれた謎の生物に「イリス」と名をつけて綾奈はかわいがるが──。(監督:金子修介 出演:中山忍、前田愛、藤谷文子、山咲千里、手塚とおる、螢雪次朗、本田博太郎、津川雅彦、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

□『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』"Star Wars: The Rise Of Skywalker" 2019(12/20公開)
 復活したレジスタンス軍の秘密基地で、レイは一人ジェダイとしての訓練に明け暮れていた。一方、カイロ・レンは隠された惑星を見つけ出し、一人訪れる。「レイを捕まえて、ジェダイを滅ぼせ」──カイロ・レンはレイを見つけ出そうとするが──。(監督:J・J・エイブラムス 出演:キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、他)
※スター・ウォーズシリーズ全般のネタバレが含まれます。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

◎『ハーレクイン・ロマンス 恋愛小説から読むアメリカ』尾崎俊介

◎『ハーレクイン・ロマンス 恋愛小説から読むアメリカ』尾崎俊介(平凡社新書)
 世界114か国、28言語以上で読まれ、恋愛小説の代名詞として知られる「ハーレクイン・ロマンス」とどう読まれ、書かれてきたか。偉大なるマンネリ小説から、アメリカ社会を読む。(帯裏より)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 その他の出版社

話題の新書&拍手御礼

 ロマンスクラスタの方には話題になっている『ハーレクイン・ロマンス 恋愛小説から読むアメリカ』(平凡社新書)を買って、今読んでます。
(売れてほしいのでちょっと試験的に書影を載せてみたり。クリックするとAmazonに飛びます。予約した時はKindle版はなかった(´;ω;`)。くそう。けど図版もけっこうあるので、紙の方が読みやすいかな)



 もちろん記事を書く予定ですが、読んでてなぜか「あれ、これ読んだことあるような──」と思ってしまいました。というか、おそらく作者の尾崎俊介さんって、多分ブログをやってらして、そこでのハーレの記事を私が読んだんだと思う。しかも最近見つけたんですよ。仕事が忙しく、一部読んだところで「あとでゆっくり読もう」となっちゃった。そしたらこんな本が! しかも仕事もひと段落して!
 まとめて読めてうれしいです。面白いです。(違っていたらごめんなさい)

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。「細かすぎて伝わらないロマンスの苦手な場面&拍手御礼」にコメントくださったHさまへ。

続きを読む

web拍手 by FC2

□『スカイライン ―奪還―』

『スカイライン ―奪還―』"Beyond Skyline" 2017(WOWOW)
 突如現れた宇宙船から放たれる青い光によって、人々は宇宙船へ吸い込まれていく。地下にいたため、かろうじてそれを避けられた刑事マークとその息子トレント、地下鉄職員のオードリーたちは、脱出するためにロサンゼルス市街はずれの埠頭を目指すが──。(監督:リアム・オドネル 出演:フランク・グリロ、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ、イコ・ウワイス、カラン・マルヴェイ、ジェイコブ・バルガス、アントニオ・ファーガス、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス以外 シリーズ ★★★★ 創元推理文庫 ★★★☆ ヒストリカル ラズベリーブックス その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫