08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▼『シエナに恋して』リサ・マリー・ライス

▼『シエナに恋して』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
 数学者のフェイスは、親友ルーの兄であるアイスホッケーのスター選手ニックと一夜をともにする。が、翌朝彼からかけられたのは思いがけない言葉だった。傷心のフェイスだったが、突然上司であるケイン教授からイタリアのシエナで行われる学会にアシスタントとして呼ばれることになる。折しもシエナではパーリオと言われる地区同士での競馬の直前で、町はお祭り騒ぎだった。("Murphy's Law" by Lisa Marie Rice, 2014)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★

◆『プレイボーイの罪』キャサリン・スペンサー

◆『プレイボーイの罪』キャサリン・スペンサー(ハーレクイン)
 キャロラインの姉夫婦が双子の子供たちを残して海難事故でなくなってしまった。葬儀のため、イタリアへ向かうキャロラインを迎えに、双子の叔父であるパオロがやってくる。9年前、姉夫婦の結婚式のあと、二人は熱い夜を過ごした。だが、プレイボーイの彼にとってそれは取るに足らないことだと、彼女はすぐに思い知る。("The Italian's Convenient Wife" by Catherine Spencer, 2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

□『10 クローバーフィールド・レーン』

□『10 クローバーフィールド・レーン』"10 Cloverfield Lane" 2016(6/17公開)
 都会から逃げ、田舎道を車で走るミシェルは、後ろから来た車にぶつけられて意識を失う。気がつくと、牢獄のような部屋に足をつながれ、閉じ込められていた。部屋にやってきた男に「出してくれ」と頼むが、彼は「外は攻撃され、汚染されている」と言う。ここは彼が作ったシェルターなのだ。(監督:ダン・トラクテンバーグ 製作:J・J・エイブラムス他 出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・グッドマン、ジョン・ギャラガー・Jr、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★

◆『あなたが気づくまで』アマンダ・ブラウニング

◆『あなたが気づくまで』アマンダ・ブラウニング(ハーレクイン)
 弁護士のナターシャは、双子の妹ナターリャが事故にあったと知らせを受け、病院へ向かった。だが実はナターリャは無傷で、彼女をかばって車にひかれた婚約者チェイスが集中治療を受けていた。ナターリャはそのまま姿を消し、ナターシャは妹のふりをして意識のない彼のそばにいるはめに陥る。("A Husband For The Taking" by Amanda Browning, 1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

□『ファンタスティック・フォー』(2015年版)

『ファンタスティック・フォー』"Fantastic Four" 2015(Blu-ray)
 幼い頃からの夢である物質転送装置を完成させたリード。最初の異次元転送のため、彼は研究員仲間のヴィクター、ジョニー、幼なじみのベンとともに装置を起動させ、異次元へと向かう。異次元の物質を浴びた彼らは、未知の力を得たが──。(監督:ジョシュ・トランク 出演:マイルズ・テラー、マイケル・B・ジョーダン、ケイト・マーラ、ジェイミー・ベル、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★

◆『ひと夏の情熱』アマンダ・ブラウニング

◆『ひと夏の情熱』アマンダ・ブラウニング(ハーレクイン)
 エリーは継兄リュークに子供の頃から夢中だった。だが、実際につきあってみると、彼は卑劣で無責任な男だと知り、彼女から別れを告げた。リュークは別の女性と婚約し、エリーもそのお祝いパーティーに顔を出さなければならなくなった。港で迎えを待っていると、素敵な男性がこっちへやってくる。エリーは、彼が一番上の継兄ジャックだと気づき、ショックを受ける。("A Shocking Passion" by Amanda Browning, 2002)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

◆『美しき誤解』アン・メイザー

◆『美しき誤解』アン・メイザー(ハーレクイン)
 貴族の令嬢であるヘレンは、実業家ジェイク・ハワードと二年前に契約結婚をした。ジェイクは家柄のいい完璧な妻を探していたのだ。父を亡くし、財産もなくなっていたヘレンはその条件をのんだ。以来二人は、冷たい結婚生活を送ってきた。だがジェイクは、アメリカ出張からの帰国時、ヘレンが家におらず、かつての婚約者と出かけていたことを知ると、突如として激怒する。("Jake Howard's Wife" by Anne Mather, 1973)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

▼『白の情熱』アン・スチュアート

▼『白の情熱』アン・スチュアート(MIRA文庫)
 弁護士のジュヌヴィエーヴは、大富豪の顧客ハリーのサインをもらいに彼のクルーザーを訪れた。早く書類にサインをもらって船を降りたい。けれどもハリーは巧みにサインを避け、執拗に彼女を夕食に誘う。ハリーの個人秘書ピーターも彼女を船から降ろしたいと思っていた。実はハリーは慈善家の仮面をかぶったテロリストで、ピーターは彼の計画をつぶすために潜入していたスパイだった。ジュヌヴィエーヴは、ここにいてはいけない人間だったのだ。("Cold As Ice" by Anne Stuart, 2006)
・〈アイス〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ★★ シリーズ

◆『シークの妻に望まれて』ケイトリン・クルーズ

◆『シークの妻に望まれて』ケイトリン・クルーズ(ハーレクイン)
 ハータン王国の皇太子妃キアラは、夫アズリンの父、国王の引退の知らせを聞き、急に現実を目の当たりにする。私は、夫が望むような王妃にはなれない……。実家の葡萄園に帰り、悩み続けていると、アズリンがやってくる。妻を説得するために。("In Defiance Of Duty" by Caitlin Crews, 2012)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

□『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』

『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』2013(12/14公開)
 コヨミの指輪を持って旅に出た晴人の前に、謎のファントムが現れた。晴人を絶望させ、中のドラゴンを食らおうとしているのだ。一方、沢芽市では「戦極バトルロワイヤル」が開催されていた。そこへ次元の切れ目から謎の怪人が現れる。(監督:田崎竜太 出演:佐野岳、白石隼也、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    シリーズ ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ コンテンポラリー ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ ★★★ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫