12
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▼『逃げるアヒル』ポーラ・ゴズリング

▼『逃げるアヒル』ポーラ・ゴズリング(ハヤカワ・ミステリ文庫)
 サンフランシスコでコピーライターとして働いているクレア・ランデルは、ある日の夕方、駐車場で一人の男を見かける。数日後、クレアは街なかで突然銃撃を受ける。捜査に当たったサンフランシスコ市警警部補マイク・マルチェックは、クレアの見かけた男が、ずっと行方を追っている正体不明の殺し屋エジソンであると気づく。("A Running Duck" by Paula Gosling, 1978)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ハヤカワ文庫 ★★★★★

◆『七つの人形の恋物語』ポール・ギャリコ

◆『七つの人形の恋物語』ポール・ギャリコ(角川文庫)
 お金も家も仕事もない少女ムーシュは、絶望のあまりセーヌ川に身を投げようとしていた。その時、声をかけてくれたのは、赤毛の少年の人形だった。ムーシュはキャプテン・コック率いる人形一座に加わり、七つの人形たちとともに愛と笑いに満ちた舞台を観客に提供する。しかしその人形を操るキャプテン・コックは、冷酷で非情な男だった(表題作)。他、『スノーグース』収録。("Love Of Seven Dolls" by Paul Gallico, 1954)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー 角川文庫 ★★★★★

●『スノーグース』ポール・ギャリコ

●『スノーグース』ポール・ギャリコ(新潮文庫)
 イギリス、エセックスの海岸近くにある大沼に、画家のフィリップ・ラヤダーは移り住む。彼はそこで、鳥の保護をしながら一人で暮らしていた。ある日彼の元へ、一人の少女が傷ついたスノーグースを抱えてやってくる(表題作)。他、『小さな奇蹟』『ルドミーラ』収録。("The Snow Goose" by Paul Gallico, 1940)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 新潮文庫 ★★★★★

□『ジョーズ』

『ジョーズ』"Jaws" 1975
 アメリカ東海岸の田舎町アミティ。海開きを前に、海で若い女性が襲われ死亡する。サメが襲ったと判断した警察署長ブロディは海岸を遊泳禁止にしようとするが、市長や住民に反対される。そして海開きは強行されるが、サメは海岸に現れ、再び犠牲者を出す。ブロディは地元の漁師クイントを雇い、海洋学者フーパーとともにサメ退治へ乗り出す。(監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ロイ・シャイダー、ロバート・ショー、リチャード・ドレイファス、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★★

■『ある日どこかで』

■『ある日どこかで』"Somewhere In Time" 1980(DVD)
 脚本家志望の大学生リチャードは、処女作上演後、年老いた女性から懐中時計を渡された。「帰ってきて」という言葉とともに──。それから8年後、スランプに陥ったリチャードは、車で旅に出る。行き着いたのは湖畔にあるグランドホテル。リチャードはそこの史料室で、68年前──1912年にホテルで上演された芝居の主演女優エリーズ・マッケナの写真に魅せられる。(監督:ヤノット・シュワルツ 出演:クリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア、クリストファー・プラマー、テレサ・ライト、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★★ ロマンス映画

□『ダイ・ハード』

『ダイ・ハード』"Die Hard" 1988(Blu-ray)
 ニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事は、妻ホリーの住むロサンゼルスへやってきた。ホリーが副社長を務める日系企業ナカトミのクリスマスパーティーに招かれたのだが、突然テロリストを名乗る集団にビルが占拠されてしまう。別室にいたジョンはかろうじて見つからずに逃げるが、警察に連絡しても信用されない。(監督:ジョン・マクティアナン 出演:ブルース・ウィリス、アラン・リックマン、ボニー・ベデリア、アレクサンダー・ゴドノフ、レジナルド・ヴェルジョンソン、ウィリアム・アザートン、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★★

□『ルパン三世 カリオストロの城』

□『ルパン三世 カリオストロの城』1979(Blu-ray)
 アルセーヌ・ルパンの孫であるルパン三世は、モナコ国営カジノから盗み出した紙幣が幻の偽札・ゴート札だと気づく。製造元と言われているカリオストロ公国に乗り込んだルパンと次元は、ウエディングドレスでカーチェイスをする少女に加勢する。彼女は修道院から戻ってきた亡き大公の娘クラリスで、摂政を務めるカリオストロ伯爵との婚礼を間近に控えていた。(監督:宮崎駿 声の出演:山田康雄、小林清志、増山江威子、井上真樹夫、納谷悟朗、島本須美、石田太郎、永井一郎、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★★

▲『たんぽぽ娘』ロバート・F・ヤング

▲『たんぽぽ娘』ロバート・F・ヤング(集英社文庫コバルトシリーズ)
 一人で山小屋での休暇を過ごすことになってしまったマークは、丘の上で若く美しい女性ジュリーと出会う。彼女は240年未来からタイムマシンでやってきたと言う。屈託ない彼女のおしゃべりを聞いているうちに、次第に惹かれてゆくマーク。ずっと妻一筋だったのに、眠る時に浮かぶのはたんぽぽ色の髪を揺らし笑うジュリーの言葉──「おとといは兎を見たわ。きのうは鹿。今日はあなた」("The Danderion Girl" by Robert F. Young, 1961, 1965)
・アンソロジー『海外ロマンチックSF傑作選2 たんぽぽ娘』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 集英社文庫 ★★★★★ アンソロジー

□『ダークナイト ライジング』

『ダークナイト ライジング』"The Dark Knight Rises" 2012(7/28公開)
 ゴッサム・シティーからバットマンが消えて8年。ブルース・ウェインは身も心もボロボロになり、隠遁生活を送っていた。ハーヴィー・デントの名を冠した法により犯罪者は次々と捕らえられていたが、街は奥深くで病み、そこからテロリストのベインが現れる。彼の地下基地にいち早く飛び込んだゴードン本部長は傷つき、ブルースに訴える。「今こそ闇の騎士(ダークナイト)が必要だ」──。(監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、ゲイリー・オールドマン、トム・ハーディー、アン・ハサウェイ、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★★

●『ジェイン・エア』シャーロット・ブロンテ

●『ジェイン・エア』シャーロット・ブロンテ(光文社古典新訳文庫)
 幼くして両親を亡くしたジェインは、引き取られた伯母の家になじめず、養育院に預けられる。そこで教師として勤めたのち、裕福なロチェスター家の家庭教師として働くことになる。("Jane Eyre" by Charlotte Bronte, 1847)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル その他の出版社 ★★★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2019年12月 | 01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫