08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▼『レベッカ』ダフネ・デュ・モーリア

▼『レベッカ』ダフネ・デュ・モーリア(新潮文庫)
 21歳の「わたし」はモンテカルロでイギリスの紳士マキシム・ド・ウィンターと出会う。彼はマンダレイという有名な領地に住んでいる。そこにある屋敷は、子供時代のわたしのあこがれだった。マキシムとわたしは結婚し、マンダレイへ戻ることになるが、そこには彼が一年前に亡くした妻レベッカの痕跡がそこかしこに残っていた。("Rebecca" by Daphne Du Maurier, 1938)
『ジェイン・エア』のネタバレも含まれます。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 新潮文庫 ★★★★☆

▼『逃げるアヒル』ポーラ・ゴズリング

▼『逃げるアヒル』ポーラ・ゴズリング(ハヤカワ・ミステリ文庫)
 サンフランシスコでコピーライターとして働いているクレア・ランデルは、ある日の夕方、駐車場で一人の男を見かける。数日後、クレアは街なかで突然銃撃を受ける。捜査に当たったサンフランシスコ市警警部補マイク・マルチェックは、クレアの見かけた男が、ずっと行方を追っている正体不明の殺し屋エジソンであると気づく。("A Running Duck" by Paula Gosling, 1978)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ハヤカワ文庫 ★★★★★

▼『禁じられた熱情』ローラ・リー

▼『禁じられた熱情』ローラ・リー(マグノリアロマンス)
 6年前、サベラの夫ネイサンは、SEALsの任務中に命を落とした。以来、サベラは彼が残した自動車修理工場を切り盛りしてきた。だが最近、修理工として工場にやってきたノア・ブレイクにネイサンの面影を見る。一方、周辺地域では不穏な殺人事件が多発していた。("Wild Card" by Lora Leigh, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ マグノリアロマンス ★★☆

▼『その愛に守られたい』シャノン・マッケナ

▼『その愛に守られたい』シャノン・マッケナ(二見文庫)
 ソーシャルワーカーのニーナは、ある朝ウクライナ語を話す年老いた女性にいきなり注射を打たれた。ニーナはその女性が誰だか気づくが、意識を失い、病院でも何者かに襲われる。親友夫婦が送り込んでくれた元FBIのアーロと逃げることになるが、彼は彼でどうしても行かなければならないところがあった。("One Wrong Move" by Shannon Mckenna, 2012)
・〈マクラウド兄弟〉シリーズ第9作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★☆ シリーズ

▼『シエナに恋して』リサ・マリー・ライス

▼『シエナに恋して』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
 数学者のフェイスは、親友ルーの兄であるアイスホッケーのスター選手ニックと一夜をともにする。が、翌朝彼からかけられたのは思いがけない言葉だった。傷心のフェイスだったが、突然上司であるケイン教授からイタリアのシエナで行われる学会にアシスタントとして呼ばれることになる。折しもシエナではパーリオと言われる地区同士での競馬の直前で、町はお祭り騒ぎだった。("Murphy's Law" by Lisa Marie Rice, 2014)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★

▼『天国の港』リサ・マリー・ライス

▼『天国の港』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
 ホープは、イタリアのバーリで、怪我をした親友ケイの代わりに英会話学校の校長を務めている。だが最近、借りている家の周りで不審な出来事が起こっていた。ケイの知り合いでイタリア国家憲兵カラビニエリの本部長フランコ・リベラが彼女の護衛に就くが、ホープはかつてのひどい経験から、警察の人間が苦手だった。("Port Of Paradise" by Lisa Marie Rice, 2016)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★☆

▼『心閉ざされて』リンダ・ハワード

▼『心閉ざされて』リンダ・ハワード(二見文庫)
 アラバマきっての名家ダベンポート家は、ロアンナの祖母ルシンダが君臨していた。七歳のロアンナは両親をなくし、ルシンダの暮らすダベン・コートへ引き取られた。そこには同じく親を亡くした従姉妹のジェシー、そして又従兄弟のウェッブ・タラントがいた。優秀なウェッブは祖母から信頼され、ダベンポート家を継ぐべく、10年後ジェシーと結婚する。しかし、ロアンナがある秘密を目撃し、ウェッブとジェシーが激しい口論をした日の夜、ジェシーが無残な死体で発見される。("Shades Of Twilight" by Linda Howard, 1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★★

▼『真夜中の探訪』リサ・マリー・ライス

▼『真夜中の探訪』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
『真夜中の探訪』─ジャッコは恋人ローレンから妊娠を告げられて、激しく動揺してしまう。自分の生い立ちや薬物中毒の母親、そして誰かもわからぬ父親のことを考えると、子供を持つことが怖くなったのだ。ジャッコは自分が何者なのかを探るため、生まれ故郷へ向かう。
『真夜中の影』─目の手術に成功したアレグラは、夫のコワルスキとギリシャのリゾート島に滞在していた。視力は回復していたが、最近不穏な影が視界に現れるようになり、アレグラは不安に苛まれていた。
・〈ミッドナイト〉シリーズスピンオフ

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★★☆ シリーズ

▼『八つ墓村』横溝正史

▼『八つ墓村』横溝正史(角川e文庫)
 母を幼い頃に亡くし、養父家族とも戦争で離れ離れになった寺田辰弥は、ある日、岡山の旧家・田治見家の跡取りだとわかる。ところが彼を迎えに来た母の父が突然倒れ、亡くなってしまう。辰弥は、田治見家の双子の大伯母から依頼を受けた未亡人の森美也子に連れられ、八つ墓村を訪れる。田治見家には病弱な異母兄姉がおり、兄の久弥は床に臥せっていた。その久弥が、辰弥の目の前で祖父と同じように亡くなる。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル1)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ★★★★☆ 角川文庫 シリーズ

▼『真夜中の炎』リサ・マリー・ライス

▼『真夜中の炎』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
 政治系の人気ブログ『エリア8』を運営するジャーナリストのサマーは、親戚である政治家ヘクター・ブレイクの葬儀に出ていた。親しかったわけではない。半年前に起こった“ワシントンDC殺戮事件”の数少ない生き残りだったからだ。彼が生き残ったこと、そしてその死には謎が多く、サマーをそれを解明しようとしているのだ。葬儀が終わり、帰ろうとした彼女は、信じられないものを目にする。“殺戮事件”で死んだと思われていたジャック・デルヴォー──彼は、サマーの初恋の人だった。("Midnight Fire" by Lisa Marie Rice, 2015)
・〈ミッドナイト〉シリーズ第7作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★★ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫