10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▲『龍の騎手』エル・キャサリン・ホワイト

▲『龍の騎手』エル・キャサリン・ホワイト(創元推理文庫)
 古種と呼ばれる人外の生き物と人類が共存するアール王国。メリーボーン荘園は、グリフォンの群れに領地を荒らされ、退治のために龍の騎手たちを雇う。その中の一人、アラステア・デアレッドは優れた騎手であったが、非常に高慢な人物だった。妹をグリフォンに殺された荘園事務官の次女アリザは、反発を覚えながらも敷地の案内役として彼らに同行する。("Heatstone" by Elle Katharine White, 2017)
『高慢と偏見』のネタバレもあります。ご注意ください。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 創元推理文庫 ★★★★ 資料用

▲『明けない夜の危険な抱擁』リサ・マリー・ライス

▲『明けない夜の危険な抱擁』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 生物学者のソフィは、急激に感染が広まった謎のウィルスのワクチンを勤務先の研究所から持ち出していたが、自宅アパートから出られなくなってしまった。外は感染者たちが殺し合いを続けている。このワクチンだけが、この地獄をどうにかできるはずなのに──そんなソフィの元へ、ゴースト・オプスのメンバー、ジョンが救出にやってきた。("Breaking Danger" by Lisa Marie Rice, 2014)
・〈ゴースト・オプス〉シリーズ第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★ シリーズ

▲『漆黒に包まれる恋人』J・R・ウォード

▲『漆黒に包まれる恋人』J・R・ウォード(二見文庫)
 両親に愛されず、だれの期待にも応えられなかったと悩むフュアリーは、その自己嫌悪から逃れるために薬物に溺れ、あげく〈兄弟団〉から外される羽目に。〈プライメール〉としての役割も果たせず、そのことで精神的に追い詰められていく。〈巫女〉であるコーミアは彼に手を差し伸べようとするが……。いっぽう敵対する殲滅者“レッサー”との戦闘では、悪の超越的存在である〈オメガ〉、その息子が現れ、危機が迫る──。
・〈黒き剣兄弟団(ブラック・ダガー・ブラザーフッド)〉シリーズ第6作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

▲『夢見る夜の危険な香り』リサ・マリー・ライス

▲『夢見る夜の危険な香り』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 認知症の父を亡くしたエルは、葬儀の日に5年前から行方がわからなくなっていたニックと再会する。しかし、彼と過ごせた時間はわずかだった。失望したエルは姿を消し、ニックは彼女を失ったことを嘆く。それから10年がたち、ニックはゴースト・オプスの一員として隠れて過ごす日々を送っていたが──。("I Dream Of Danger" by Lisa Marie Rice, 2013)
・〈ゴースト・オプス〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

▲『時をかける少女』筒井康隆

▲『時をかける少女』筒井康隆(角川e文庫)
 中学三年生の芳山和子は、ある放課後、同級生の深町一夫、浅倉吾朗と理科室の掃除をしていた。一人で掃除道具をしまおうとしていた和子は、理科実験室で謎の人影を目撃する。そして漂う甘い香り──和子は意識を失い、その時から不思議な能力が備わってしまう。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 角川文庫 ★★★★

▲『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』ゲイル・キャリガー

▲『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』ゲイル・キャリガー(ハヤカワ文庫FT)
 異界族と共存しているヴィクトリア朝英国。おてんばが過ぎた14歳のソフロニアは、花嫁学校(フィニシング・スクール)に入れられてしまう。だがそこは、情報収集や格闘の方法、ナイフや毒薬の使い方、異界族との接し方などを学ぶ、空飛ぶスパイ養成所だった。("Etiquette And Espionage Finishing School Book The First" by Gail Carriger, 2013)
・〈英国空中学園譚〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル ハヤカワ文庫 ★★★★ シリーズ

▲『プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する』ゲイル・キャリガー

▲『プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する』ゲイル・キャリガー(ハヤカワ文庫FT)
 異界族と共存する19世紀の英国。人狼のアルファを父に、〈魂なき者(ソウルレス)〉を母に持つレディ・プルーデンスは、養父の吸血鬼アケルダマ卿からインドの紅茶についての調査を依頼される。親友プリムローズ、その双子の弟パーシー、発明家の息子ケネルを連れ、アケルダマ卿からのプレゼントである飛行船〈斑点カスタード〉号に乗って出発したプルーデンスだったが──。("Prudence" by Gail Carriger, 2015)
・〈続・英国パラソル奇譚〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル ハヤカワ文庫 ★★★☆ シリーズ

▲『時の旅人クレア』ダイアナ・ガバルドン

▲『時の旅人クレア』ダイアナ・ガバルドン(ヴィレッジブックス)
 1945年、第二次大戦後。看護師のクレアは、夫のフランクとともにスコットランドで休暇を過ごしていた。彼の先祖は、この土地に縁のあった人間らしい。クレアは丘の上にそびえ立つ立石(スタンディング・ストーン)──クレイグ・ナ・デューンに目を奪われる。ある夜、そこで見た花を取りに行ったクレアは、奇妙な音を聞いた。石が叫んだのだ。気がつくと、見知らぬ者たちが争っている野に倒れこみ、フランクそっくりの男にさらわれそうになった。("Outlander" by Diana Gabaldon, 1991)
・〈アウトランダー〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル ヴィレッジブックス ★★★★ シリーズ

▲『名誉のかけら』ロイス・マクマスター・ビジョルド

▲『名誉のかけら』ロイス・マクマスター・ビジョルド(創元SF文庫)
 ベータ星の女性艦長コーデリアは新発見の星を上陸探査中、見知らぬ敵に襲われる。彼女を捕えた男は、ヴォルコシガンと名乗った。こんな宙域にいるはずのない辺境の星バラヤー軍の艦長だ。だが彼は、なんと部下の反乱にあって一人とり残されたのだという。("Shards Of Honor" by Lois McMaster Bujold, 1986)
・〈ヴォルコシガン・サガ〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 創元推理文庫 ★★★★ シリーズ 資料用

▲『危険な夜の果てに』リサ・マリー・ライス

▲『危険な夜の果てに』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 製薬の研究所に勤めるキャサリンは、認知症薬の開発に携わっている。ある患者への投与実験の際、彼から“マック”という男性を探してほしい、と頼まれる。正確には頼まれたわけでもないのに、キャサリンは“マック”を探して険しい山に迷い込み、遭難する。車も動かず、このまま凍え死ぬのか、とあきらめかけた時、見知らぬ男に助けられるが──。("Heart Of Danger" by Lisa Marie Rice, 2012)
・〈ゴースト・オプス〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2019年10月 | 11月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫