05
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

□『アベンジャーズ/エンドゲーム』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』"Avengers: Endgame" 2019(4/26公開)
 インフィニティ・ストーンを手に入れたサノスに屈したヒーローたちは、反撃の機会をうかがっていた。ある惑星にいることをやっと突き止めた彼らが急ぎ向かうと、サノスはそこで一人静かに暮らしていた。(監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ポール・ラッド、ブリー・ラーソン、ブラッドリー・クーパー(声)、カレン・ギラン、ジョシュ・ブローリン、他)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレも含まれます。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

▼『レベッカ』ダフネ・デュ・モーリア

▼『レベッカ』ダフネ・デュ・モーリア(新潮文庫)
 21歳の「わたし」はモンテカルロでイギリスの紳士マキシム・ド・ウィンターと出会う。彼はマンダレイという有名な領地に住んでいる。そこにある屋敷は、子供時代のわたしのあこがれだった。マキシムとわたしは結婚し、マンダレイへ戻ることになるが、そこには彼が一年前に亡くした妻レベッカの痕跡がそこかしこに残っていた。("Rebecca" by Daphne Du Maurier, 1938)
『ジェイン・エア』のネタバレも含まれます。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 新潮文庫 ★★★★☆

□『スパイダーマン:スパイダーバース』

『スパイダーマン:スパイダーバース』"Spider-Man: Into the Spider-Verse" 2018(3/8公開)
 ニューヨークに住むマイルスは13歳。優秀な学校に転校したはいいが、まだなじめない。悩みを聞いてくれる大好きな叔父アーロンと地下鉄の廃墟で落書きをしていると、クモに噛まれ、スパイダーマンとよく似たスーパーパワーを手に入れる。その後マイルスは、ウィルソン・フィスクという男が、異次元の扉を開く加速器の実験を行っている現場に居合わせる。実験を止めようとしたスパイダーマンは、マイルスに加速器を無力化するメモリースティックを託すが──。(監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン 声の出演:シャメイク・ムーア、ヘイリー・スタインフェルド、マハーシャラ・アリ、ジェイク・ジョンソン、リーヴ・シュレイバー、リリー・トムリン、ニコラス・ケイジ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

▽『犬神家の一族』横溝正史

▽『犬神家の一族』横溝正史(角川e文庫)
 昭和二×年、信州・那須市。東京から来た探偵・金田一耕助は、現地に着くなり野々宮珠世の危機を救う。彼は、製糸会社を経営する犬神家の当主・犬神佐兵衛の遺言状の開示によって起こるであろう骨肉の争いのため、犬神家の顧問弁護士事務所から呼ばれていた。妻を持たなかった佐兵衛は別々の愛人に産ませた三人の娘がおり、それぞれに息子があった。だが、莫大な遺産は、佐兵衛の恩人の孫・珠世に譲られると記され、孫息子たちは彼女と結婚しない限り相続できない。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル5)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★☆ シリーズ

□『ヴェノム』

『ヴェノム』"Venom" 2018(11/2公開)
 最先端企業であるライフ財団の違法な実験を暴こうとしたジャーナリストのエディは、無茶な取材で仕事も婚約者も失う。半年後、宇宙から採取した生命体の実験をくり返していたライフ財団の科学者ドーラは、エディに接触し内部告発を行おうとする。研究所に入り込んだエディは、そこで謎の宇宙生物シンビオートに寄生され、“ヴェノム”という超人に変貌する。(監督:ルーベン・フライシャー 出演:トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド、スコット・ヘイズ、ジェニー・スレイト、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

□『カメラを止めるな!』

『カメラを止めるな!』2017(6/23公開)
 とある廃墟で行われているゾンビ映画の撮影。監督は本物を求め、俳優たちは戸惑うばかりだが、ある出来事から現場はパニックに陥り、俳優もスタッフも逃げ惑うことになる。(監督:上田慎一郎 出演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、秋山みずき、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

□『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』"Avengers: Infinity War" 2018(4/27公開)
 アスガルドの民を宇宙船に乗せ地球へ向かっていたソーは、サノスの攻撃を受ける。サノスの望みは、六つのインフィニティストーンをすべて手に入れ、全生命の半分を消し宇宙の均衡を保つこと。アスガルドにあった四次元キューブには、スペース・ストーンが収められていた。ソーたちはサノスのすきをつき、ハルクを地球に送り返す。地球に戻ったハルク/ブルース・バナーは、「サノスが来る」ととドクター・ストレンジに告げるが──。(監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、スカーレット・ヨハンソン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ホランド、クリス・プラット、チャドウィック・ボーズマン、ジョシュ・ブローリン、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

□『リメンバー・ミー』

『リメンバー・ミー』"Coco" 2017(3/16公開)
 12歳のミゲルは、ミュージシャンになることを夢見ていた。だが、彼の家では音楽は禁止されている。年に一度の“死者の日”の音楽コンテストに出ることも止められ、ミゲルは地元出身の大歌手デラクルスのギターを借りるため、霊廟に忍び込む。そのギターを奏でた瞬間、ミゲルは自身の異変に気づく。墓地を訪れている死者たちが見えるのだ。その中には、自分の先祖たちもいた。(監督:リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ 声の出演:アンソニー・ゴンザレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、アラナ・ユーバック、ベンジャミン・ブラット、他)
・同時上映『アナと雪の女王 家族の思い出』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

■『シェイプ・オブ・ウォーター』

『シェイプ・オブ・ウォーター』"The Shape Of Water" 2017(3/1公開)
 1962年アメリカ、ボルチモア。口のきけないイライザは、政府の極秘研究所で清掃員として働いていた。ある日彼女は、運び込まれた謎の水生生物を偶然目撃する。“彼”に惹かれたイライザは、人目を盗んで会いに行き、次第に心を通わせていく。そして、政府が“彼”をどうするか知った時、イライザはある計画を思いつく。(監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサー、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆ ロマンス映画

▽『刑事マルティン・ベック 笑う警官』マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー

▽『刑事マルティン・ベック 笑う警官』マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー(角川文庫)
 1967年11月、ストックホルム市の路線バスで、乗客8人が銃殺された。その中の一人は、殺人捜査課の刑事だった。マルティン・ベックは、同僚の死にショックを受ける。彼はなぜそのバスに乗っていたのか、そして、唯一の生存者が口にした謎の言葉はなんなのか──。("Den Skrattande Polisen" by Maj Sjowall & Per Wahloo, 1968)
・〈刑事マルティン・ベック〉シリーズ第4作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★☆ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2019年05月 | 06月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ ★★★☆ ロマンス映画 ★★★★☆ サスペンス/ミステリ 新潮文庫 ★★★ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー シリーズ 資料用 ★★☆ 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス ヒストリカル フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス 扶桑社ロマンス ★★ MIRA文庫 ライムブックス ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫