08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▼『その愛に守られたい』シャノン・マッケナ

▼『その愛に守られたい』シャノン・マッケナ(二見文庫)
 ソーシャルワーカーのニーナは、ある朝ウクライナ語を話す年老いた女性にいきなり注射を打たれた。ニーナはその女性が誰だか気づくが、意識を失い、病院でも何者かに襲われる。親友夫婦が送り込んでくれた元FBIのアーロと逃げることになるが、彼は彼でどうしても行かなければならないところがあった。("One Wrong Move" by Shannon Mckenna, 2012)
・〈マクラウド兄弟〉シリーズ第9作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★☆ シリーズ

◆『石の都に眠れ』リンダ・ハワード

◆『石の都に眠れ』リンダ・ハワード(二見文庫)
 亡き父のあとを継いで考古学者になったジリアンは、父が残した文献からアマゾン奥地に未知の部族の都市──石の都があることを発見する。それを立証するため、アマゾン川を上る。同行するのは兄のリック、資金を調達したケイツ、そしてガイドを務めるベン。石の都には秘宝があるという。リックたちはそれを狙っているらしいが──。("Heart Of Fire" by Linda Howard, 1993)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー 二見文庫 ★★★★

▲『明けない夜の危険な抱擁』リサ・マリー・ライス

▲『明けない夜の危険な抱擁』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 生物学者のソフィは、急激に感染が広まった謎のウィルスのワクチンを勤務先の研究所から持ち出していたが、自宅アパートから出られなくなってしまった。外は感染者たちが殺し合いを続けている。このワクチンだけが、この地獄をどうにかできるはずなのに──そんなソフィの元へ、ゴースト・オプスのメンバー、ジョンが救出にやってきた。("Breaking Danger" by Lisa Marie Rice, 2014)
・〈ゴースト・オプス〉シリーズ第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★ シリーズ

▼『心閉ざされて』リンダ・ハワード

▼『心閉ざされて』リンダ・ハワード(二見文庫)
 アラバマきっての名家ダベンポート家は、ロアンナの祖母ルシンダが君臨していた。七歳のロアンナは両親をなくし、ルシンダの暮らすダベン・コートへ引き取られた。そこには同じく親を亡くした従姉妹のジェシー、そして又従兄弟のウェッブ・タラントがいた。優秀なウェッブは祖母から信頼され、ダベンポート家を継ぐべく、10年後ジェシーと結婚する。しかし、ロアンナがある秘密を目撃し、ウェッブとジェシーが激しい口論をした日の夜、ジェシーが無残な死体で発見される。("Shades Of Twilight" by Linda Howard, 1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★★

▲『漆黒に包まれる恋人』J・R・ウォード

▲『漆黒に包まれる恋人』J・R・ウォード(二見文庫)
 両親に愛されず、だれの期待にも応えられなかったと悩むフュアリーは、その自己嫌悪から逃れるために薬物に溺れ、あげく〈兄弟団〉から外される羽目に。〈プライメール〉としての役割も果たせず、そのことで精神的に追い詰められていく。〈巫女〉であるコーミアは彼に手を差し伸べようとするが……。いっぽう敵対する殲滅者“レッサー”との戦闘では、悪の超越的存在である〈オメガ〉、その息子が現れ、危機が迫る──。
・〈黒き剣兄弟団(ブラック・ダガー・ブラザーフッド)〉シリーズ第6作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

●『一夜だけの永遠』ジェニファー・アシュリー

●『一夜だけの永遠』ジェニファー・アシュリー(二見文庫)
 スクラトン伯爵家の長女イザベラとキルモーガン公爵家の三男マックは、会ったその日に駆け落ちをした。だがその結婚生活は、次第にケンカが増え、傷つけ合うようになり、ついにイザベラは別居を決意する。それから三年半──マックの屋敷にイザベラが訪ねてきた。「あなたの名を騙って絵を売っている男がいる」と言いに来たのだ。("Lady Isabella's Scandalous Marriage" by Jennifer Ashley, 2010)
・〈マッケンジー兄弟四部作〉第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

▲『夢見る夜の危険な香り』リサ・マリー・ライス

▲『夢見る夜の危険な香り』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 認知症の父を亡くしたエルは、葬儀の日に5年前から行方がわからなくなっていたニックと再会する。しかし、彼と過ごせた時間はわずかだった。失望したエルは姿を消し、ニックは彼女を失ったことを嘆く。それから10年がたち、ニックはゴースト・オプスの一員として隠れて過ごす日々を送っていたが──。("I Dream Of Danger" by Lisa Marie Rice, 2013)
・〈ゴースト・オプス〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

●『プライドと情熱と』エリザベス・ソーントン

●『プライドと情熱と』エリザベス・ソーントン(二見文庫)
 1815年、英国。美しい貴族令嬢ディアドレは、五年前に求婚を断ったラスボーン伯爵ガレスと再会する。彼は再びディアドレに近づくが、彼女は放埒な弟アーマンドの世話を焼くことに忙しい。ガレスは、アーマンドを利用して、彼女を手に入れようと目論むが──。("To Love An Earl" by Elizabeth Thornton, 1988)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★☆

▼『愛の炎が消せなくて』カレン・ローズ

▼『愛の炎が消せなくて』カレン・ローズ(二見文庫)
 湿地帯に建設中のコンドミニアムが放火され、身元不明の少女が焼死し、警備員が射殺された。現場に駆けつけたミネアポリス警察殺人課刑事オリヴィアは、コンドミニアム内で重要な証拠を発見した消防士が、二年半前一夜をともにしたデイヴィッドだと知る。一方、犯人たちは謎の人物から脅迫され、次の放火を指示どおりに行うはめに陥る。("Silent Scream" by Karen Rose, 2010)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★★

▼『朝まではこのままで』シャノン・マッケナ

▼『朝まではこのままで』シャノン・マッケナ(二見文庫)
 精神的に壊れた父を施設に入れ、必死に働くリリー。だがある日、父は自殺してしまう。死ぬ前に言い残した言葉の謎を解明するため、リリーはブルーノという男に近づく。父は、彼の母親の名前を言い残したのだ。ブルーノは彼女に惹かれ、一夜をともにするが、家を出た二人を何者かが襲う。("Blood And Fire" by Shannon McKenna, 2011)
・〈マクラウド兄弟〉シリーズ第8作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    シリーズ ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ コンテンポラリー ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ ★★★ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫