08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『かりそめのパートナー』ジャクリーン・バード

◆『かりそめのパートナー』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 アンバーは5年前、恋人ルーカスに捨てられた。ギリシアの大企業の社長である彼が、父親の意向に叶う同国人の娘と結婚するために。アンバーは追いすがるが、ルーカスは彼女のことを「妻より愛人向き」と言い放つ。その彼が、今目の前にいる。父と妻子を失ったと言って、アンバーを訪ねてきたのだ。("Marrige At His Convenience" by Jacqueline Baird, 2001)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『復讐のためのハネムーン』ジャクリーン・バード

◆『復讐のためのハネムーン』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 セリーナは、祖父の葬式で六年前に離婚したリオンと再会する。離婚の原因はある誤解なのだが、彼は彼女の言葉に耳を貸そうとしなかった。葬式のあと、リオンが祖父の残した遺産を有益に使うため、ある取引を申し出る。自分と一緒に二週間、クルーザーで過ごせと──昔できなかったハネムーンの代わりだと思えばいい、と言うが……。("Return Of The Moralis Wife" by Jacqueline Baird, 2012)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『気高き愛人』ジャクリーン・バード

◆『気高き愛人』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 博物館で研究員をしているサリーの最大の悩みは、病気の母のこと。余命いくばくもない母のため、不実な父親を今日こそ見舞いに連れていかなければ。そう決心して父の会社へおもむくと、そこを買収したばかりの実業家ザックに出会う。彼はサリーを誘惑しようとするが、他のことにかまっていられない彼女はすげなく突っぱねる。("Untamed Italian, Blackmailed Innocent" by Jacqueline Baird, 2010)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『秘密めいた再会』ジャクリーン・バード

◆『秘密めいた再会』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 大学生だった頃、フィービーはギリシアの大富豪ジェド・サビデスとつきあっていた。初めての恋に夢中だった彼女は、彼が妊娠を喜んでくれると思っていたが、彼から返ってきたのは「子供は僕の予定表にはない」という非情な言葉。フィービーは流産し、彼の元を去った。それから5年──二人はあるパーティーで再会する。彼女にはジェドに絶対知られたくない秘密があった。("The Sabbides Secret Baby" by Jacqueline Baird, 2010)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『天使と悪魔の結婚』ジャクリーン・バード

◆『天使と悪魔の結婚』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 一族が主催する慈善仮装パーティで真っ赤な悪魔の扮装をしたエミリーは、黒衣の天使に扮した実業家アントンと出会い、あっという間に恋に落ち、結婚した。だが新婚旅行中のささいな口論から、アントンは結婚の真意をエミリーにぶちまけてしまう。彼はある復讐のため、彼女に近づいたのだ。("The Billionaire's Blackmailed Bride" by Jacqueline Baird, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『ナポリの悪夢』ジャクリーン・バード

◆『ナポリの悪夢』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 親友夫妻が所有する客船のツアーにシェフとして同行したサラは、途中で招かれた客の中に10年前に別れた夫グイードを見つける。自分の言うことを一つも信じてくれなかったみじめな結婚生活のことを思い出すサラだったが、彼は昔と変わらず強引に彼女に迫る。("The Italian Billionaire's Ruthless Revenge" by Jacqueline Baird, 2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『すみれ色の妖精』ジャクリーン・バード

◆『すみれ色の妖精』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 イラストレーターのヘレンは、事情があって一緒に住めない親友デリアの息子ニコラスの面倒を見ていた。だがここ数週間、彼女からの連絡がない。そこへ、デリアの兄レオンがやってきた。彼にデリアの死を告げられ、ヘレンをショックを受ける。ニコラスと離れることなど考えられない彼女は、レオンが持ち出した便宜結婚を受け入れてしまう。("Aristides' Convenient Wife" by Jacqueline Baird,2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『愛しすぎた結末』ジャクリーン・バード

◆『愛しすぎた結末』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 ペニーは、自分の23歳の誕生日に恋人のラウルから婚約指輪をもらえるのではないか、と期待していたが、彼は高価なブレスレットを手渡し、仕事のために外出してしまう。世界中を飛び回る彼についていくだけの生活に疑問を持ったペニーは、思い切って自分からプロポーズをする。だが、彼はそれを冷たく拒絶した。("Raul's Revenge" by Jacqueline Baird,1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫