12
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『プレイボーイに魅せられて』スーザン・マレリー

◆『プレイボーイに魅せられて』スーザン・マレリー(ハーレクイン)
 看護師のロリィは、骨折した老婦人グロリアの在宅看護のため、彼女の孫リードに雇われた。元スター野球選手だった彼は、ロリィをときめかせるが、派手な女性関係で有名な彼には、自分など目に入らないだろう、と考える。だがその後、リードがゴシップ紙から逃げるためにグロリアの家に同居したことで、頑固な祖母の心を和らげたロリィの正直で温かな人間性に惹かれていく。("Sizzling" by Susan Mallery, 2006)
・〈ブキャナンきょうだい〉4部作第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★ シリーズ

●『魅惑の花嫁』スーザン・マレリー

●『魅惑の花嫁』スーザン・マレリー(ハーレクイン)
 1875年、コロラド州。元教師のエミリーは、酒場の経営者ルーカスから思いがけない取引を持ちかけられた。彼は伯父からの遺産相続の条件として、結婚をしなければならない。エミリーは酒場の二階にホテルを開きたいと思っているので、そのかわりに便宜上の結婚をしないか、と──。("Lucas's Convenient Bride" by Susan Mallery, 2001)
・アンソロジー『ウエディング・ストーリー2007 愛は永遠に』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ アンソロジー

◆『ベスと億万長者』スーザン・マレリー

◆『ベスと億万長者』スーザン・マレリー(ハーレクイン)
 夫を亡くして1年半のベスは、親友夫婦からの思いがけないプレゼントに驚く。彼らがチャリティオークションで落とした億万長者トッド・グラハムとのデートに、私が行くの? 私と彼では全然接点がない。二人の子持ちだし、彼がいつも連れているような女の子たちより20歳も上なのに……。("Beth And The Bachelor" by Susan Mallery,1999)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『プリンセスの初恋』スーザン・マレリー

◆『プリンセスの初恋』スーザン・マレリー(ハーレクイン)
 29年前、アメリカで行方不明になった兄ジェームズ王子が生存しているかもしれない、という手紙を受け取ったウィンボロー王国の第一王女アレクサンドラは、手がかりを求めてアリゾナへ赴く。王子である可能性のある幼児3人のうち、1人がひきとられた牧場だ。だが、当人は不在。義兄であるミッチは「彼はいつ帰ってくるかわからない」と言う。("A Royal Baby On The Way" by Susan Mallery,1999)
・〈世紀のウエディング〉シリーズ第1作(作家競作)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2019年12月 | 01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫