08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

●『黒い悦びに包まれて』アナ・キャンベル

●『黒い悦びに包まれて』アナ・キャンベル(二見文庫)
 英国一の放蕩者と言われているラネロー侯爵ニコラスは、姉を身ごもらせて捨てた男に復讐しようとしていた。愛娘カッサンドラをかつての父親のように誘惑し、社交界での評判を失墜させよう──ところが、娘には強力な付添い役アントニアがついていた。ラネローはドラゴンのようにカッサンドラを守るアントニアに惹かれるが、彼女が一介の付添い役をするのには、ある理由があった。("Midnight's Wild Passion" by Anna Campbell, 2011)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆

●『誘惑は愛のために』アナ・キャンベル

●『誘惑は愛のために』アナ・キャンベル(二見文庫)
 自分の意志でパトロンを選び、関係を切るのも自分から──そんなことを許される高級娼婦オリヴィア。ロンドン中の男が手に入れたがっている美女の新しいパトロンは、外国で何人もの愛人と浮名を流してきた外交官のエリス伯爵ジュリアンだった。ひと目でオリヴィアに惹かれた彼は、次第に彼女の心の壁を崩し、本当の姿を知りたいと思うようになる。("Tempt The Devil" by Anna Campbell, 2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★☆

●『その心にふれたくて』アナ・キャンベル

●『その心にふれたくて』アナ・キャンベル(二見文庫)
 強欲な継兄たちから監禁・暴力を受け続けていた伯爵令嬢カリスは、屋敷から脱走し、宿屋の厩に姿を隠していた。それを見つけたのは“国家の英雄”といわれるギデオン・トレヴィシック。三週間後に迫った誕生日まで逃げ切れれば、継兄たちが狙う財産はカリス一人のものになる。助けようとするギデオンを信用しきれないカリス。だが、彼もまた秘密を抱えていた。("Captive Of Sin" by Anna Campbell, 2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★

●『囚われの愛ゆえに』アナ・キャンベル

●『囚われの愛ゆえに』アナ・キャンベル(二見文庫)
 1822年、ブリストル。夫に先立たれたばかりのグレースは、迎えに来ないいとこを探そうと男二人に道を尋ねたが、そのまま拉致されてしまう。いったいなぜ? どういうこと? 戸惑う彼女の前に現れたのはシーン侯爵マシュー。彼は叔父のジョン卿によって14歳から11年間、屋敷に閉じ込められていると言う。そしてグレースは彼の相手をするため、娼婦と勘違いされて連れてこられたのだ。("Untouched" by Anna Campbell, 2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★☆

●『罪深き愛のゆくえ』アナ・キャンベル

●『罪深き愛のゆくえ』アナ・キャンベル(二見文庫)
 1828年、ロンドン。魔性の女と言われる高級娼婦ソレイヤは、カイルモア公爵との愛人契約が切れた日に忽然と姿を消した。三ヶ月後、彼女は本名のヴェリティ・アシュトンとして田舎でひっそりと暮らし始める。だが、カイルモア公爵は彼女の居場所をつきとめ、荒涼としたハイランドの館へと連れ去る。("Claiming The Courtesan" by Anna Campbell,2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫