08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▼『レベッカ』ダフネ・デュ・モーリア

▼『レベッカ』ダフネ・デュ・モーリア(新潮文庫)
 21歳の「わたし」はモンテカルロでイギリスの紳士マキシム・ド・ウィンターと出会う。彼はマンダレイという有名な領地に住んでいる。そこにある屋敷は、子供時代のわたしのあこがれだった。マキシムとわたしは結婚し、マンダレイへ戻ることになるが、そこには彼が一年前に亡くした妻レベッカの痕跡がそこかしこに残っていた。("Rebecca" by Daphne Du Maurier, 1938)
『ジェイン・エア』のネタバレも含まれます。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 新潮文庫 ★★★★☆

△『あなたの人生の物語』テッド・チャン

△『あなたの人生の物語』テッド・チャン(ハヤカワ文庫SF)
 全世界規模で突如として宇宙船が飛来する。言語学者のルイーズは、エイリアンである“ヘプタポッド”の言語を解読しようと試みるが──。(表題作)
 ヒラルムは空に向かってはるかに伸びていくバビロンの塔へやってくる。彼らはそのてっぺんで、空の丸天井に穴を掘るため呼び寄せられたのだ。(「バビロンの塔」)他6篇
("Stories Of Your Life And Others" by Ted Chiang, 2002)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★

▲『時をかける少女』筒井康隆

▲『時をかける少女』筒井康隆(角川e文庫)
 中学三年生の芳山和子は、ある放課後、同級生の深町一夫、浅倉吾朗と理科室の掃除をしていた。一人で掃除道具をしまおうとしていた和子は、理科実験室で謎の人影を目撃する。そして漂う甘い香り──和子は意識を失い、その時から不思議な能力が備わってしまう。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 角川文庫 ★★★★

▲『時の旅人クレア』ダイアナ・ガバルドン

▲『時の旅人クレア』ダイアナ・ガバルドン(ヴィレッジブックス)
 1945年、第二次大戦後。看護師のクレアは、夫のフランクとともにスコットランドで休暇を過ごしていた。彼の先祖は、この土地に縁のあった人間らしい。クレアは丘の上にそびえ立つ立石(スタンディング・ストーン)──クレイグ・ナ・デューンに目を奪われる。ある夜、そこで見た花を取りに行ったクレアは、奇妙な音を聞いた。石が叫んだのだ。気がつくと、見知らぬ者たちが争っている野に倒れこみ、フランクそっくりの男にさらわれそうになった。("Outlander" by Diana Gabaldon, 1991)
・〈アウトランダー〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル ヴィレッジブックス ★★★★ シリーズ

▽『影なき男』ダシール・ハメット

▽『影なき男』ダシール・ハメット(グーテンベルク21)
 元探偵ニック・チャールズは、妻のノラとクリスマスシーズンを過ごすため、ニューヨークへやってきた。そこへ昔の依頼人ワイナントの娘ドロシーがやってきて「両親が離婚してから父親に会っていないので、探してほしい」と言う。ニックはすでに探偵ではないので依頼を断り、ワイナントの弁護士を紹介する。だが弁護士も、元妻も、ワイナントの行方を知らない。その後、彼の秘書が死体となって発見される。("The Thin Man" by Dashiell Hammett, 1934)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 その他の出版社 ★★★

▽『ホット・ロック』ドナルド・E・ウェストレイク

▽『ホット・ロック』ドナルド・E・ウェストレイク(角川文庫)
 出所したばかりの泥棒ジョン・ドートマンダーの元へ、昔の仲間ケルプがうまい話を持って現れる。アフリカの小国の所有する“バラボモ・エメラルド”を展示会から盗み出すというもの。一見簡単そうに見えた計画だったが、なぜか失敗ばかり続く。そのたびにドートマンダーは奇抜な手を繰り出すが──。("The Hot Rock" by Donald E. Westlake, 1970)
・〈ドートマンダー〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★

◆『シンデレラに恋の歌を』トリシャ・アレクサンダー

◆『シンデレラに恋の歌を』トリシャ・アレクサンダー(ハーレクイン)
 夫と死別したヴィクトリアは、音楽教師とパートタイムの記者をしながら13歳の娘を育てていた。親友主催の仮装パーティで知り合った男性に久しぶりのときめきを覚えるが、彼が歌手のダスティ・ミッチェルと知ってショックを受ける。書いたばかりの批評記事で、彼のアルバムをけなしてしまったのだ。("Cinderella Girl" by Trisha Alexander, 1990)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

●『伯爵と愛人』トルーダ・テイラー

●『伯爵と愛人』トルーダ・テイラー(ハーレクイン文庫)
 1789年、パリ。農夫の娘マドレーヌは、子供の頃モビリエ侯爵に引き取られ、親子同然に暮らしてきたが、彼は革命後に亡くなってしまった。以前に「愛人にならないか」という誘いをした侯爵の友人レニエ伯爵リュシアンが、彼女を伯母の農場に送っていくことに。傲慢でいかにも貴族然とした彼のことを、マドレーヌはあまりよく思っていなかったが──。("The Comte And The Courtesan" by Truda Taylor, 1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『その結婚、待って!』トレイシー・シンクレア

◆『その結婚、待って!』トレイシー・シンクレア(ハーレクイン)
 母から妹ミンディの結婚話を聞かされたチェルシーは、すぐスペインへ飛んだ。妹はまだ19歳だ。しかも式は2週間後──なぜそんなに急いで結婚するのだろう? それに、婚約者のロベルトと妹は何だかよそよそしい。二人とも何か隠しているようだが、頑として口を割らない。("If The Truth Be Told" by Tracy Sinclair,1992)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★☆

◆『猫が好き、彼が好き』ダイアナ・ホイットニー

◆『猫が好き、彼が好き』ダイアナ・ホイットニー(ハーレクイン)
 巨大コングロマリットの社長として多忙な日々を送るコルビーの悩みの種は、地元のフードバンクで働き、出会った不運な人たちを部屋に泊めてしまう隣人ダニエラだ。今日も隣から子供の大声が聞こえてくる。ここは独身者用のアパートなのに──。しかしある夜、突然現れた姉が、まだ赤ちゃんの姪を置いて消えてしまう。呆然としているコルビーを助けたのは、ダニエラだった。("Baby On His Doorstep" by Diana Whitney,1998)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫