12
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▽『悪魔の手毬唄』横溝正史

▽『悪魔の手毬唄』横溝正史(角川e文庫)
 昭和30年、夏。兵庫との県境にある岡山県鬼首(おにこべ)村へ静養に訪れた金田一耕助は、県警の磯川警部から23年前に村で起こったある殺人事件のことを聞かされていた。宿泊している亀の湯で、金田一は世捨て人のような生活をしている庄屋の多々羅放庵と出会う。彼の別れた妻おりんへの手紙を代筆して数日後、金田一は仙人峠で老婆とすれ違う。「おりんでござりやす。お庄屋さんのところへもどってまいりました──」
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル12)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★ シリーズ

▽『犬神家の一族』横溝正史

▽『犬神家の一族』横溝正史(角川e文庫)
 昭和二×年、信州・那須市。東京から来た探偵・金田一耕助は、現地に着くなり野々宮珠世の危機を救う。彼は、製糸会社を経営する犬神家の当主・犬神佐兵衛の遺言状の開示によって起こるであろう骨肉の争いのため、犬神家の顧問弁護士事務所から呼ばれていた。妻を持たなかった佐兵衛は別々の愛人に産ませた三人の娘がおり、それぞれに息子があった。だが、莫大な遺産は、佐兵衛の恩人の孫・珠世に譲られると記され、孫息子たちは彼女と結婚しない限り相続できない。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル5)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★☆ シリーズ

▽『殺人鬼』横溝正史

▽『殺人鬼』横溝正史(角川e文庫)
 探偵作家の八代竜介は、ある夜、駅前で美しい女から家に送ってほしいと頼まれる。彼女は誰かにつけられているらしい。黒い帽子、黒い外套、ステッキを持ち義足らしく歩くたびにコトコトと音をたてる男に。(表題作)
・〈金田一耕助〉シリーズ

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★ シリーズ 資料用

▼『八つ墓村』横溝正史

▼『八つ墓村』横溝正史(角川e文庫)
 母を幼い頃に亡くし、養父家族とも戦争で離れ離れになった寺田辰弥は、ある日、岡山の旧家・田治見家の跡取りだとわかる。ところが彼を迎えに来た母の父が突然倒れ、亡くなってしまう。辰弥は、田治見家の双子の大伯母から依頼を受けた未亡人の森美也子に連れられ、八つ墓村を訪れる。田治見家には病弱な異母兄姉がおり、兄の久弥は床に臥せっていた。その久弥が、辰弥の目の前で祖父と同じように亡くなる。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル1)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ★★★★☆ 角川文庫 シリーズ

▽『夜歩く』横溝正史

▽『夜歩く』横溝正史(角川e文庫)
 私・探偵小説家の屋代寅太は、友人の仙石直記から従妹の古神八千代についての相談を受ける。去年の秋、銀座のキャバレーで傴僂の画家・蜂屋小市を撃ったのは、八千代であるというのだ。しかも、その蜂屋が八千代の家に入り込んでいるという。直記に請われて古神家を訪れた私は、直記の父・仙石鉄之進が日本刀で蜂屋を追い回しているところに出くわす。鉄之進は酒乱なのだ。直記は万一のことを考えて日本刀を金庫に隠すが、次の日、首の切られた死体が発見される。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル7)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★☆ シリーズ

▽『悪魔が来りて笛を吹く』横溝正史

▽『悪魔が来りて笛を吹く』横溝正史(角川e文庫)
 昭和22年、3月5日。椿子爵の失踪が報じられ、4月に自殺体となって発見された。それから5ヶ月後の9月、子爵の娘・美禰子が金田一耕助を訪ねる。「これ以上の屈辱、不名誉に耐えていくことは出来ない」という父の遺書を持って。彼女は言う。「父がある大事件の犯人だと、家の誰かが密告した」と──。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル4)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★ シリーズ

▽『本陣殺人事件』横溝正史

▽『本陣殺人事件』横溝正史(角川e文庫)
 昭和12年11月25日。岡山県の旧本陣の末裔、一柳家では、長男・賢蔵の婚礼が執り行われていた。深夜にお開きになったのちの明け方、新婚夫婦が眠る離れ家から悲鳴と琴をかき鳴らす音が聞こえる。駆けつけた人々が見たのは、血まみれになって死に絶えていた賢蔵と花嫁の姿だった。離れ家は雪に降り籠められ、雨戸も閉まっていた。密室状態で、夫婦は亡くなっていたのだ。花嫁の伯父・久保銀造は、探偵の金田一耕助を急いで呼び寄せた。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル2)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★ シリーズ

▽『獄門島』横溝正史

▽『獄門島』横溝正史(角川e文庫)
 昭和21年9月。探偵の金田一耕助は、復員船の中で死んだ戦友・鬼頭千万太の紹介状を持って、瀬戸内海の孤島・獄門島を訪れる。網元の息子である千万太には、三人の異母妹がいた。彼は、自分が帰らなければその妹たちが殺される、と恐れていた。金田一は戦友の「おれの代わりに獄門島へ行ってくれ」という頼みを叶えるためにやってきたのだ。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル3)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★ シリーズ

▼『三つ首塔』横溝正史

▼『三つ首塔』横溝正史(角川文庫)
 両親を亡くし、伯父の家にひきとられた宮本音禰(おとね)はある日、外国に住む遠縁男性・佐竹玄蔵の財産を全額相続する権利があると聞かされる。ただしそれは、玄蔵の決めた相手との結婚が条件だという。あまりのことに驚く音禰の周りで次々と殺人事件が起こる。彼女はいくつもの名を持つ得体のしれない男と行動をともにする羽目に陥り、次第に彼に惹かれていく。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル13)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 角川文庫 ★★★★☆ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2019年12月 | 01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫