12
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『恋人はスパイ?』リリアン・ピーク

◆『恋人はスパイ?』リリアン・ピーク(ハーレクイン)
 優秀なタイピストであるアリシアは、ボーイフレンドからの別れの手紙に涙しながら、街を歩いていた。ホテルのレストラン前にたたずんでいた彼女に声をかけたのは、務めている会社の社長トッドだった。彼は雨に濡れたアリシアを部屋に招き、食事をごちそうしてくれる。次の日から、彼女は社の機密文書をまかされるようになるが、なぜかトッドの視線が日に日に冷たくなる──。("A Secret Affair" by Lilian Peake, 1982)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『小さな詐欺師』リリアン・ピーク

◆『小さな詐欺師』リリアン・ピーク(ハーレクイン)
 教師を辞めたカラは、ある裕福な夫人の付添婦の面接を受ける。「化粧をしてはいけない」「髪は短く切る」「常に制服を着用」そして「結婚の意思を持たない」──前世紀の小間使いのような条件をのんでまで応募したのは、婚約者と住む家を買う資金のためだ。面接をしたのは夫人本人ではなく、その甥で作家のショーン。彼の皮肉めいた態度に、カラは不安を抱く。("The Little Impostor" by Lilian Peake, 1985)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『疑われても』リリアン・ピーク

◆『疑われても』リリアン・ピーク(ハーレクイン)
 小説家を夢見るテリーは、ロンドンを離れてスコットランドへやってきた。ここで裕福な老婦人ミセス・スチュワートの秘書として働きながら、作品の構想を練るのだ。だが、ミセス・スチュワートの孫で科学者のブレンダンは、彼女に疑いの目を向ける。彼の研究が重要な段階に入っているからだ。("Innocent Deceiver" by Lilian Peake,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『愛の夜行列車』リリアン・ピーク

◆『愛の夜行列車』リリアン・ピーク(ハーレクイン)
 交通事故にあったタムジンは、心配した叔父にすすめられて、彼が経営するスイスのホテルで静養することになる。そこで知り合ったサルネという男は、彼女を世慣れた金持ちの娘と誤解するが、叔父から口止めをされているため、本当のことが言えない。("Passionate Involvement" by Lilian Peake,1981)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『恋愛方程式』リリアン・ピーク

◆『恋愛方程式』リリアン・ピーク(ハーレクイン)
 数学者を両親に持つ社会学者のロザリーは、両親の話についていけないことに劣等感を持っている。父の同僚であるエイドリアンに対しても、つい構えた態度をとってしまうが──。("Man Out Of Reach" by Lilian Peake,1983)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2019年12月 | 01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫