12
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『ヴィーナスの目覚め』ジュリア・ジェイムズ

◆『ヴィーナスの目覚め』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 祖父母が残してくれた屋敷を改装して、ペンションにする──その夢を叶えるため、身なりにもかまわず働くローラの前に、イタリアの大企業社長であるアレサンドロが現れる。かつてローラを身ごもった母に見向きもしなかった父親が亡くなり、初めて孫娘の存在を知った祖父が会いたがっている、イタリアへ来てほしい、と言う彼を即座に拒絶するローラだったが、相続税を払う期限は刻々と近づいていた。("The Italian's Rags-to-Riches Wife" by Julia James, 2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『思い出は遠く切なく』ジュリア・ジェイムズ

◆『思い出は遠く切なく』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 音大でピアノを学ぶソフィーは、父の取引先会社御曹司のニコス・カザンドロスと恋に落ちた。彼との未来を無邪気に信じていた彼女だったが、その夢は儚く消える。それから4年。ソフィーは、金策のため仕方なく出向いたパーティでニコスと再会する。彼女の仕事は、彼の憎しみと蔑みを余計に買うばかりだった。("Penniless And Purchased" by Julia James, 2010)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『消せない夜の記憶』ジュリア・ジェイムズ

◆『消せない夜の記憶』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 イブは、実業家の父の言いなりになる生活に飽き飽きしていた。そんな彼女がある夜出会った強烈な印象の見知らぬ男性──。二人はひと目で惹かれあったとわかったが、それはお互いの正体がわかるまでの幻想だった。彼は、父を破滅に追い込もうとしている男、アレクセイ・コンスタンティンだった。("Purchased For Revenge" by Julia James, 2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『逃げだした愛人』ジュリア・ジェイムズ

◆『逃げだした愛人』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 たった一人の肉親だった姉を失ったアンは、残された甥を育てていたが、父親で姉と一緒に亡くなったアンドレアスの兄、ギリシア人大富豪ニコスが百万ポンドで甥を引き取りたいとやってくる。泣く泣く甥を手放したアンのことを、ニコスは「金で子供を売った」と侮蔑していた。4年後に再会した時も同じ気持ちだったが……。("The Greek's Million-Dollar Baby Bargain" by Julia James,2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『魔法が解けた朝に』ジュリア・ジェイムズ

◆『魔法が解けた朝に』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 ウエイトレスのバイトをクビになった夜、キャリーはアレクシーズに出会った。ギリシアの大富豪で、ハンサムな彼に誘われるまま、世界各地を旅していたが、その日はいつもと違っていた。言われるままに着飾り座ったテーブルでは、ギリシア語でしか会話がされていない。キャリーは、同席しているのがアレクシーズの家族で、彼が結婚の意思がないことを母に示すため、愛人として彼女を連れてきたことを知らなかった。("Greek Tycoon, Waitress Wife" by Julia James,2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『恋するアテネ』ジュリア・ジェイムズ

◆『恋するアテネ』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 今まで見向きもしなかった冷酷な大富豪の祖父からいきなり呼びつけられたアンドレア。本当は来たくなかったが、病気の母のためにやってきたのだ。祖父の思惑は、その日の夕食時にわかる。彼は今日会ったばかりの男ニコスとアンドレアを結婚させ、自分の血を引く後継者が欲しかったのだ。("The Greek's Virgin Bride" by Julia James,2003)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『パリの夜に捧げて』ジュリア・ジェイムズ

◆『パリの夜に捧げて』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 幼い頃に両親を亡くし、育ててくれた祖父母も失ったバネッサは、淋しさを埋めるようにパリへ旅立ち、マルコスと出会った。彼がギリシア人の富豪であることも知らないうちに、バネッサは彼にすべてを捧げた。彼が自分をどんなふうに思っているのかも気づかずに──。("For Pleasure…Or Marriage?" by Julia James,2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『花嫁になる条件』ジュリア・ジェイムズ

◆『花嫁になる条件』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 幼い息子を抱えて掃除人として働くマグダの前に、留守だと思っていた豪華アパートメントの持ち主ラファエッロが突然現れた。驚く彼女に、彼は「仕事の話だ」と告げ、さらに「十万ポンド支払うから、ぼくと結婚してくれ。今すぐ」と言う。この人狂ってる、とマグダは呆然と思った。("The Italian's Token Wife" by Julia James,2003)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『罪深き娘』ジュリア・ジェイムズ

◆『罪深き娘』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 レイチェルは美しく装って、ヴィート・ファルネステに会いに行った。彼は、かつて母の愛人だった男の息子。古い家柄のファルネステ家には、代々伝わるエメラルドがある。母が持ち出したそれを返すかわりに、自分と結婚してほしい──レイチェルは彼にそう言った。大切な人のため、私は彼と結婚しなければならないのだ。("His Wedding Ring Of Revenge" by Julia James,2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『甘美な企み』ジュリア・ジェイムズ

◆『甘美な企み』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 ニコスは姉から「夫が浮気をしている」と聞かされ、相手を義兄から遠ざけるため、誘惑するよう頼まれる。プールサイドのデッキチェアに寝そべる義兄の愛人ジャニーンは、素晴らしく美しい。これは僕にとっても楽しいことになりそうだ──。("The Greek's Ultimate Revenge" by Julia James,2004)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2019年12月 | 01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫