11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『精霊が愛したプリンセス』ジュリー・ガーウッド

●『精霊が愛したプリンセス』ジュリー・ガーウッド(ヴィレッジブックス)
 1814年。幼い頃に母と死に別れ、ネイティブアメリカンのダコタ族に育てられたクリスティーナは、母の故郷イギリスへ帰ってきた。亡き母の日記と、ある秘密を抱えて。ライアンウッド侯爵ライアンは、“プリンセス”と呼ばれる可憐な彼女にひと目で惹かれるが、クリスティーナは彼が思っているような女性ではなかった。彼女は一族、そして精霊から、“ホワイトライオン”と呼ばれているのだ。("The Lion's Lady" by Julie Garwood, 1988)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ヴィレッジブックス ★★★★

●『太陽に魅せられた花嫁』ジュリー・ガーウッド

●『太陽に魅せられた花嫁』ジュリー・ガーウッド(ヴィレッジブックス)
 1102年、イングランド。貴族の末娘ジェイミーは、母亡きあとに城の管理を一手に引き受け、父と姉たちから頼られていた。だがある日、国王からスコットランド辺境の領主アレックとの結婚を命じられる。スコットランドのことなど何も知らないし、ましてや相手は妻殺しの噂のある男だった。("The Bride" by Julie Garwood, 1989)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ヴィレッジブックス ★★★★

●『ほほえみを戦士の指輪に』ジュリー・ガーウッド

●『ほほえみを戦士の指輪に』ジュリー・ガーウッド(ヴィレッジブックス)
 イングランド人であるジュディスは、自国とスコットランドが敵対していることも知らない幼い頃に、フランシス・キャサリンと親友になった。ハイランドに嫁いだ彼女のお産を手伝うことは、ずっと昔に交わした大切な約束。それを叶えるため、ハイランドからジュディスを迎えに来たのは、親友の義兄イアンだった。("The Secret" by Julie Garwood,1992)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ヴィレッジブックス ★★★★

●『メダリオンに永遠を誓って』ジュリー・ガーウッド

●『メダリオンに永遠を誓って』ジュリー・ガーウッド(ヴィレッジブックス)
 イングランド貴族の娘ブレンナは、父が決めた結婚のため、スコットランド領主マクネアの元への旅をしていた。そこに現れたのは、ハイランドの騎士コナー。幼い頃のブレンナがした求婚を叶えるためにやってきたと言う。だがコナーの本当の目的は、復讐のため、マクネアの花嫁を奪うことだった。("The Wedding" by Julie Garwood,1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ヴィレッジブックス ★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★ ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ★★★☆ ロマンス映画 ★★★ ヒストリカル ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫