08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『潮風のラプソディー』ロビン・ドナルド

◆『潮風のラプソディー』ロビン・ドナルド(ハーレクイン)
 17歳の時、結婚したばかりのアンバーは夫アレックスの元から逃げ出した。愛人がいることを隠そうともしない彼に失望したからだ。それから九年──ニュージーランドに住むいとこマットの牧場で働きながら、密かに産んだ息子のニックと暮らしていたアンバーの前に、アレックスが現れる。("A Last Loving" by Robyn Donald, 1987)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『成熟』ロビン・ドナルド

◆『成熟』ロビン・ドナルド(ハーレクイン)
 17歳の時に父を亡くし、その直後にコーナルと結婚したキャトリンは、わずか半年で家を飛び出した。それからは1人で生きられるように大学で勉強し、会計士の資格もとった。書店を開く資金のために6年間ぶりに夫と会わなくてはならないが、そのあとは速やかに離婚しようとキャトリンは思っていた。("Return To Yesterday" by Robyn Donald,1985)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

◆『花の島』ロビン・ドナルド

◆『花の島』ロビン・ドナルド(ハーレクイン)
 故郷の名家の次男が17歳のモラッグと結婚しそうになった時、兄のソープが金を与え、彼女は島を出た。それを看護学校の学費にあてたモラッグは、出張看護師となった6年後、ソープの妹とともに故郷の島へ降り立つ。金は返済したけれども、ソープはやはり冷たかった。("Shadow Of Past" by Robyn Donald,1981)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『恋盗人』ロビン・ドナルド

◆『恋盗人』ロビン・ドナルド(ハーレクイン)
 母が死に、メレデスは幼い弟マークと二人きりになった。まだ19歳のメレデスは、富豪の祖父の元に身を寄せることにする。母が駆け落ちをしたせいでマークに居づらい思いをさせたくない、と思った彼女は彼を自分の息子だと偽る。祖父の後継者デインは、そんな彼女をふしだらと決めつける。("The Interloper" by Robyn Donald,1984)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

◆『もうひとりの女』ロビン・ドナルド

◆『もうひとりの女』ロビン・ドナルド(ハーレクイン)
 フェインは、朝、花屋の店先でぶつかってしまった男性と司書を勤める図書館で再会する。弟のために本を借りに来たその男性バークは、彼女をことあるごとに誘い出すが、フェインはなぜか不安が拭えない。("Mansion For My Love" by Robyn Donald,1985)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    シリーズ ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ コンテンポラリー ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ ★★★ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫