10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

●『くちづけは心のままに』スーザン・イーノック

●『くちづけは心のままに』スーザン・イーノック(二見文庫)
 教養学校(フィニッシングスクール)の校長であるエマは、領主の甥ウィクリフ公爵グレイによって窮地に追い込まれていた。叔父から負債の整理を頼まれた彼が、地代の値上げを宣言したからだ。くだらない“結婚斡旋所”などつぶして当然、と言い切る尊大な公爵にエマは激怒し、二人は学院の存亡を賭けて勝負することになる。("A Matter Of Scandal" by Suzanne Enoch, 2001)
・〈リング・トリロジー〉第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★ シリーズ

●『唇泥棒にご用心』スーザン・イーノック

●『唇泥棒にご用心』スーザン・イーノック(扶桑社ロマンス)
 1813年、ロンドン。ナポレオン戦争で負傷したサリヴァンが帰国する間に亡くなった母の遺品である絵画が、彼の実の父ダンストン侯爵によって売り払われた。自分を息子と認めない侯爵とその嫡子への復讐のため、サリヴァンは母の絵を盗み集めていた。ある夜、忍び込んだダーシェア侯爵邸から逃げようとした時、その家の娘イザベルに見つかってしまう。悲鳴をあげる前に、サリヴァンは彼女の唇をキスでふさいだ。("After The Kiss" by Suzanne Enoch, 2008)
・〈悪名高き紳士たち〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 扶桑社ロマンス ★★☆ シリーズ

●『奪われたキス』スーザン・イーノック

●『奪われたキス』スーザン・イーノック(二見文庫)
 社交界デビューした子爵令嬢リリスは、母親のスキャンダルのせいで落ちた家名を立て直すため、ふさわしい結婚相手を探していた。だから、ある舞踏会で悪名高きダンズバリー侯爵からダンスを申し込まれた時、断ったのだ。それが気に食わなかったのか、以来彼はリリスの行くところに現れる。("Stolen Kisses" by Suzanne Enoch, 1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★

●『信じることができたなら』スーザン・イーノック

●『信じることができたなら』スーザン・イーノック(二見文庫)
 その美貌と奔放な振る舞いから社交界で“女狐(ヴィクスン)”と呼ばれている伯爵令嬢ヴィクトリアは、あるパーティーで悪名高き放蕩者アルソープ侯爵シンクレアとみだらなキスをしているところを父親に目撃され、彼と結婚するはめに陥った。だが、夫婦になってから二人はお互いの意外な面を知ることになる。("Meet Me At Midnight" by Suzanne Enoch, 2000)
・〈リング・トリロジー〉第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★ シリーズ

●『あなたの心が知りたくて』スーザン・イーノック

●『あなたの心が知りたくて』スーザン・イーノック(二見文庫)
 公爵家の次男レイフは、軍隊を辞したのち、再び異国へ旅立とうとしていたが、先立つものがない。だが、あるギャンブルで掛け金代わりに土地の権利書を手に入れる。この領地を売って金を作ろうと考えた彼を迎えたのは、ひどく荒廃した屋敷だった。しかも自分の屋敷のはずなのに、そこにいた女に殴られ縛られ──頭のおかしい男呼ばわりされた!("Taming Rafe" by Suzanne Enoch,1999)
・〈バンクロフト・ブラザーズ "The Bancroft Brothers"〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

●『ほほえみを待ちわびて』スーザン・イーノック

●『ほほえみを待ちわびて』スーザン・イーノック(二見文庫)
 両親を亡くして以来、家庭教師として働きながら一人で生きてきたアレクサンドラ。放蕩者として名高いキルカーン・アビー伯爵ルシアンの従妹をレディに育てるため雇われたが、彼は従妹のことなどそっちのけでアレクサンドラを口説きまくる。("Reforming A Rake" by Suzanne Enoch, 2000)
・〈リング・トリロジー〉第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★ シリーズ

●『いたずらな恋心』スーザン・イーノック

●『いたずらな恋心』スーザン・イーノック(二見文庫)
 19世紀初頭のイギリス。男装をして父の密輸業を手伝う“キット”ことクリスティンは、密輸を邪魔する英国貴族の正体を探るため、父によってエヴァートン伯爵アレックスの屋敷へ送り込まれる。彼はあっけなくキットの性別を見破るが、なぜかそのまま屋敷に滞在することを許す。("Lady Rogue" by Suzanne Enoch,1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆

▼『恋に危険は』スーザン・イーノック

▼『恋に危険は』スーザン・イーノック(ライムブックス)
 フリーの美術コンサルタントであるサマンサの裏の顔は、父親から英才教育を受けた個人所有美術品専門の泥棒。だが、その日忍び込んだ屋敷では、いないはずの主人アディソンが姿を現し、爆弾まで仕掛けられていた。とっさに彼をかばい逃げ出したサマンサだったが、警備員が死に、自分に殺人容疑がかけられてしまう。サマンサは容疑を晴らすため、アディソンに協力を申し入れる。("Flirting With Danger" by Suzanne Enoch,2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ ライムブックス ★★★★

●『見つめずにいられない』スーザン・イーノック

●『見つめずにいられない』スーザン・イーノック(二見文庫)
 イングランドの片田舎の屋敷でひっそりと働くマディの生活は、主人の甥であるウェアフィールド侯爵クインの来訪によって一変した。自分を嫌う態度を隠しもしないマディに、クインは興味を持つ。彼女には何か秘密があるようだ。("By Love Undone" by Suzanne Enoch,1998)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2019年10月 | 11月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫