08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『億万長者とクリスマス』ルーシー・ゴードン

◆『億万長者とクリスマス』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 ワーカホリックのアレックスは、自分の会社を大きくすることに夢中。クリスマスだというのに、家族との休暇より取引先のパーティを選ぶくらいだ。だが、そのパーティは中止になり、アレックスは別居中の妻コリーヌと息子と娘が住む田舎の家へ向かう。("The Millionaire's Christmas Wish" by Lucy Gordon, 2003)
・アンソロジー『クリスマス・ストーリー2008 愛と絆の季節』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ アンソロジー

◆『絆をもう一度』ルーシー・ゴードン

◆『絆をもう一度』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 ケリーは、テレビジャーナリストとして活躍する夫ジェイクと今日別れた。8回目の結婚記念日が離婚記念日になったので、それをお祝いしてパーティーを開いていると、ジェイクがやってくる。二人は互いに複雑な思いを抱きながら、最後の夜を一緒に過ごす。そして数週間後、ケリーはテレビで凶弾に倒れたジェイクの姿を目にする。("The Pregnancy Bond" by Lucy Gordon, 2002)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆

◆『帰らざる日々』ルーシー・ゴードン

◆『帰らざる日々』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 クラブ歌手のジュリーは、憧れの地であるイタリアへやってきた。ローマの有名ナイトクラブへ出演するためなのだが、そこで思いがけない人と再会することになる。8年前に別れた恋人リコ・ファルツァ──彼が、ナイトクラブのオーナーだったのだ。8年前、リコの祖父の差金で別れさせられたジュリーは、昔の面影のない彼に、息子のことを知られてはならない、と思う。("Rico's Secret Child" by Lucy Gordon, 1999)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『裁きは終わりぬ』ルーシー・ゴードン

◆『裁きは終わりぬ』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 レイは働きながら、学位をとるために夜学へ通っていた。生活費を稼ぐためにエスコートサービスのバイトもしている。その夜の相手は弁護士ジャイルズ・ブレーク。なんという偶然なのか──彼は8年前、法廷でレイの父を容赦なく責めたてた。収監されて三ヶ月で父は死んだ。私は、復讐の機会を与えられたのだろうか。("My Only Love, My Only Hate" by Lucy Gordon, 1986)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『忘れえぬ人』ルーシー・ゴードン

◆『忘れえぬ人』ルーシー・ゴードン(ハーレクインSP文庫)
 ルーク・ハーモンは実業界で成功をおさめているが、痛々しい傷が刻まれた顔の裏では、激しい復讐の炎が燃えていた。この傷は、彼がジョン・バクスターと名乗っていた若い頃、激しい恋に落ちたイヴと、彼女の卑劣ないとこパリーにつけられたものだ。二人を追い詰める準備はできた。ルークはついに、イヴと10年ぶりに対面を果たすが──。("Vengeance Mine" by Lucy Gordon, 1989)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『結婚の名のもとに』ルーシー・ゴードン

◆『結婚の名のもとに』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン文庫)
 秘書のアシスタントをしているブリオニーは、ある日、社長カーライルの娘エマと出会う。二人はたちまち仲良くなるが、カーライルから彼女の命はあとわずかということを聞かされる。娘の望むことをなんでも叶えたいと思うカーライルから、結婚してエマの母親になってほしいと言われる。だがブリオニーには、幼い妹を亡くしたつらい記憶があった。("For The Love Of Emma" by Lucy Gordon, 1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『花嫁には秘密』ルーシー・ゴードン

◆『花嫁には秘密』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 結婚式の総合プランニング会社を経営しているゲイルは、担当した大富豪の式の時、アレックスに出会った。富豪の長男である彼は、父の結婚相手のことを金目当てだと決めつける。その傲慢さは、彼女の失敗に終わった結婚式を思い出させた。彼はそのまま弟の結婚にまで文句を言い出す。彼の誤った主張は、思いもよらぬ事故を引き起こす。("This Man And This Woman" by Lucy Gordon, 1995)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『ビンテージ・ラブ』ルーシー・ゴードン

◆『ビンテージ・ラブ』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン文庫)
 18歳の頃、ピパはイギリスへ料理修行にやってきたルークと恋に落ちた。彼は縛られることを嫌い、四ヶ月後アメリカへ帰国することも宣言していた。彼女は彼の気持ちを汲み、引き止めることなく別れる。その後、妊娠がわかったが、ルークは金銭の援助のみで娘に会いに来ることはなかった。11年後、ピパは娘を連れて、突然彼を訪ねる。自分に残された時間は短い。二人を会わせなくては。("For His Little Girl" by Lucy Gordon, 2000)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆

◆『愛を忘れた理由』ルーシー・ゴードン

◆『愛を忘れた理由』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 ハリウッド女優の娘で歴史学者であるペトラは、母の何度目かの結婚式で、ギリシアの実業家リサンドロスと再会する。二人は15年前に出会い、悲観に暮れていたリサンドロスをペトラが慰め、キスを交わした。若かった二人は大人になったが、彼はまだその時の悲しみを秘め、人との間に壁を作ったままだった。("The Greek Tycoon's Achilles Heel" by Lucy Gordon, 2010)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『ブラノック島の真珠』ルーシー・ゴードン

◆『ブラノック島の真珠』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 スコットランドの東に位置する美しい小島ブラノック。モラグは老領主ダンカンの看護師をしていたが、島民に愛されていた彼は亡くなり、島を買った男がやってくる。新領主ジャービスは島を手に入れることを長い間熱望していたが、その理由は誰も知らなかった。("Island Of Dreams" by Lucy Gordon,1985)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫