12
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『愛するのは禁止』キム・ローレンス

◆『愛するのは禁止』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 有名雑誌の編集長であるロウィーナは、最近クインを避けていた。長年の友人で医師のクインと出張中に熱い夜を過ごしたあげく妊娠してしまい、混乱の極みだったからだ。だが、クインは彼女を追いかけ、ついには倒れてしまった祖母の入院先までついてこようとする。("Her Baby Secret" by Kim Lawrence, 2002)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『かわいい魔女』キム・ローレンス

◆『かわいい魔女』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 姉のフラットで寝ていた医師のホリーは、姉の友人ニールの突然の訪問に起こされる。今夜だけ婚約者のふりをしてもらうために頼みに来たというが、あいにく姉は出張中。成り行きで引き受けることになったホリーだが、実は十代の頃から彼はあこがれの存在だった。("The Engagement Deal" by Kim Lawrence, 2000)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『疑われた妻』キム・ローレンス

◆『疑われた妻』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 ギリシア人大富豪であるアンゴロスとの結婚生活に世界の違いを感じ、ジョージーは疲弊していた。しかも彼は妊娠を知った時、なぜか他の男の子供と決めつける。彼女は一人でイギリスに帰国し、3年間一人で息子を育ててきた。あの時、妻を追いかけても来なかった彼が、どうして今訪ねてきたのだろう?("Pregnant By The Greek Tycoon" by Kim Lawrence, 2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『禁じられた言葉』キム・ローレンス

◆『禁じられた言葉』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 デヴラはロンドンで看護師をしている時に今の夫ジャンフランコに出会った。愛人として同行することを拒んだ彼女に、彼はプロポーズしたのだ。愛されていないとわかっていても、結婚生活に満足していたが、デヴラは子供を望んでいた。妊娠できないと思っていたが「可能性がある」と医師に言われ、ジャンフランコにそれを告げると、彼は「子供は欲しくない」と言い放った。("Secret Baby, Convenient Wife" by Kim Lawrence,2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『甘美な嘘』キム・ローレンス

◆『甘美な嘘』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 家庭の事情で昇進の話を断ったナタリーは、事情をわかってくれない社長ラファエルへの愚痴を同僚にこぼしていたところ、それを彼に聞かれてしまう。口論になる二人だが、そこへナタリーの娘が入院したとの電話が入る。("Rafael's Proposal" by Kim Lawrence,2003)
・アンソロジー『マイ・バレンタイン 2006 愛の贈り物』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ アンソロジー

◆『悲しい嫉妬』キム・ローレンス

◆『悲しい嫉妬』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 結婚3年目の記念日にもかからわず、夫のフィンは帰ってこない。エミリーが彼のオフィスに向かうと、そこには前妻のミーヴと仲良くシャンパンを酌み交わす夫の姿があった。("The Marriage Secret" by Kim Lawrence,2001)
・ハーレクイン・ロマンス・エクストラ『愛は激しく甘く』(短編集)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★ アンソロジー

◆『秘書に魅せられて』キム・ローレンス

◆『秘書に魅せられて』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 派遣の秘書として働いているナイアは、昼食から帰る途中、ボスのジェイクとそっくりの男性とすれ違う。彼女のあとに会社へ戻ったジェイクが、自室に入るなり、こんなことを叫んだ。「ミス・ジョーンズ、僕の部屋に動物がいる」("Baby And Boss" by Kim Lawrence,2000)
・アンソロジー『サマー・シズラー2006 真夏の恋の物語』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ アンソロジー

◆『燃えさかる運命』キム・ローレンス

◆『燃えさかる運命』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 ベッカは、妹を妊娠させ捨てた男の盛大な結婚式に来ていた。流産した妹は、うちひしがれている。かわりに自分が復讐をしなければ──。式に忍び込み、真実を暴露しようと立ち上がりかけた時、肩に手が置かれた。「それはいい考えとは思えない」そう声をかけてきた男の名はクリストス。ベッカは彼の正体を知らなかった。("The Carides Pregnancy" by Kim Lawrence,2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2019年12月 | 01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫