08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『恋するダイアリー』ペニー・ジョーダン

◆『恋するダイアリー』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 夫から離婚を言い渡され、一人で誕生日の夜を過ごすはめになったキティは、ライフコーチから言われた日記をつけることにする。“十年後の誕生日までに達成したいことを十個あげてみましょう”──「インラインスケートをマスターする」「口の中でとろけるようなペストリーを焼けるようになる」「サルサをマスターする」「十四番地に越してきたセクシーな新しい隣人のような男性を夢中にさせる」──。("My Secret With List" Penny Jordan, 2002)
・アンソロジー『ウエディング・ストーリー2004 愛は永遠に』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ アンソロジー

◆『追憶のひと』ペニー・ジョーダン

◆『追憶のひと』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン文庫)
 シビラは15歳の頃、7歳年上のギャレスに夢中だった。だが、彼と祖父が話しているのを立ち聞きして、凍りつく。彼は私のことを迷惑だと思っている……。以来、シビラはギャレスを避け、その後彼はアメリカに行ってしまった。それから十年──祖父が亡くなり、ギャレスが街へ帰ってきた。("Stranger From The Past" by Penny Jordan, 1991)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『架空の楽園』ペニー・ジョーダン

◆『架空の楽園』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン文庫)
 シエナはロンドンで派遣秘書をしている。ある日、事務所にやってきたアレクシスという男性に心奪われる。秘書として仕事をしながら、彼はシエナに愛の言葉をささやく。この人こそ、私の愛する人だ。シエナはアレクシスに身も心も捧げた。だがその夜、アレクシスは彼女に真実を告げる。私は──復讐に利用されたの?("Response" by Penny Jordan, 1984)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『あなただけを愛してた』ペニー・ジョーダン

◆『あなただけを愛してた』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 17歳の時、タラは年下の友人スーザンの継父ジェームズに出会った。スーザンの母は、年下の夫と過ごすことはめったになく、娘も顧みない。スーザンを通じてジェームズと仲良くなったタラは、ついに一線を超えてしまう。だがその後、スーザンの母から告げられた言葉に、タラは絶望する。そして、七年──タラはロンドンで働きながら双子の子供を育てていた。("Phantom Marriage" by Penny Jordan, 1983)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『あなたしか知らない』ペニー・ジョーダン

◆『あなたしか知らない』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 18歳の時、義兄ジェイクとの結婚を夢見ていたジェイミーは、彼の本心を知り、家を出た。それからはずっと世慣れしたクールな女性を演じてきたけれども、従姉の家で再会したジェイクは、義父の体調を理由に実家へ帰ってこいと脅迫のように言う。("A Reason For Marrige" by Penny Jordan, 1986)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『特別扱い』ペニー・ジョーダン

◆『特別扱い』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 雑誌記者のスザンナは、新しい編集長ハザードのアシスタントになった。彼との出会いは最悪だった。つきあっていた人が既婚者だと知り、うちひしがれていた夜──彼はスザンナの言動を誤解しているようだが、正直に言ったところできっと信じてもらえないだろう。("Special Treatment" by Penny Jordan, 1988)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『脅迫』ペニー・ジョーダン

◆『脅迫』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 資産家の娘サマーは、18歳の時、婚約者の勤めるホテルでカメラマンのチェイス・ロリマーと出会った。婚約者からのひどい裏切りで傷ついたサマーは、チェイスとともに出かけ、そこで思いもよらぬ写真を撮られてしまう。五年後、父親の新しい仕事が話題になり、サマーも父とともにマスコミに取り上げられると、チェイスが彼女の前に現れる。「あの写真をばらまかれたくなければ、僕と結婚しろ」と──。("Desire Never Changes" by Penny Jordan, 1986)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『薬指の契約』ペニー・ジョーダン

◆『薬指の契約』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 ハリエットは同僚で幼なじみのベンと親友同士。だが、ベンの恋人にはそれが信じられず、社内でも二人のことが噂されるようになってしまう。ハリエットのことを密かに想っている社長のマシューは、二人を引き離すためにニセの婚約を彼女に持ちかける。("The Boss's Marriage Arrangement" by Penny Jordan, 2004)
・『ウエディング・ストーリー2005 愛は永遠に』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ アンソロジー

◆『長い冬』ペニー・ジョーダン

◆『長い冬』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 カリブ海の島にあるホテルに勤めるオータムは、招待された航空会社の社長を見て驚く。二年前から別居中の夫ヨークだった。若くして結婚したオータムは、何につけても自信がなく臆してばかりで、仕事ばかりのヨークとの生活はほどなく破綻した。その彼が、ある事情のため、四ヶ月一緒に暮らしたら離婚してくれると言う。私は昔とは変わった。自由のためなら、その取引をのむしかない。("Long Cold Winter" by Penny Jordan, 1982)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『純愛の城』ペニー・ジョーダン

◆『純愛の城』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 祖父母の遺灰を故郷に埋葬するため、ルイーズはシチリア島へやってきた。ここには苦い思い出しかない。10年前──18歳の頃、家族で滞在していた時、彼女はある過ちを犯した。それに対して、父は怒り、住民からは蔑みの言葉を投げつけられた。ルイーズはこの島の領主ファルコナリ公爵シーザーと一夜をともにしただけなのに……。("A Secret Disgrace" by Penny Jordan, 2012)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫