08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『捨てられた花嫁』ミシェル・リード

◆『捨てられた花嫁』ミシェル・リード(ハーレクイン文庫)
 大企業の秘書として働くシャーンは、社長の弟で幹部社員のピエーズと恋に落ちた。だが結婚式当日、彼は別の女性とかけおちしてしまう。呆然とするシャーンに、ピエーズの兄レイフは「弟のかわりに、僕と結婚してくれないか?」と言い放つ。("Marriage On The Rebound" by Michelle Reid, 1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『あの愛をもう一度』ミシェル・リード

◆『あの愛をもう一度』ミシェル・リード(ハーレクイン文庫)
 画家のマーニーは、四年前に元F1レーサーのガイと離婚した。しかし、兄からまた資金援助を懇願されてしまう。頼れるのはガイしかいない……。新婚の兄の妻に苦労をかけたくない一心で、マーニーはガイに会いに行く。復縁を望むガイは、彼女の頼みへ当然交換条件を出す。つまり再婚だ。("Lost In Love" by Michelle Reid, 1993)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『見せかけの結婚』ミシェル・リード

◆『見せかけの結婚』ミシェル・リード(ハーレクイン文庫)
 両親を失ったクレアは、大学を中退し、まだ赤ん坊の妹を一人で育てていた。そこへ母方の伯母が訪ねてきて、妹を養子に出せと言う。伯母が立ち去ったあと、忘れ物に気づいたクレアは、フラットから飛び出し、車に轢かれてしまう。居合わせた伯母の雇い主アンドレアスは怪我をしたクレアを自分の屋敷に連れていき、「当分の間、ここにいるといい」と言う。("The Tycoon's Bride" by Michelle Reid, 2000)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『いわれなき罰』ミシェル・リード

◆『いわれなき罰』ミシェル・リード(ハーレクイン)
 結婚を数週間後に控えたナターシャは、婚約者が妹と情事に及んでいるのを目撃してしまう。ショックを受けた彼女を慰めたのは婚約者の兄レオ。しかし彼は、ナターシャと弟が仕組んだことに気づくと態度を一変させる。彼女にはまったく身に覚えのないことだったが、レオは信じてくれなかった。("The Geek's Forced Bride" by Michelle Reid, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『嘆きのウエディングドレス』ミシェル・リード

◆『嘆きのウエディングドレス』ミシェル・リード(ハーレクイン)
 親友ビアンカの結婚式に招かれ、エリザベスはミラノへやってきた。式前のパーティで、彼女はビアンカの婚約者であるルチアーノにキスしてしまう。うろたえるエリザベスだったが、次の日の朝、さらに驚愕の事実が判明する。ビアンカと自分の兄が駆け落ちしたのだ。謝罪するエリザベスに対して、ルチアーノは言う。「君に責任をとってもらう。ビアンカのかわりに僕と結婚するんだ」("The De Santis Marriage" by Michelle Reid,2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『情熱のとりこ』ミシェル・リード

◆『情熱のとりこ』ミシェル・リード(ハーレクイン)
 オフィスに現れたギリシア人大富豪レオンを見て、ジェンマはひと目で恋に落ちた。彼は彼女の気持ちをすぐに読み取り、「条件も約束もなしにつきあって、友好的に別れよう」と誘惑する。ジェンマはなすすべもなく彼のとりこになるが、ニューヨークに住むために自分を連れていきたいと言う彼の申し出は断った。私は愛人なんていやだ。彼を愛してしまったから──。("Passion Becomes You" by Michelle Reid,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『置き去りの恋』ミシェル・リード

◆『置き去りの恋』ミシェル・リード(ハーレクイン)
 スーパーモデルのアニーにとって、マスコミが書き立てる「魔性の女」「ふしだらな悪女」というイメージは都合のいい隠れ蓑だった。4年前のある夜、妻子ある男に襲われそうになってから男性不信になった彼女は、唯一信用できるトッドだけを頼りにしていた。トッドが手がける新雑誌の創刊号の目玉は、超一流宝飾デザイナー、エダマス。アニーは突然呼び出され、彼の島へ赴く。("The Morning After" by Michelle Reid,1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『激情の園』ミシェル・リード

◆『激情の園』ミシェル・リード(ハーレクイン)
 義妹の結婚式のため、マデリンは四年ぶりに故郷へ帰ってきた。かつての子供っぽい向こう見ずな娘はもういない。四年間、実母の元で自分を変えるべくがんばってきたのだ。人前でひどい言葉を浴びせ、私を傷つけた元婚約者ドミニックとの再会にも恐れていないはずだったのに──。("Passionate Scandal" by Michelle Reid,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2019年08月 | 09月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫