01
1
2
3
5
6
8
9
10
11
13
14
15
18
20
24
30
   

◆『理想の恋の作りかた』ジェニファー・クルージー

◆『理想の恋の作りかた』ジェニファー・クルージー(MIRA文庫)
 都会で暮らすキャリアウーマンのケイトは、“運命の人”を探すために湖畔の高級リゾート地へ向かう。何人かの男性とデートをしてもピンと来ないが、ホテルオーナーの兄であるジェイクと過ごすのは楽しい。けれど彼は仕事をしていないし、結婚にも幻滅していて、理想の夫にはなりそうにない……。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★☆

◆『シークの誘い』ケイト・ウォーカー

◆『シークの誘い』ケイト・ウォーカー(ハーレクイン)
 ロンドンの空港でカリフォルニア行きの飛行機を待っていたリディアは、ラウンジでアミールという男と知り合い、雪で閉鎖された空港が再開するまで彼の家で過ごすことになる。彼女は知らなかった。彼が未来のシークであることを。("Desert Affair" by Kate Walker,2001)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

□『007/慰めの報酬』

□『007/慰めの報酬』(ロードショー公開)
 ヴェスパーを操っていた男ホワイトからMI-6も把握していない“組織”の存在を知らされたジェームズ・ボンド。“組織”の手がかりを追ううちに、ボリビアのクーデターに関わろうとする男グリーンと、彼を足がかりに復讐を遂げようとする女カミーユに出会う。(監督:マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック他)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ★★★☆

◆『シークに囚われて』エマ・ダーシー

◆『シークに囚われて』エマ・ダーシー(ハーレクイン)
 兄が王室専用機のパイロットを務めるアラブの王国で、リアは王族の子弟の養育係をしている。その兄が、とんでもない事件を引き起こした。彼によって屈辱を味わわされた隣国の首長シャリフは、報復としてリアを捕らえる。("The Sheikh's Revenge" by Emma Darcy,1993)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

◆『聖夜に誓いを』ペニー・ジョーダン

◆『聖夜に誓いを』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 ジャスミンとカイドは出会った瞬間に激しい恋に落ちたが、自分の仕事に誇りを持っているジャスミンは、女性は家に入るべきと固く信じているカイドと泣く泣く別れる。だが数ヶ月後、彼女の職場に彼が現れて──。("Christmas Eve Wedding" by Penny Jordan,2002)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『罪なジェラシー』ジェシカ・スティール

◆『罪なジェラシー』ジェシカ・スティール(ハーレクイン)
 車を貸したルームメイトがフェラーリと衝突事故を起こし、なおかつ保険が失効していることが発覚して途方に暮れるエリス。フェラーリの持ち主、ソールに修理費支払いの猶予を求めると、彼から「そのかわりパーティーで恋人役を務めてほしい」と言われる。("Temporary Girlfriend" by Jessica Steele,1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

●『ミランダの秘密の日記』ジュリア・クイン

●『ミランダの秘密の日記』ジュリア・クイン(ランダムハウス講談社)
 10歳のミランダは、友だちに「みにくい」と言われて傷ついていた。それを優しくなぐさめてくれた親友の兄ターナー子爵にすすめられて、日記をつけるようになる。その夜書いた最初の一行──「今日、あたしは恋に落ちた」。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ランダムハウス講談社 ★★★☆

◆『潮騒』シャーロット・ラム

◆『潮騒』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 マリナは、元ピアニストの祖父とイギリスの片田舎でひっそりと暮らしていた。ある日、民宿を兼ねた彼女の屋敷にギデオンという男がやってくる。心惹かれるマリナだったが、祖父はなぜか初対面であるはずの彼を目の敵にする。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『もう一度あなたと』シャーロット・ラム

◆『もう一度あなたと』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 離婚して5年。元夫アンドリアスのひどい仕打ちからようやく立ち直り、婚約を発表した直後、ローレンは元義母から突然の電話を受ける。「アンドリアスが死にそうなの。お願いだから会ってやって。あの子は事故で記憶を失ってしまって、離婚のことも憶えていない」("Storm Centre" by Charlotte Lamb,1982)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『囚われの妻』バーバラ・フェイス

◆『囚われの妻』バーバラ・フェイス(ハーレクイン)
 病院で目覚めた時、彼女は何も思い出せなかった。自分の名前も、なぜここにいるかも。そこに現れた見憶えのない男ルイスが言う。「君の名前はアナベル。僕の妻だ」

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『愛は故郷の町に』シェリル・ウッズ

◆『愛は故郷の町に』シェリル・ウッズ(ハーレクイン)
 ゼルダは故郷の町へ10年ぶりに帰ってきた。亡くなった母が彼女にやっかいな遺言を残したからだ。さらにやっかいなことに、母が遺産管理を依頼したのは、10年前ゼルダを捨てたテイラーだった。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

◆『ミステリー・ラバー』ヴィッキー・L・トンプソン

◆『ミステリー・ラバー』ヴィッキー・L・トンプソン(ハーレクイン)
 突然の暴風雨にB・Jは近くの洞窟へ逃げ込んだ。そこに幼なじみのジョナスも避難してくる。洞窟は暗く、互いの姿が見えない。B・Jは自分とは違うセクシーな女性を装って、ジョナスを誘惑する。
・アンソロジー『サマー・シズラー2002 真夏の恋の物語』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ アンソロジー

◆『熱い砂の上で』ローリー・フォスター

◆『熱い砂の上で』ローリー・フォスター(ハーレクイン)
 商談へ向かうために乗った船の上で、アダムは幼なじみのメラニーと再会するが、突然の嵐に襲われて、二人は船から海へ転落してしまい、無人島に流れ着く。
・アンソロジー『サマー・シズラー2002 真夏の恋の物語』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ アンソロジー

●『紅はこべ』バロネス・オルツィ

●『紅はこべ』バロネス・オルツィ(創元推理文庫)
 フランス革命時代のパリ。厳しい警備の目をあざ笑うかのように、処刑寸前の貴族たちをイギリスへ逃亡させる謎の男“紅はこべ”。フランスからイギリス貴族ブレイクニーに嫁いだマルグリートは、フランス全権大使から“紅はこべ”の正体を探るように脅迫される。("The Scarlet Pimpernel" by Baroness Orczy,1905)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 創元推理文庫 ★★★★

◆『愛していると伝えたい』リンダ・ハワード

◆『愛していると伝えたい』リンダ・ハワード(ハーレクイン)
 愛人サクソンの子供をみごもってしまったアンナ。割り切った関係を望む彼とは別れなくてはならない。別れを告げるアンナに対して、サクソンは──。
・アンソロジー『サマー・シズラー2002 真夏の恋の物語』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★ アンソロジー

◆『よみがえる愛』シャーロット・ラム

◆『よみがえる愛』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 生まれ育ったチャーントリ屋敷を、初恋の相手であるデヴィルと競り合い、手に入れた未亡人のオーリエル。屋敷の改装に過ぎていく日々の中から、彼女はかつてのあやまちに気づく。

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2009年01月 | 02月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫