06
1
4
5
6
8
9
13
14
20
25
26
   

◆『誘惑のトレモロ』アイリス・ジョハンセン

◆『誘惑のトレモロ』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 ジュネーブで『レ・ミゼラブル』の舞台に立つデイジーは、若き天才作曲家ジェイソンからブロードウェイで新作ミュージカルのヒロインを演じるよう頼まれるが、ある理由からそれを断る。だが彼はあきらめず、何とか彼女を説得しようとする。("An Unexpected Song" by Iris Johansen,1990)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー 二見文庫 ★★☆

◆『光と闇のカーニバル』ノーラ・ロバーツ

◆『光と闇のカーニバル』ノーラ・ロバーツ(MIRA文庫)
 職と家を失い、婚約者の元から逃げたダーシーはラスベガスへたどりつく。所持金はわずか9ドル37セント。カジノのスロットマシンにそれをつぎこむと、けたたましいサイレンが鳴り、驚いたダーシーは意識を失った。目覚めた彼女にカジノの支配人マックは言う。「君は大当たりを出したんだ。200万ドル近い賞金を勝ち取った」("The Winning Hand" by Nora Roberts,1998)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★

▲『永遠なる時の恋人』J・R・ウォード

▲『永遠なる時の恋人』J・R・ウォード(二見文庫)
 ヴァンパイア戦士の集団〈黒き剣(ブラック・ダガー)兄弟団〉は、殲滅者(レッサー)たちとの壮絶な戦いのあと、新たに要塞のような館を築き、そこに移り住んでいた。そのメンバーであるレイジは、友人に連れられて屋敷を訪れていた人間の女性メアリの声に魅せられる。だが彼女は、再発した白血病に身体を蝕まれていた。("Lover Eternal" by J.R.Ward,2006)
・〈ブラック・ダガー・ブラザーフッド〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★★ シリーズ

●『黒き影に抱かれて』ローラ・キンセイル

●『黒き影に抱(いだ)かれて』ローラ・キンセイル(二見文庫)
 14世紀、イングランドの片田舎で気ままに暮らしていた17歳の少女エレナは、ある日自分がイタリアのモンテヴェルデ共和国の公位継承者であることを知る。それが明らかになると同時に、モンテヴェルデで権力を握るリアータ家との婚姻のため、エレナは祖国へと送り出される。だが、その途中で海賊アレグレートに船を襲われ、彼女は彼の島に囚われる。("Shadowheart" by Laura Kinsale,2004)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★☆

●『理想の花嫁』サマンサ・ジェイムズ

●『理想の花嫁』サマンサ・ジェイムズ(ソフトバンク文庫)
 ロンドンの貧民街に暮らすデヴォンは、ごろつきに襲われて倒れていたところをサーストン侯爵セバスチャンに助けられる。屋敷に連れ帰って面倒を見るうち、セバスチャンはデヴォンの美しさ、純真さ、誇り高さに惹かれていく。しかし彼には、侯爵家にふさわしい理想の花嫁を迎える義務があった。("A Perfect Bride" by Samantha James,2004)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ソフトバンク文庫 ★★★

▲『ハイランドで月の女神と』カレン・マリー・モニング

▲『ハイランドで月の女神と』カレン・マリー・モニング(ヴィレッジブックス)
 16世紀、ハイランドの領主ドゥルスタンは、呪いをかけられ、ネス湖近くの洞窟に封印される。それから約500年後、旅行でスコットランドを訪れたアメリカ人のグウェンは、ハイキング中、ドゥルスタンが閉じこめられている洞窟へ入り込み、偶然に彼を目覚めさせてしまう。("Kiss Of The Highlander" by Karen Marie Moning,2001)
・〈ハイランダー〉シリーズ第4作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : パラノーマル ヴィレッジブックス ★★★★☆ シリーズ

●『海から来た伯爵』カレン・ホーキンス

●『海から来た伯爵』カレン・ホーキンス(扶桑社ロマンス)
 幼い頃、母を無実の獄死で亡くし、双子の弟とも引き離されたトリスタンは、トラファルガー海戦で英雄にはなったが脚に傷を負い、船に乗ることができなくなる。そこへ、かつて自分たちを見捨てた父、故ロチェスター伯爵の執事リーヴスがやってくる。爵位は継承されるが、遺産を受け取るには管財人の審査に通らなければならないと言う。トリスタンは隣に住む未亡人のプルーデンスにマナーの個人教授を頼むことにする。("Her Master And Commander" by Karen Hawkins,2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 扶桑社ロマンス ★★★

●『ほほえみを戦士の指輪に』ジュリー・ガーウッド

●『ほほえみを戦士の指輪に』ジュリー・ガーウッド(ヴィレッジブックス)
 イングランド人であるジュディスは、自国とスコットランドが敵対していることも知らない幼い頃に、フランシス・キャサリンと親友になった。ハイランドに嫁いだ彼女のお産を手伝うことは、ずっと昔に交わした大切な約束。それを叶えるため、ハイランドからジュディスを迎えに来たのは、親友の義兄イアンだった。("The Secret" by Julie Garwood,1992)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ヴィレッジブックス ★★★★

◆『悲しみを乗りこえて』ジル・マリー・ランディス

◆『悲しみを乗りこえて』ジル・マリー・ランディス(二見文庫)
 ハワイ出身の私立探偵カートは、任務中に銃撃に合い、その傷を癒すため、友人宅の留守番も兼ねて、トワイライト・コーヴへやってくる。そこへ、昔の恋人との間の子供を探しているタイが訪ねてくる。("Heart Wave" by Jill Marie Landis,2004)
・〈トワイライト・コーヴ〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー 二見文庫 ★★★★ シリーズ

◆『侵入者』サンドラ・ブラウン

◆『侵入者』サンドラ・ブラウン(MIRA文庫)
 ネイティブアメリカンと白人の混血であるグレイウルフは、抗議活動の際に起きた乱闘事件で投獄され、弁護士の資格を剥奪される。だがそれはアメリカ先住民に対する偏見に満ちた冤罪だった。刑期終了を目前にして、彼はある目的のため脱獄する。そして、写真家エスリンの家に押し入り、彼女を人質にして逃亡を続ける。("Honor Bound" by Sandra Brown,1986)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★☆

◆『甘美な企み』ジュリア・ジェイムズ

◆『甘美な企み』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 ニコスは姉から「夫が浮気をしている」と聞かされ、相手を義兄から遠ざけるため、誘惑するよう頼まれる。プールサイドのデッキチェアに寝そべる義兄の愛人ジャニーンは、素晴らしく美しい。これは僕にとっても楽しいことになりそうだ──。("The Greek's Ultimate Revenge" by Julia James,2004)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『シークと婚約?』キャロル・グレイス

◆『シークと婚約?』キャロル・グレイス(ハーレクイン)
 小学校教師のアンは、親友の結婚式で出会ったシークのラフィークと一夜を過ごしてしまう。けれどそれは、花粉症の薬が効き過ぎた彼女が眠り込んでしまっただけのことだった。だが、ホテルでの姿を父兄に見られた言い訳のために、彼が婚約者であるとアンは言ってしまう。それは、独身でいたいラフィークの思惑とも一致した。("Taming The Sheik" by Carol Grace,2001)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『幸せを売る王女』クリスティーナ・ドット

●『幸せを売る王女』クリスティーナ・ドット(MIRA文庫)
 スコットランドのある村にたどりついた女行商人の口上を聞いた領主のヘプバーン伯爵ロバートは、彼女にある役目を担わさせることを思いつく。だが実は彼女は、ピレネーの小国ボーモンターニュの第二王女クラリス。革命のため、英国へ妹とともに渡ったが、国からの連絡は途絶えたまま。今は王室秘伝の美容クリームを行商して何とか生活しているが、故国に帰ることをあきらめていない。("Some Enchanted Evening" by Christina Dodd,2004)
・〈ロスト・プリンセス・トリロジー〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル MIRA文庫 ★★☆ シリーズ

▲『虎の瞳がきらめく夜』マージョリー・M・リュウ

▲『虎の瞳がきらめく夜』マージョリー・M・リュウ(ヴィレッジブックス)
 休暇で訪れた北京の骨董市で、デラはある老女から奇妙なからくり箱を買う。箱を開けると、中から二千年の呪いに囚われた古代の戦士ハリが現れる。箱の持ち主となったデラの命令は彼にとって絶対のものだが、彼女は彼に何も命じない。("Tiger Eye" by Marjorie M. Liu,2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : パラノーマル ヴィレッジブックス ★★★☆

◆『ハネムーンで恋して』キャロリン・ゼイン

◆『ハネムーンで恋して』キャロリン・ゼイン(ハーレクイン)
 ジョージアは夏の休暇をつきあい始めたボーイフレンドと過ごす予定だったが、長いこと会っていない幼なじみカーターの相手をするように伯母から言いつかる。彼は昔と変わらぬさえない容貌のままだったが、会場内で立ち聞いた会話を話して聞かせると、突然様子が変わった。("Georgia Gets Her Groom!" by Carolyn Zane,2004)
・〈ブルーベイカーの花嫁〉シリーズ

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★ シリーズ

▼『燃える瞳の奥に』ルーシー・モンロー

▼『燃える瞳の奥に』ルーシー・モンロー(二見文庫)
 政府の防諜組織の事務官であるベスは、ある情報ブローカーのアジトに潜入捜査をすることになった。同僚のエージェント、イーサンと恋人同士を装って。二年前から彼のことが気になっているベスは落ち着かない気分になるが、それは彼女だけではなかった。("Satisfaction Guaranteed" by Lucy Monroe,2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★

●『メダリオンに永遠を誓って』ジュリー・ガーウッド

●『メダリオンに永遠を誓って』ジュリー・ガーウッド(ヴィレッジブックス)
 イングランド貴族の娘ブレンナは、父が決めた結婚のため、スコットランド領主マクネアの元への旅をしていた。そこに現れたのは、ハイランドの騎士コナー。幼い頃のブレンナがした求婚を叶えるためにやってきたと言う。だがコナーの本当の目的は、復讐のため、マクネアの花嫁を奪うことだった。("The Wedding" by Julie Garwood,1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ヴィレッジブックス ★★★

◆『炎に触れて』ヘレン・ビアンチン

◆『炎に触れて』ヘレン・ビアンチン(ハーレクイン文庫)
 夫であるラフの元を飛び出して2年。チェルシーは父から受け継いだ会社を立派に運営してきた。だが、そこへラフが突然訪ねてくる。投資家の間でささやかれている噂を断ち切るため、別居を解消し、表向きだけでも一緒に暮らそうと言うのだ。("Touch The Flame" by Helen Bianchin,1989)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『償いの結婚式』リン・グレアム

◆『償いの結婚式』リン・グレアム(ハーレクイン文庫)
 クリッシーは歳の離れた妹を1人で育てているが、仕事も家もなくし、途方に暮れていた。そんな彼女に手を差し伸べたのは、彼女の家族と数々の因縁がある貴族ブレイズ。彼は、妹をクリッシーの娘だと思ったようだが、彼女は否定しなかった。("Indecent Deception" by Lynne Graham,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『誘惑のエーゲ海』ジュリア・ジェイムズ

◆『誘惑のエーゲ海』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 売れない舞台女優のレアンドラは、友人でギリシャの富豪デモスのため、パーティーで彼の愛人役を引き受ける。意に添わない結婚を強要しようとする彼の祖父と従兄のテオは、そんな彼女をデモスから引き離すため、テオの島に彼女を隔離する。("The Greek Tycoon's Mistress" by Julia James,2003)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

▲『黄昏に眠る記憶』ジェイン・アン・クレンツ

▲『黄昏に眠る記憶』ジェイン・アン・クレンツ(MIRA文庫)
 インテリアデザイナーのゾーイは、顧客であるメイソン邸の寝室に入った瞬間、その壁から恐怖の波動を感じ取る。それを無視することができなかった彼女は、私立探偵のイーサンに、メイソン夫人の行方を捜索するよう依頼する。("Light In Shadow" by Jayne Ann Krenz,2002)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : パラノーマル MIRA文庫 ★★★

◆『妖精の子守歌』サンドラ・ブラウン

◆『妖精の子守歌』サンドラ・ブラウン(MIRA文庫)
 最愛の息子を失ったアーデンは、プロテニスプレイヤーのドルーをテレビで見かけた時からある計画を思いつく。妻を失い、失意の中、幼い息子とともに隠遁生活を送っていたドルーに、アーデンは偶然を装って近づく。("A Secret Splendor" by Sandra Brown,1983)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★

▽『百万ドルをとり返せ!』ジェフリー・アーチャー

▽『百万ドルをとり返せ!』ジェフリー・アーチャー(新潮文庫)
 老獪な詐欺師メトカーフの策略にひっかかり、油田の幽霊会社株に百万ドル分つぎこみ、一文無しになった4人の男たち。彼らは各々の専門技能を駆使し、メトカーフから「1ペニーも多くなく、1ペニーも少なくなく」金を巻き上げる計画を立てる。("Not A Penny More,Not A Penny Less" by Jeffrey Archer,1976)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ロマンス以外 新潮文庫 ★★★★★

●『恋におちた放蕩貴族』パトリシア・ワデル

●『恋におちた放蕩貴族』パトリシア・ワデル(オーロラブックス)
 若い頃は放蕩三昧だったウォルサム侯爵マーシャルも、最近は社交界にデビューした妹のつきそいばかり。結婚はしたくないが心休まる愛人が欲しい、と思っていた時、お針子のイヴリンに出会う。盗みの嫌疑をかけられて途方に暮れていた彼女に救いの手を差し伸べ、愛人になってほしいと口説き始める。("He Said Yes" by Patricia Waddell,2003)
・〈紳士クラブ〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル オーロラブックス(宙出版) ★★★★ シリーズ

▼『明日を追いかけて』リサ・マリー・ライス

▼『明日を追いかけて』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
 シャーロットは、父親殺しの汚名を着せられたまま、逃げ続けていた。たどり着いたのはメキシコの海辺の町。そこで彼女は、戦場で瀕死の重傷を負いながら懸命にリハビリを重ねるマットと出会う。("Pursuit" by Lisa Marie Rice,2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    05月 | 2009年06月 | 07月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ ★★★☆ ロマンス映画 ★★★★☆ サスペンス/ミステリ 新潮文庫 ★★★ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー シリーズ 資料用 ★★☆ 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス ヒストリカル フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス 扶桑社ロマンス ★★ MIRA文庫 ライムブックス ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫