01
2
3
5
8
11
12
20
25
27
29
   

△『高慢と偏見とゾンビ』ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス

△『高慢と偏見とゾンビ』ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス(二見文庫)
 18世紀末の英国。ベネット家の五人姉妹は、謎の疫病から発生したゾンビを退治する腕で名を馳せていた。が、母親の関心事は娘たちの結婚のことばかり。折しも近所に若い財産持ちの青年ビングリーが引っ越してくる。次女エリザベスは、ビングリーの友人である戦士ダーシーの高慢さに驚くが、彼は彼女の戦いぶりに興味を持つ。("Pride And Prejudice And Zombies" by Jane Austen and Seth Grahame-Smith,2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ロマンス以外 二見文庫 ★★★☆

□『ゴールデンスランバー』

『ゴールデンスランバー』2009(1/25試写会 1/30公開)
 久しぶりに大学時代の友人に呼び出された宅配ドライバーの青柳は、彼から奇妙な話を聞かされる。「俺はお前をここでこの車に乗せるためだけに来た」──直後、すぐ近くで爆発音が響き、首相の乗った車が吹き飛ぶ。警官たちは青柳の姿を認めると、躊躇なく拳銃を向けた。友人は言う──「逃げろ」。彼はそのまま走り出した。(監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ★★★

◆『あなたに包まれて』タミー・ホウグ

◆『あなたに包まれて』タミー・ホウグ(MIRA文庫)
 リンは、問題を抱える少女たちの更正施設“ホライズンハウス”のカウンセラー。施設の受け入れを反対する住民と対峙した時、颯爽と現れた上院議員エリックを白馬の騎士のように思いながら、彼の将来と自分の過去は相容れないものだとあきらめようとする。だが、エリックは彼女を理解しようと努力する。("The Last White Knight" by Tami Hoag,1992)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★

◆『孤独な富豪』ルーシー・ゴードン

◆『孤独な富豪』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 ホリーは一人で震えていた。恋人だと思っていた男にだまされ、警察に追われる身。列車内で姿を見つけられたら、もう逃げられない。ホリーはとっさに個室の中に入り込んだ。そこにいた小さな女の子の父親は判事だと言う。もうだめだ、と思ったホリーだったが、なぜか彼は彼女を警察からかばい、家へ連れていく。("One Summer In Italy…" by Lucy Gordon,2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『涙の色はうつろいで』キャサリン・コールター

●『涙の色はうつろいで』キャサリン・コールター(二見文庫)
 19世紀英国。父を亡くしたエリザベスは、何不自由ない生活から一変、無一文になり、性悪なおばの家にひきとられる。父の死に不審を抱いた彼女は弁護士を問いただし、アメリカで金鉱を営むディレイニーにだまされた末の自殺と知る。父を死に追いやった男に復讐を誓い、エリザベスはサンフランシスコへと旅立つ。("Midnight Star" by Catherine Coulter,1986)
・〈スター〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

相互リンクありがとうございます

 相互リンクのブログさんがまた増えましたー、ありがとうございます!ヽ(´ω`)ノ

 りらっくままさんの ロマンス覚え書き

 ロマンス小説、コミック、映画と多岐に渡ってレビューなさっています。
 私も映画の感想を書いていますが、最近一人で見る時間がないので相手に合わせた映画ばかり(いや、別に映画は何でも見るのでいいんですが)。恋愛ものとか見ていないので、「いつか見よう」と参考にさせていただいてます。
 これからもよろしくお願いいたします。

 今年も、少しずつお友だちを増やしたい……。ヘタレなので、なかなか勇気が出ないのですが…… |ω・`) web拍手 by FC2

●『いたずらな恋心』スーザン・イーノック

●『いたずらな恋心』スーザン・イーノック(二見文庫)
 19世紀初頭のイギリス。男装をして父の密輸業を手伝う“キット”ことクリスティンは、密輸を邪魔する英国貴族の正体を探るため、父によってエヴァートン伯爵アレックスの屋敷へ送り込まれる。彼はあっけなくキットの性別を見破るが、なぜかそのまま屋敷に滞在することを許す。("Lady Rogue" by Suzanne Enoch,1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆

DSハーレクインセレクション

 前々からハーレクインのサイトで告知されてきたニンテンドーDSで読むハーレクイン・ロマンス──ついに発売日が2/25と発表されたようです。
 正式なタイトルは『大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション』任天堂の公式サイトもあります。
 収録作品33冊中、既読が4冊しかないので、お得な気がする……。いや、大半読んでたとしても、ネタとして買いましょうが(^^;)。
 Wi-Fiに対応しているけど、何するのかな。新作丸々ダウンロードできたりとか? web拍手 by FC2

●『強引な婚約者』ジュリエット・ランドン

●『強引な婚約者』ジュリエット・ランドン(ハーレクイン文庫)
 豊かな荘園領主の娘マリエッタは、18歳になるが結婚する気がない。男に支配されるなどまっぴらと思っているのだ。彼女の結婚をあきらめた継母が実の娘であるエメリーンの相手として目をつけたのは、ソースゲルド城主アラン卿。だが、彼はマリエッタに興味を持ち、強引な求婚をする。("The Knight,The Knave And The Lady" by Juliet Landon,1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

ナンバーワンは誰だ

『パッション』を再読して、大好きなヒーロー5人の作品感想をブログに載せられたので、果たしてこの中の誰が“最愛の君”なのか、というのを決めたいと思います。
 自己満足な記事なので、ご注意ください(^^;)。

続きを読む

web拍手 by FC2

●『想いあふれて』リサ・クレイパス

●『想いあふれて』リサ・クレイパス(ライムブックス)
 19世紀英国。瀕死状態で真冬のテムズ川から引き上げられたのは、高級娼婦のヴィヴィアン。ボウ・ストリートの捕り手グラントは彼女を自宅へ連れ帰る。彼はかつて彼女にあらぬ噂を流され、侮辱されたのだ。この機を利用して、復讐してやろう──だが、目覚めた彼女は記憶を一切なくし、まるで別人のようだった。("Someone To Watch Over Me" by Lisa Kleypas,1999)
・〈ボウ・ストリート〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ライムブックス ★★★★ シリーズ

ついに来た!

 最近、よくブログ拍手をいただくのです。ありがとうございます。大変うれしいです(;_;)。

続きを読む

web拍手 by FC2

◆『白いドレスに憧れて』キャサリン・ガーベラ

◆『白いドレスに憧れて』キャサリン・ガーベラ(ハーレクイン)
 知人の結婚式に参加したカーラが、花嫁の幸せそうな姿を見て密かに涙を流していると、新郎の友人でスペイン貴族のギレルモがなぐさめてくれた。カーラは、式後のパーティで彼をダンスに誘う。そこへ現れた美しい女性のため立ち去ろうとすると、彼は突然彼女の手を取り、「カーラはぼくの婚約者だ」と言う。("The Spanish Aristocrat's Woman" by Katherine Garbera,2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

●『昼下がりの密会』トレイシー・アン・ウォレン

●『昼下がりの密会』トレイシー・アン・ウォレン(二見文庫)
 弟の借金の返済期限を延ばしてもらうため、資本家レイフの家を訪れた未亡人のジュリアナは、彼の危険な魅力に目を奪われる。彼は彼女に驚くべき申し出をする。六ヶ月、自分の愛人を務めたら弟の借金を精算してくれる、と──。("My Fair Mistress" by Tracy Anne Warren,2007)
・〈ミストレス〉三部作第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★ シリーズ

□『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010』

『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010』2009(09/12/12公開)
『仮面ライダーディケイド 完結編』──テレビで終わらなかったので、その続き。
『仮面ライダーW ビギンズナイト』──翔太郎とフィリップの出会いとおやっさんの話。
(あらすじ、またまたやる気なし……orz)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ★★☆

□『カールじいさんの空飛ぶ家』

『カールじいさんの空飛ぶ家』“Up”2009(09/12/5公開)
 カールは冒険好きだった子供時代に知り合ったエリーと結婚し、幸せに暮らしていた。しかし、エリーは病に倒れ帰らぬ人となる。一人になったカールは、家に無数の風船をくくりつけ、家ごと空に旅立つ。二人がずっと夢見てきた伝説の滝へと──。(監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 同時上映『晴れときどきくもり』“Partly Cloudy”)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ★★★★☆

◆『仮面紳士の誘惑』ジェイン・アン・クレンツ

◆『仮面紳士の誘惑』ジェイン・アン・クレンツ(ハーレクイン)
 株式ブローカーのダラは、上司から紹介された会計士のイエールとパーティを抜け出した。仕事の顧客としても魅力的だが、彼には紳士的に見えて実は隠している部分がある──それを聞きだそうと質問を重ねると、「おいで、好奇心旺盛な子猫ちゃん」彼はにやりと笑って、ダラを怪しげな酒場に導いた。("Reckless Passion" by Jane Ann Krentz,1982)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

●『パッション』リサ・ヴァルデス

●『パッション』リサ・ヴァルデス(二見文庫)
 1851年英国。未亡人のパッションは、ロンドン万博会場の水晶宮でマークと出会った。ひと目で惹かれあった二人は、展示品の巨大間仕切りの後ろで求め合う。名前も名乗らずその場限りのことだと思っていたのに再会し、募る想いは激しさを増していく。しかし二人は、パッションの又従姉妹の母とマークの母が企てた罠に、否応なく巻き込まれる。("Passion" by Lisa Valdez,2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★★

言いにくい……

 昨日、電話をしていて、珍しくロマンス小説の話になったのです。

続きを読む

web拍手 by FC2

●『あなたを夢みて』リサ・クレイパス

●『あなたを夢みて』リサ・クレイパス(ライムブックス)
 次作の取材のためロンドンを訪れた小説家のサラは、貧民街で何者かに襲われている男を助ける。彼の名はデレク・クレーヴン。捨て子として生まれ、裏稼業のすべてをやり尽くし、高級賭博クラブのオーナーにまで昇りつめた男。デレクは命を救ってくれたサラにクラブでの取材を許すが、彼自身は彼女を避けるようにふるまう。("Dreaming Of You" by Lisa Kleypas,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ライムブックス ★★★★★

●『あなたのすべてを抱きしめて』リサ・クレイパス

●『あなたのすべてを抱きしめて』リサ・クレイパス(ライムブックス)
 19世紀初頭のロンドン。乗馬や狩りを愛し、男性に混じって賭博も興じる美しい令嬢リリーは、妹が意に添わぬ結婚をさせられることを知り、その婚約者ウルヴァートン伯爵アレックスの屋敷に乗り込む。秘密を抱えたリリーにアレックスは惹かれるが、結婚の意思を曲げようとしない。彼にもそれにこだわる理由があったのだ。("Then Came You" by Lisa Kleypas,1993)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ライムブックス ★★★☆

2010年あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

続きを読む

web拍手 by FC2

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2010年01月 | 02月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫