03
1
5
12
14
20
27
   

◆『無邪気なシンデレラ』ダイアナ・パーマー

◆『無邪気なシンデレラ』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 飼料店で働くサッシーは、店長のセクハラに耐えながら、病気の母と幼い義妹を養うためがんばっていた。そこへやってきたのは、カウボーイのジョン。買い取られた近所の牧場の管理をまかされているという彼は、サッシーや家族の面倒を何くれと見てくれる。ジョンは彼女の素直で優しい性格に惹かれるが、自分の正体をなかなか明かせない。("Diamond In The Rough" by Diana Palmer,2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『甘美な代償』リン・グレアム

◆『甘美な代償』リン・グレアム(ハーレクイン)
 医師のエラは、事故死した姉夫婦の娘を何とか引き取れないかと、姪の後見人であるギリシア人の大富豪アリスタンドロスに会いに行った。七年前、エラは彼と恋に落ち婚約までしたが、彼が望む妻にはなれないことを悟り、別れたのだ。アリスタンドロスは彼女のその仕打ちを許していなかった。幼い姪をだしに、厳しい契約に縛られた愛人生活を要求してきたのだ。("The Greek Tycoon's Blackmailed Mistress" by Lynne Graham,2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

▲『パリは恋と魔法の誘惑』ケイティ・マカリスター

▲『パリは恋と魔法の誘惑』ケイティ・マカリスター(ハヤカワイソラ文庫)
 アシュリンは、伯父に頼まれてドラゴンをかたどった黄金の水差しを届けるため、パリへやってきた。だが、受取人の女性は魔法陣の中で殺されており、居合わせた謎の男性ドレイクに水差しを持ち去られてしまう。彼を探すため、怪しいクラブに潜入したり、大きな犬そっくりの魔物を召喚してしまったり、“ガーディアン”と呼ばれたり。その上、ドレイクの伴侶とまで言われて──。("You Slay Me" by Katie MacAlister,2004)
・〈アシュリン&ドラゴン〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : パラノーマル ハヤカワ文庫 ★★★ シリーズ

▲『愛をささやく夜明け』クリスティン・フィーハン

▲『愛をささやく夜明け』クリスティン・フィーハン(二見文庫)
 強いテレパシー能力を使って殺人事件の捜査を手伝ったレイヴンは、身体と心を癒すためにヨーロッパのカルパチア山脈へやってきた。そこで、果てしない孤独と疲れに苛まれる魂に触れ、思わず話しかけてしまう。相手は謎の種族“カルパチアン”の君主ミハイル。彼はレイヴンをライフメイトと確信し、自分のものにしようとする。("Dark Prince" by Christine Feehan,1999)
・〈闇の一族カルパチアン〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

●『罪深き愛のゆくえ』アナ・キャンベル

●『罪深き愛のゆくえ』アナ・キャンベル(二見文庫)
 1828年、ロンドン。魔性の女と言われる高級娼婦ソレイヤは、カイルモア公爵との愛人契約が切れた日に忽然と姿を消した。三ヶ月後、彼女は本名のヴェリティ・アシュトンとして田舎でひっそりと暮らし始める。だが、カイルモア公爵は彼女の居場所をつきとめ、荒涼としたハイランドの館へと連れ去る。("Claiming The Courtesan" by Anna Campbell,2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★

◆『思いがけない婚約』ペニー・ジョーダン

◆『思いがけない婚約』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 経済ジャーナリストのキャリーは8年前、サンタンデール公国の君主リュクと一夜をともにしたが、翌朝には彼の名付け親である伯爵夫人によって引き裂かれてしまった。彼女は自分の孫マリアとリュクを結婚させたかったのだ。だが、成長したマリアはキャリーの弟と結婚してしまう。リュクにそれを告げると、彼は冷ややかに言った。「では、きみに結婚してもらおう!」("The Blackmail Marriage" by Penny Jordan,2003)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『炎の髪の女』アマンダ・カーペンター

◆『炎の髪の女』アマンダ・カーペンター(ハーレクイン)
 ニューヨークでモデルとして活躍しているジェシカは、忙しい実業家ダミアンの恋人だが、二人の間には「お互いに束縛しない」という約束しか存在しない。それを証明するように、ダミアンは資産家の娘と結婚しようとしている。彼は結婚してもこのままの関係を続ける気かもしれないが、ジェシカはそんなことまっぴらだった。("Rage" by Amanda Carpenter,1986)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『カリブの夢』キャスリーン・コーベル

◆『カリブの夢』キャスリーン・コーベル(ハーレクイン文庫)
 上司の代わりに一週間のカリブ海クルーズに参加したケイトは、美しい海を目の前にしても仕事や試験のことが忘れられない。だが、クルーザーの船長ジャックに出会い、彼をスケッチしたくなる。それは、かつてあきらめた夢の再燃のように思えた──。("The Road To Mandalay" by Kathleen Korbel,1989)
・アンソロジー『真夏の恋の物語 あのバカンスをもう一度』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ アンソロジー

◆『サンフランシスコ物語』シェリル・ウッズ

◆『サンフランシスコ物語』シェリル・ウッズ(ハーレクイン文庫)
 キャリンは楽しみにしていたハワイへようやく行けることになった。だがウキウキして家へ帰る途中で、愛車が動かなくなってしまう。旅行をあきらめて通勤に必要な車を買うしかない。すっかり落ち込んで自動車販売店を訪れた彼女の姿に、オーナーで元カーレーサーのブラッドは心惹かれる。("A Bridge To Dreams" by Sherryl Woods,1989)
・アンソロジー『真夏の恋の物語 あのバカンスをもう一度』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ アンソロジー

◆『アテネに恋して』ノーラ・ロバーツ

◆『アテネに恋して』ノーラ・ロバーツ(ハーレクイン文庫)
 真面目な公認会計士レベッカは、育ててくれた自分とそっくりの伯母が亡くなった時、人生を変えようと決心し、家財を売り払い、全財産をおろしてヨーロッパに旅立った。たどりついたのはギリシアの高級リゾート、コルフ島。彼女はそこでゴージャスな男性ステファノスに声をかけられる。("Impulse" by Nora Roberts,1989)
・アンソロジー『真夏の恋の物語 あのバカンスをもう一度』

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ アンソロジー

◆『すばらしい時』デビー・マッコーマー

◆『すばらしい時』デビー・マッコーマー(ハーレクイン文庫)
 美女(ビューティ)と呼ばれて愛情深く育てられた海運王の娘ジュディは、保育士として充実した生活を送っている。だがある日、父と兄の会話を偶然耳にし愕然とする。野獣(ビースト)と評される資産家マクファーランドによって会社は倒産寸前に陥り、それを回避するためには自分が彼の島へと赴かなくてはならない──。("Some Kind Of Wonderful" by Debbie Macomber,1988)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

▼『かなわない愛に…』エリザベス・ローウェル

▼『かなわない愛に…』エリザベス・ローウェル(二見文庫)
 ジュエリーデザイナーのローレルの元へ、差出人不明の荷物が届く。中身はロシアの至宝、インペリアルエッグ。そしてその直後、何をやっているのかどこにいるのかいつもわからない父親が姿を現す。一方、インペリアルエッグを紛失したロシア美術の学芸員から依頼され、民間セキュリティ企業の要員であるクルツはローレルの家へ向かう。("Whirlpool" by Elizabeth Lowell,1995,2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★☆

▼『陽だまりのふたり』キャサリン・アンダーソン

▼『陽だまりのふたり』キャサリン・アンダーソン(二見文庫)
 牧場を経営するサマンサは、ロデオ競技会で馬を虐待する男を見つけ、抗議するが殴られてしまう。助けてくれたのは、獣医のタッカー。だがサマンサは、以前の悲惨な結婚経験から男性不信に陥っている。気になるけれど、彼には近寄らないようにしよう……。しかし、大事な馬が突然暴れだし、原因がわからない。サマンサは馬の治療に精通しているタッカーを頼るしかなかった。("Sun Kissed" by Catherine Anderson,2007)
・〈コールター・ファミリー〉シリーズ

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★☆ シリーズ

●『氷の伯爵』アン・グレイシー

●『氷の伯爵』アン・グレイシー(ハーレクイン)
 タリーは両親を失い、遠い親戚の屋敷で家庭教師をしていた。ある日、屋敷でホームパーティが開かれる。ダレンヴィル伯爵マグナスの花嫁探しのためだ。彼があげた花嫁の条件は「歯が丈夫で腰が大きく気性が穏やか」。繁殖用雌馬じゃあるまいし、とあきれたタリーだったが、なぜか選ばれたのは彼女自身だった。("Tallie's Knight" by Anne Gracie,2000)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆

◆『愛しすぎた結末』ジャクリーン・バード

◆『愛しすぎた結末』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 ペニーは、自分の23歳の誕生日に恋人のラウルから婚約指輪をもらえるのではないか、と期待していたが、彼は高価なブレスレットを手渡し、仕事のために外出してしまう。世界中を飛び回る彼についていくだけの生活に疑問を持ったペニーは、思い切って自分からプロポーズをする。だが、彼はそれを冷たく拒絶した。("Raul's Revenge" by Jacqueline Baird,1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『燃えさかる運命』キム・ローレンス

◆『燃えさかる運命』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 ベッカは、妹を妊娠させ捨てた男の盛大な結婚式に来ていた。流産した妹は、うちひしがれている。かわりに自分が復讐をしなければ──。式に忍び込み、真実を暴露しようと立ち上がりかけた時、肩に手が置かれた。「それはいい考えとは思えない」そう声をかけてきた男の名はクリストス。ベッカは彼の正体を知らなかった。("The Carides Pregnancy" by Kim Lawrence,2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

知らなかった……

 この間の日曜日、お散歩がてら行ったことのない図書館へ行ってきました。

続きを読む

web拍手 by FC2

▼『遠い夏の英雄』スーザン・ブロックマン

▼『遠い夏の英雄』スーザン・ブロックマン(ヴィレッジブックス)
 米海軍特殊部隊SEALの隊長トム・パオレッティ大尉は任務中に頭部を負傷し、30日の休養を命ぜられる。後遺症の頭痛やめまいが治らないのではないか、軍を追われるのではないか、という不安を抱えながら故郷へ戻った彼は、十代の頃から想いを寄せているケリーと再会する。だが、町で死亡したはずのテロリストを見かけたトムは、上司に連絡するが本気にされない。("The Unsung Hero" by Suzanne Brockmann,2000)
・〈トラブルシューター〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ ヴィレッジブックス ★★★★★ シリーズ

◆『激情の園』ミシェル・リード

◆『激情の園』ミシェル・リード(ハーレクイン)
 義妹の結婚式のため、マデリンは四年ぶりに故郷へ帰ってきた。かつての子供っぽい向こう見ずな娘はもういない。四年間、実母の元で自分を変えるべくがんばってきたのだ。人前でひどい言葉を浴びせ、私を傷つけた元婚約者ドミニックとの再会にも恐れていないはずだったのに──。("Passionate Scandal" by Michelle Reid,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『愛のファントム』アン・スチュアート

◆『愛のファントム』アン・スチュアート(ハーレクイン文庫)
 ミーガンは、建築会社を経営する父の代わりに建築家イーサンの屋敷を訪れた。父が起こしたビル崩落事故の証拠を、彼が握っているという。寂れた村に建つ異形の屋敷でイーサンは隠遁生活を送っており、自分の醜い姿を隠すように夜しか活動しないらしい。彼は、自分の代わりに娘を寄こした父をなじり、ミーガンを屋敷に幽閉する。("Night Of The Phantom" by Anne Stuart,1991)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

□『ハート・ロッカー』

『ハート・ロッカー』“The Hurt Locker”2008(3/6公開)
 2004年夏。イラクのバグダッド郊外で、米軍の爆発物処理班、ブラボー中隊による作業が行われていた。爆弾の処理は、常に死と隣り合わせの緊張を強いられる任務。慎重なスペシャリストでも命を失う。だが、殉職した班長の替わりにやってきたジェームズ軍曹は、基本的な安全対策もとらず、爆弾へ向かっていく。(監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ他)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ★★★☆

◆『六人目の花嫁』エマ・ダーシー

◆『六人目の花嫁』エマ・ダーシー(ハーレクイン)
 親友セリーヌの結婚式で、タミーはブライズメイドをつとめた。そこで出会ったのがセリーヌの兄フレッチャー。天才科学者で大金持ち、その上ハンサムな彼とパートナーになったタミーは心ときめくが、傲慢な彼は一夜の関係しか彼女に求めていないらしい。愛と信頼を望むタミーは彼の申し出をきっぱり断るが、二人目の親友の結婚式で再会してしまう。("Ruthless Billionaire, Forbidden Baby" by Emma Darcy,2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『もう一度あなたを』リサ・クレイパス

●『もう一度あなたを』リサ・クレイパス(ライムブックス)
 1832年の英国。名門マースデン家の長女アリーンは馬丁のマッケナと恋仲だったが、父に知られてしまい、彼女はマッケナを守るため、冷たく別離の言葉を告げる。それから12年後──アメリカで成功した実業家として、マッケナが再びアリーンの前に姿を現す。だが、彼に真相を伝えることはできない。その上、どうしても言えない秘密もあった。("Again The Magic" by Lisa Kleypas,2004)
・〈ボウ・ストリート〉〈壁の花〉シリーズ関連作

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ライムブックス ★★★☆ シリーズ

◆『いくつものジェラシー』ダイアナ・パーマー

◆『いくつものジェラシー』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 9年前、アントニアは故郷の町で、親友だと思っていたサリーから父の友人の愛人をしている、という噂を流された。婚約者のパウエルはその噂を信じて婚約を破棄し、サリーと結婚までしてしまう。今はアリゾナで教師をしているアントニアだが、医師から白血病だと告げられ、一人で暮らす父のため、二度と戻らないと決めたはずの故郷を目指す。("Maggie's Dad" by Diana Palmer,1995)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『疑われても』リリアン・ピーク

◆『疑われても』リリアン・ピーク(ハーレクイン)
 小説家を夢見るテリーは、ロンドンを離れてスコットランドへやってきた。ここで裕福な老婦人ミセス・スチュワートの秘書として働きながら、作品の構想を練るのだ。だが、ミセス・スチュワートの孫で科学者のブレンダンは、彼女に疑いの目を向ける。彼の研究が重要な段階に入っているからだ。("Innocent Deceiver" by Lilian Peake,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『流れ星に祈って』リンダ・ハワード

◆『流れ星に祈って』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 サラが密かに想いを寄せていた上司ロウムは、彼女の親友ダイアンと恋に落ち、幸せな家庭を築いた。だが二年前、ロウムは妻と子供たちを事故で失う。絶望の淵に落ち込んだ彼は、サラに救いを求めるが──。("Sarah's Child" by Linda Howard,1985)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★☆

◆『この愛はぜったい秘密』ミランダ・リー

◆『この愛はぜったい秘密』ミランダ・リー(ハーレクイン)
 サマンサはショービジネスのエージェントとして成功しているガイの秘書になって五年。その間、彼は自分と正反対の女性とばかりデートして、見向きもされない。サマンサはついに辞表を出すが、その直後ガイの父が倒れ、動揺した彼が妙なことを口走る。「結婚はしたくないが、子供を生んでくれる女性を探してほしい」──彼女はさりげなさを装って言った。「私ではどう?」("A Daring Proposition" by Miranda Lee,1992)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『グレイの瞳に花束を』ニコール・ジョーダン

●『グレイの瞳に花束を』ニコール・ジョーダン(ラベンダーブックス)
 19世紀ロンドン。ダンヴァース伯爵を受け継いだマーカスは、先代が後見していた三姉妹に高額な持参金をつけ結婚させようとしていた。それを聞きつけた長女のアラベラが彼の元へ訪れ、「結婚はしない」と宣言する。彼女はマナー学校を運営し自立しているのだ。そんな彼女にマーカスは衝動的にプロポーズをし、「2週間で君の気持ちを変えられなければ、君たち姉妹を自由にする」という賭けを申し出る。("To Pleasure A Lady" by Nicole Jordan,2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ラベンダーブックス(幻冬舎) ★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2010年03月 | 04月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫