12
10
14
16
24
26
   

2010年大みそかのご挨拶

 大みそかです。今日はさすがにいろいろ用事があるので、早い時間にご挨拶。
 今年もたくさんロマンス本が読めました。来年もこのペースを保てるといいなあ。
 映画は、もう少し見に行きたかった。夏に行こうとしていたものが、猛暑に阻止されるとは思わなんだ。あと、仮面ライダーの映画を見過ぎ、と我ながらあきれた(-ω-;)。
 来年は映画の本数を増やしたいです。見ていないDVDが家にいっぱいあるんだよね……orz

 コメントくださった方々、Twitterでお相手してくださった方々、ブログ拍手やランキングやアンケートにポチしてくださった方々、ありがとうございました。
 来年も楽しくマイペースに更新していこうと思っております。 web拍手 by FC2

◆『情熱の烙印』ナリーニ・シン

◆『情熱の烙印』ナリーニ・シン(ハーレクイン)
 ジェスは、生まれ育った牧場を守るため、裕福な牧場主であるゲイブとの契約結婚を承諾した。隣人だったのにほとんど知らないも同然の彼と結婚──だが、愛が入り込まなければ、かえって安全かもしれない。だが、結婚式直前にかつての恋人が妻と別居したことを知り、ジェスの心は揺れる。("Bound By Marriage" by Nalini Singh,2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

●『謎だらけの美女』エリザベス・ロールズ

●『謎だらけの美女』エリザベス・ロールズ(ハーレクイン)
 資産家で大地主のジャックは、ある朝散歩の途中で、見知らぬ女性とぶつかる。彼の横柄な物言いに臆せず応戦してくる様子に心惹かれるが、彼女は父のいとこドクター・ブラムリーの娘クレシダだった。二人はその後もことあるごとに衝突をする。("The Chivalrous Rake" by Elizabeth Rolls,2003)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

●『公爵の危険な情事』ロレイン・ヒース

●『公爵の危険な情事』ロレイン・ヒース(扶桑社ロマンス)
 1888年、ロンドン。伯爵の妹ルイザは、家の貧しさと26歳という年齢を鑑み、未婚女性の付添役として働く決心をする。最初は反対していた道楽者の兄は、彼女がアメリカ人資産家姉妹のために雇われると、妹に自分を推薦するよう頼み始める。それは彼の悪友ホークハースト公爵も同じだった。ホークの身分の高さは申し分ないが、素行の悪さからルイザは彼を推薦しなかったのだが──。("A Duke Of Her Own" by Lorraine Heath,2006)
・〈悪党と薔薇 "The Rogues & Roses"〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 扶桑社ロマンス ★★★★ シリーズ

●『最後の放蕩者』ニコラ・コーニック

●『最後の放蕩者』ニコラ・コーニック(ハーレクイン)
 ジャックは、おじを強請ろうとしている女を探しに、美術展へやってきた。そこで出会った女性に心惹かれるが、別れ際に名前を聞いて驚く。サリー・ボウズ? 彼女がおじを強請っているナイトクラブのホステスなのか? 彼は次の日クラブを訪れ、彼女を厳しく問いただすが──。("The Last Rake In London" by Nicola Cornick,2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★

□『バイオハザードIV アフターライフ』

『バイオハザードIV アフターライフ』“Resident Evil: Afterlife”2010(Blu-ray)
 全世界がT-ウィルスに侵され、アンブレラ社は東京渋谷の地下要塞でウェスカーの指示により、実験を続けていた。アリスはその要塞に侵入するが、ウェスカーには逃げられてしまう。その後彼女は、ラジオ放送を続ける“アルカディア”という感染のない安住の地を目指す。(監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウェントワース・ミラー、ショーン・ロバーツ他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★

●『忘れられない面影』キャサリン・コールター

●『忘れられない面影』キャサリン・コールター(二見文庫)
 1853年アメリカ、サンディエゴ。ギャンブラーのブレントは道ですれ違った娘バイロニーの純真さに心奪われる。だが、次に再会したのはサンフランシスコへ戻る船の上で、彼女は金持ちの男の妻になっていた。彼女も他の女と同じ、金目当てだったのか。それ以来、ブレントはバイロニーと顔を合わせるたび、辛辣な言葉を浴びせるようになる。("Wild Star" by Catherine Coulter,1986)
・〈スター〉シリーズ第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★ シリーズ

□『仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&W feat.スカル MOVIE大戦CORE』

『仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&W(ダブル) feat.スカル MOVIE大戦CORE』2010(12/18公開)
 照井と亜樹子の結婚式の当日。一緒にヴァージンロードを歩いてくれるはずの父がいないことに腹を立てた亜樹子は、謎のヤミーが持つガイアメモリの力で、10年前の父の姿を見る。一方、歴史上もっとも欲深い人間として鴻上ファウンデーションにより甦らされた織田信長は、映司と知り合い親しくなるが、彼は急速に現代の欲望を吸収していく。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

◆『新妻の嘆き』フィオナ・フッド・スチュアート

◆『新妻の嘆き』フィオナ・フッド・スチュアート(ハーレクイン)
 19歳のネーナは、両親を亡くして今は祖父と二人で暮らしている。だが、その祖父が末期ガンに冒され、余命幾ばくもないという。彼は、莫大な財産と事業を相続する孫娘を心から心配していた。ネーナを守る男が必要だと思った祖父は、親友の息子で実業家のラモンに白羽の矢を立てる。愛する祖父の最後の望みを叶えたいネーナは、その結婚を承知する。("The Society Bride" by Fiona Hood-Stewart,2004)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

▼『悲しみの夜が明けて』リサ・マリー・ライス

▼『悲しみの夜が明けて』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 武器商人として巨万の富を持つドレークには幾多の敵がいたが、その暗殺は成功したことがなかった。彼には、弱点が一つもなかったからだ。しかし、ニューヨークの画廊に隔週やってくる画家グレースを、路地裏からのぞき見る彼のことを知った敵対するルツコイは、彼女を利用しようとする。("Dangerous Passion" by Lisa Marie Rice,2009)
・〈デンジャラス〉シリーズ第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

□『キック・アス』

『キック・アス』“Kick-Ass”2010(12/18公開)
 デイヴはニューヨークに住むごく普通の高校生。コミックのスーパーヒーローに憧れている彼は、ネット通販で買った緑と黄色のスーツを着て、“キック・アス”と名乗り、街をパトロールし始める。でもとても弱いので、暴漢たちにボコボコにされたりするのだが、その映像がYouTubeに投稿され、一躍キック・アスは人気者になる。(監督:マシュー・ヴォーン 出演:アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=ブラッセ、マーク・ストロング、ニコラス・ケイジ他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

◆『罠に落ちたシンデレラ』ダイアナ・ハミルトン

◆『罠に落ちたシンデレラ』ダイアナ・ハミルトン(ハーレクイン)
 造園家のマディは、アテネに住む親友の邸宅で、ディミトリと出会った。マディは彼に恋をするが、大富豪である彼とはほとんど話さないまま、彼女はイギリスへ帰る。すると、彼はマディを追ってイギリスにやってきて、そのまま結婚。夢のような生活に心躍らせるが、アテネの屋敷で現実を思い知らされる。("The Kouvaris Marriage" by Diana Hamilton,2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『誘惑の森』キャシー・ウィリアムズ

◆『誘惑の森』キャシー・ウィリアムズ(ハーレクイン)
 エイミーはロンドンにある会社の社員食堂で働く料理人。慰労旅行のため、アメリカの社長宅に訪れた彼女は広大な庭で迷ってしまい、庭師らしき男ラファエルに助けられる。率直な性格の彼女は彼と話すうちに、社長のジェームズに憧れていることを言ってしまう。ラファエルがジェームズの兄で、会社の会長であることも知らずに。("Kept By The Spanish Billionaire" by Cathy Williams,2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『初恋のラビリンス』キャンディス・キャンプ

●『初恋のラビリンス』キャンディス・キャンプ(MIRA文庫)
 伯爵家の娘アンジェラは、馬丁の少年キャメロンと恋に落ちたが、祖父に知られ二人は引き裂かれる。金のため、資産家のダンスタン卿と結婚させられたアンジェラは13年後、スキャンダラスな離婚劇の末、実家へ戻っていた。そこにアメリカで富豪となったキャメロンが現れる。彼は彼女を妻にするため、伯爵家を困窮に追い込んでいた。("Impulse" by Candace Camp,1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル MIRA文庫 ★★★☆

◆『モンテカルロの宝石』ルーシー・ゴードン

◆『モンテカルロの宝石』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 デラは、モンテカルロの港に停泊している船にウェイトレスとして乗り込んでいたが、いかがわしいサービスを強要されそうになり、海へ身を投げた。ずぶ濡れのままカジノで領事館への道をたずねようとすると、突然見知らぬ男性が襲いかかってくる。彼の名はジャック・ブレン。“ごろつきジャック”の異名を持つ金融界の大物だった。("The Monte Carlo Proposal" by Lucy Gordon,2004)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『セラフィーナ』シルヴィア・アンドルー

●『セラフィーナ』シルヴィア・アンドルー(ハーレクイン)
 セラフィーナは型破りな父親に育てられたせいか、知性的だがおてんばな娘だ。そんな彼女でも家族のために結婚しないといけない状況に陥る。だがその縁談相手オールドワース男爵チャールズが求める花嫁は「家柄がよく、利口すぎず、従順でつつましやかで、気だてがよく、礼儀をわきまえていて、口答えせず、自分の方が正しいなどと思い上がったりすることもなく、金持ちの結婚相手を探していて、見目麗しい娘」。なんて高慢な要求だろう! そんな人、少しくらいだまされればいいのよ! 私が彼の理想の花嫁を演じて、結婚後にとんでもない妻を迎えてしまったと思い知らせてやるわ!("Serafina" by Sylvia Andrew,1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

●『初恋は秘めやかに』ダイアナ・パーマー

●『初恋は秘めやかに』ダイアナ・パーマー(ランダムハウス講談社)
 20世紀初頭のテキサス。レイシーは幼い頃から憧れていたコールと結婚したが、それは世間体を気にしてのものだった。戦争を経験して、彼はすっかり変わってしまった。出征する時は「待っていてくれ」と言ったのに、手紙も書いてくれず、帰ってきてからも避け続けていたのだ。でも、私は彼を愛している。何とかして彼の心をとらえることはできないだろうか──。("Lacy" by Diana Palmer,1991)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ランダムハウス講談社 ★★★★

◆『涙の手紙』キャロル・モーティマー

◆『涙の手紙』キャロル・モーティマー(ハーレクイン)
 ブライアナが21歳になってまもなく、ある弁護士事務所から手紙が届く。素っ気ない内容に首を傾げていると、父親が「お前の本当の母親に関係したことだろう」と言う。ブライアナは養女だが、愛情深い養父母に恵まれ、彼ら以外を親だと思ったことはない。だが、何事もはっきりさせないと気がすまない彼女は、弁護士事務所へアポなしで乗り込む。そこで弁護士のネイサンと出会い、実母が残した手紙の存在を知る。("Joined by Marriage" by Carole Mortimer,1998)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『苦いレッスン』ペニー・ジョーダン

◆『苦いレッスン』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 秘書のニコラは、新しくやってきた社長のマットを見て、息を呑んだ。8年前、私の純潔を奪った人! 彼女はそのことを恥じ入り、勤めていた会社を辞めて田舎へ帰ってきた。もう二度と会わないと思っていたのに……。けれど、彼はニコラに気づいていないようだった。("Past Passion" by Penny Jordan,1991)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『愛は喧嘩の後で』ヘレン・ビアンチン

◆『愛は喧嘩の後で』ヘレン・ビアンチン(ハーレクイン)
 アリーズは子供服のブティックを経営しながら、妹の遺児ジョージを育てている。ある日、弁護士からの呼び出しでオフィスへ赴くと、ジョージの父方の伯父アレクシと引き合わされる。富豪一族である彼の家に甥を取られてなるものかと反発するアリーズ。そんな彼女に、アレクシは突拍子もない提案をしてくる。「君がジョージと関われる方法は結婚しかない──僕とのね」("The Stefanos Marriage" by Helen Bianchin,1990)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

▼『離れないでいて』アン・メイジャー

▼『離れないでいて』アン・メイジャー(ハーレクイン)
 あんな女はロード家にふさわしくない。弟とシャイアン・ローズの結婚を阻止するため、カッターは彼女が滞在する島へと嵐の中、船を出した。だが、船は座礁し、シャイアンに助けられたカッターは、彼女を愛するようになる。だが、シャイアンは彼を選ばなかった。("Nobody's Child" by Ann Major,1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『ラブ・ミー』ベラ・アンドレイ

◆『ラブ・ミー』ベラ・アンドレイ(扶桑社ロマンス)
 ファッションデザイナーとして成功しているジャニカの家に、幼なじみで義兄でもある医師のルークが突然訪ねてくる。情熱的な一夜を過ごした二人だったが、ジャニカは秘めた想いを告白してしまう。だが、彼はそれに答えようとしない。("Love Me" by Bella Andre,2010)
・アンソロジー『クリスマス・エンジェル』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー 扶桑社ロマンス ★★★ アンソロジー

◆『ひれ伏した億万長者』リン・グレアム

◆『ひれ伏した億万長者』リン・グレアム(ハーレクイン)
 グエンナの父がある会社から横領の罪で告訴された。何とか取り下げてもらえないかとその会社を訪ねると、経営者のアンジェロ・リッカルディ自らが彼女を出迎える。数日前に偶然出会っていた二人だったが、アンジェロはグエンナにこう言い放つ。「きみが僕の愛人になるなら、告訴を取り下げてもいい」と。("The Italian's Inexperienced Mistress" by Lynne Graham,2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『月明りのくちづけ』トレイシー・アン・ウォレン

●『月明りのくちづけ』トレイシー・アン・ウォレン(二見文庫)
 意に染まぬ結婚から逃れるため、リリーは嵐の海に身を投げた。冷酷な継父が、これを本物の自殺と信じてくれれば──。彼女は男装してロンドンを目指す。しかし、その道中で出会ったヴェッセイ侯爵イーサンに見破られてしまう。("The Accidental Mistress" by Tracy Anne Warren,2007)
・〈ミストレス〉三部作第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

●『あなたの心が知りたくて』スーザン・イーノック

●『あなたの心が知りたくて』スーザン・イーノック(二見文庫)
 公爵家の次男レイフは、軍隊を辞したのち、再び異国へ旅立とうとしていたが、先立つものがない。だが、あるギャンブルで掛け金代わりに土地の権利書を手に入れる。この領地を売って金を作ろうと考えた彼を迎えたのは、ひどく荒廃した屋敷だった。しかも自分の屋敷のはずなのに、そこにいた女に殴られ縛られ──頭のおかしい男呼ばわりされた!("Taming Rafe" by Suzanne Enoch,1999)
・〈バンクロフト・ブラザーズ "The Bancroft Brothers"〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

◆『ジェサミンのクリスマスの贈り物』N・J・ウォルターズ

◆『ジェサミンのクリスマスの贈り物』N・J・ウォルターズ(扶桑社ロマンス)
 クリスマス・イブ、気まずくなっている恋人のため、ジェサミンはセクシーなランジェリーを身につけ、彼の家で待っていた。車の音、鍵をはずす気配──私を見て、少しでもロマンティックな気分になってくれるといいのだけれど。だが、現れたのは恋人ではなく、町の新しい保安官ケイレブだった。("Jessamyn's Christmas Gift" by N. J. Walters,2005)
・アンソロジー『クリスマス・エンジェル』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー 扶桑社ロマンス ★★★☆ アンソロジー

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2010年12月 | 01月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★ ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ★★★☆ ロマンス映画 ★★★ ヒストリカル ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫