07
3
4
5
10
13
15
22
23
25
31
   

拍手御礼 '11/7/30

 忙しいような、忙しくないサボっているような(´∀`;)。
 それでも、まだ本を読んでブログを書く時間は確保しています。先月はつらかったわー。・゚・(ノД`)・゚・。
 今日はダイアナ・パーマーの文庫新刊を買ってきました。早く読みたいけど、そういうわけにもいかないのであった……。

 いつも拍手やランキング投票等、ありがとうございます。
 以下はお礼です。『架空の恋人』にコメントくださった方へ。

続きを読む

web拍手 by FC2

◆『気高き愛人』ジャクリーン・バード

◆『気高き愛人』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 博物館で研究員をしているサリーの最大の悩みは、病気の母のこと。余命いくばくもない母のため、不実な父親を今日こそ見舞いに連れていかなければ。そう決心して父の会社へおもむくと、そこを買収したばかりの実業家ザックに出会う。彼はサリーを誘惑しようとするが、他のことにかまっていられない彼女はすげなく突っぱねる。("Untamed Italian, Blackmailed Innocent" by Jacqueline Baird, 2010)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『架空の恋人』ヘレン・ブルックス

◆『架空の恋人』ヘレン・ブルックス(ハーレクイン)
 社長秘書のジーナは、社長の息子ハリーに一年間片想いしていた。だが、彼は決して振り向いてはくれない。つらい想いを断ち切るため、長年勤めた会社を辞めてロンドンへ移ろうとしているジーナに、彼は問う。「ここを出ていくのは、恋人に裏切られたせいか?」──彼女が思い浮かべたのは、ハリー自身だった。「違うわ。関係を終わらせたいと決めたのは私の方よ」("The Billionaire Boss's Secretary Bride" by Helen Brooks, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『捨てたはずの愛』ヘレン・ビアンチン

◆『捨てたはずの愛』ヘレン・ビアンチン(ハーレクイン)
 シャネイは四年前、夫で大富豪マルチェロの愛人問題で揉め、マドリッドの家を飛び出した。オーストラリアに戻り、娘と二人で静かに暮らしていたが、ある日義弟夫妻と偶然に鉢合わせしてしまう。妊娠を隠していたことが、マルチェロに知られてしまう……!("The Martinez Marriage Revenge" by Helen Bianchin, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『愛は砂の城』キャロル・モーティマー

◆『愛は砂の城』キャロル・モーティマー(ハーレクイン)
 プロデューサーの夫と離婚した女優のカイロは、南仏の別荘で姪とともにつかの間の休息を楽しんでいた。そこへ現れたのは、八年前に別れた恋人レイフ。俳優兼映画監督である彼は、カンヌ映画祭へ出席するためにやってきたのだ。("Bedded For The Spaniard's Pleasure" by Carole Mortimer, 2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

▲『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』ゲイル・キャリガー

▲『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪(おとな)う』ゲイル・キャリガー(ハヤカワ文庫FT)
 異界族の存在を受け入れた19世紀のロンドン。突然、人狼や吸血鬼が人間に戻り、幽霊が消滅する事態が起こる。そんなことができるのは反異界族の者だけだ。疑われたアレクシア・マコン伯爵夫人は謎を解くため、スコットランドへ旅立った夫を追って、飛行船に乗り込む。("Changeless" by Gail Carriger, 2010)
・〈英国パラソル奇譚〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル ハヤカワ文庫 ★★★☆ シリーズ

◆『秘密めいた再会』ジャクリーン・バード

◆『秘密めいた再会』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 大学生だった頃、フィービーはギリシアの大富豪ジェド・サビデスとつきあっていた。初めての恋に夢中だった彼女は、彼が妊娠を喜んでくれると思っていたが、彼から返ってきたのは「子供は僕の予定表にはない」という非情な言葉。フィービーは流産し、彼の元を去った。それから5年──二人はあるパーティーで再会する。彼女にはジェドに絶対知られたくない秘密があった。("The Sabbides Secret Baby" by Jacqueline Baird, 2010)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

□『ブリット』

『ブリット』"Bullitt" 1968(DVD)
 サンフランシスコ市警の警部補ブリットは、チャーマース上院議員から聴聞会証人の護衛を命じられる。ロスというその男はマフィアの裏切り者だったが、なぜか監視の目をかいくぐり殺し屋の侵入を許して、命を落とした。ブリットは裏に何かあると踏み、ロスの死を隠したまま捜査を続ける。(監督:ピーター・イエーツ 出演:スティーヴ・マックイーン、ロバート・ヴォーン、ジャクリーン・ビセット、ロバート・デュバル他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

▲『地上に降りた天使』キャロル・モーティマー

▲『地上に降りた天使』キャロル・モーティマー(ハーレクイン)
 クリスマス直前、ある男性の元へ派遣された天使のベス。母親が事故で入院したので、元夫ニックのところに預けられた子供たちの世話だ。いつも失敗ばかりだが、今度はうまくいきそう。だが、次第にベスは、心を閉ざしたニックを助けることが本当の使命ではないか、と思い始める。("Heavenly Angels" by Carole Mortimer,1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『過去からの誘惑者』キャロル・モーティマー

◆『過去からの誘惑者』キャロル・モーティマー(ハーレクイン)
 ケータリングサービスを営むジェーンは、あるパーティーで仕事中、ガブリエルに出会った。三年前に私の人生を奪った男。以来、ジェーンは名前や髪の色を変え、別人として生きてきたのに……。その上、彼はジェーンに気づかないまま、何度も誘おうとする。断っても断っても。("A Yuletide Seduction" by Carole Mortimer, 1999)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

□『マイティ・ソー』

『マイティ・ソー』"Thor" 2011(7/2公開)
 現代、アメリカ・ニューメキシコ州。天文物理学者のジェーンは、空から落下してきた男を発見する。彼は、かつてこの地球を巨人の侵略から救い、神話にもなったアスガルドの王オーディンの息子ソー。傲慢なふるまいを父にとがめられ、彼の武器であるムジョルニアとともに地球へ追放されたのだ。(監督:ケネス・ブラナー 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、浅野忠信、アンソニー・ホプキンス他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

●『花嫁の憂鬱』ヘレン・ディクソン

●『花嫁の憂鬱』ヘレン・ディクソン(ハーレクイン)
 イギリスで生まれ育った令嬢クリスティーナは、おてんばで気性の激しい生き生きとした少女。このまま愛する両親と兄に囲まれた楽しい毎日を過ごすと思っていたのに、マックスというイタリア人男性が現れてから一変する。実は養女であることも、イタリアに戻りマルケージ伯爵の花嫁になることも知らなかったクリスティーナは、伯爵本人であるマックスに強く反発する。("Scandalous Secret, Defiant Bride" by Helen Dickson, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

◆『悪魔に捧げた純潔』サラ・クレイヴン

◆『悪魔に捧げた純潔』サラ・クレイヴン(ハーレクイン)
 ナターシャは親を亡くしたあと、ギリシアの養父の元で育てられたが、養父の死後、家族で経営してきた海運会社が傾き始めた。自立して家事代行業を営んでいたナターシャはロンドンから呼び戻され、時間稼ぎのため、ライバル会社社長アレックスへの結婚申込書にサインしろと義兄たちに迫られる。不本意ながら家族のためならとサインしたが──。("The Innocents Surrender" by Sara Craven, 2009)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『偽りのハッピーエンド』ジェニー・ルーカス

◆『偽りのハッピーエンド』ジェニー・ルーカス(ハーレクイン)
 アンナは実業家ニコスの秘書をしていた時、彼との一夜の過ちから妊娠してしまう。ニコスは彼女の仕事を辞めさせ、屋敷に幽閉する。しかも、新しい秘書との浮気を聞かされ、悩んだアンナは臨月の身体のまま、彼の元から逃げ出した。だが、故郷ロシアの曾祖母の城にたどりついた時、ニコスに追いつめられてしまう。("The Greek Billionaire's Baby Revenge" by Jennie Lucas, 2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『いとしき悪魔のキス』アニー・ウエスト

◆『いとしき悪魔のキス』アニー・ウエスト(ハーレクイン)
 最愛の父が亡くなり、たった一人になったアントニアは、父の借金や亡母の名を冠した財団の資金繰りに困ったあげく、実業家レイフ・ベントンから提案された愛人の道を選ばざるを得なくなる。彼は勝手に借金を肩代わりして、突然その申し出をしてきたのだ。彼の意図はわからないが、もう仕方がない。私は金で買われた女なのだから……。("The Billionaire's Bought Mistress" by Annie West, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『天使と悪魔の結婚』ジャクリーン・バード

◆『天使と悪魔の結婚』ジャクリーン・バード(ハーレクイン)
 一族が主催する慈善仮装パーティで真っ赤な悪魔の扮装をしたエミリーは、黒衣の天使に扮した実業家アントンと出会い、あっという間に恋に落ち、結婚した。だが新婚旅行中のささいな口論から、アントンは結婚の真意をエミリーにぶちまけてしまう。彼はある復讐のため、彼女に近づいたのだ。("The Billionaire's Blackmailed Bride" by Jacqueline Baird, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『信じることができたなら』スーザン・イーノック

●『信じることができたなら』スーザン・イーノック(二見文庫)
 その美貌と奔放な振る舞いから社交界で“女狐(ヴィクスン)”と呼ばれている伯爵令嬢ヴィクトリアは、あるパーティーで悪名高き放蕩者アルソープ侯爵シンクレアとみだらなキスをしているところを父親に目撃され、彼と結婚するはめに陥った。だが、夫婦になってから二人はお互いの意外な面を知ることになる。("Meet Me At Midnight" by Suzanne Enoch, 2000)
・〈リング・トリロジー〉第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★ シリーズ

メールのお返事です

 暑い……暑いです。
 暑いと読書が進まない……orz いや、それは内容のせいなのか(^^;)。
 予定では今日一冊読み終えて感想書いて、そのあとは図書館で仕入れたハーレをガツガツ読む予定だったのですが、暑さと湿気にぼんやりしたまま午後が過ぎていきます……。

 拍手やランキングなどにポチしていただいて、いつもありがとうございます~。
『嫉妬』についてメールをいただきましたので、そのお返事を。

続きを読む

web拍手 by FC2

◆『嫉妬』シャーロット・ラム

◆『嫉妬』シャーロット・ラム(ハーレクイン文庫)
 病気の母の世話をしているローラは、幼なじみの医師トムが働いている荒れた地区の見学をしている時、見知らぬハンサムな男性にキスされてしまう。トムを愛しているローラだったが、その男性には思いもよらぬ情熱を覚えてしまう。しかも二度と会わない人だと思っていたのに、彼は父が働く会社の新社長ランドールだった。("Disturbing Stranger" by Charlotte Lamb, 1978)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『誘惑のルール』サブリナ・ジェフリーズ

●『誘惑のルール』サブリナ・ジェフリーズ(扶桑社ロマンス)
 冒険に強いあこがれを持つ伯爵令嬢アメリアは、舞踏会でルーカスという厳しい風貌のアメリカ軍将校に興味を持つが、ほどなく彼が密命捜査中で、自分の継母ドリーのことを調べていると知る。そんな……きっとドリーとは別人のはず。アメリアは事情を探るために彼に近づくが、ルーカスもまた彼女から情報を得たいと思っていた。("Never Seduce A Scoundrel" by Sabrina Jeffries, 2006)
・〈淑女たちの修養学校〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 扶桑社ロマンス ★★★★ シリーズ

□『スカイライン ―征服―』

□『スカイライン ―征服―』"Skyline" 2010(6/18公開)
 友人テリーのバースデイパーティーのため、ロサンゼルスを訪れたジャレッドとエレインは、翌朝青白い光に起こされる。その光を見たジャレッドは光の中に吸い込まれそうになるが、すんでのところで引き戻される。だが街の上空では、巨大な未確認飛行物体が青白い光によって大量の人々を吸い上げていた。(監督:ストラウス兄弟 出演:エリック・バルフォー、スコッティ・トンプソン、ドナルド・フェイソン他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2011年07月 | 08月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫