03
2
4
5
7
8
9
12
16
18
19
20
22
23
25
27
28
29
30
   

●『薔薇色の女神』キャンディス・キャンプ

●『薔薇色の女神』キャンディス・キャンプ(MIRA文庫)
 モアランド公爵家の次女キリアは、母や姉に代わり妹の結婚式を仕切っていた。変人揃いの公爵家で采配をふるえるのは彼女だけだ。式は無事に終わったが、披露パーティーの最中に見知らぬ外国人男性が殺されるという事件が起こる。彼はキリアに、黒い石がはめこまれた美しい象牙の箱を託そうとしたらしい。男性を見つけた公爵家の客人でアメリカ人のレイフが、象牙の箱の調査に協力を申し出る。("Beyond Compare" by Candace Camp, 2004)
・〈モアランド公爵家の秘密〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル MIRA文庫 ★★ シリーズ

◆『見せかけの結婚』ミシェル・リード

◆『見せかけの結婚』ミシェル・リード(ハーレクイン文庫)
 両親を失ったクレアは、大学を中退し、まだ赤ん坊の妹を一人で育てていた。そこへ母方の伯母が訪ねてきて、妹を養子に出せと言う。伯母が立ち去ったあと、忘れ物に気づいたクレアは、フラットから飛び出し、車に轢かれてしまう。居合わせた伯母の雇い主アンドレアスは怪我をしたクレアを自分の屋敷に連れていき、「当分の間、ここにいるといい」と言う。("The Tycoon's Bride" by Michelle Reid, 2000)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

◆『恋人はスパイ?』リリアン・ピーク

◆『恋人はスパイ?』リリアン・ピーク(ハーレクイン)
 優秀なタイピストであるアリシアは、ボーイフレンドからの別れの手紙に涙しながら、街を歩いていた。ホテルのレストラン前にたたずんでいた彼女に声をかけたのは、務めている会社の社長トッドだった。彼は雨に濡れたアリシアを部屋に招き、食事をごちそうしてくれる。次の日から、彼女は社の機密文書をまかされるようになるが、なぜかトッドの視線が日に日に冷たくなる──。("A Secret Affair" by Lilian Peake, 1982)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

●『待ちきれなくて』リンゼイ・サンズ

●『待ちきれなくて』リンゼイ・サンズ(二見文庫)
 1815年、英国。公爵の兄を戦争で亡くしたマギーは、遺された屋敷を維持するため、兄が戦前からやっていた覆面記者になりきる。折しもロンドンでは正体不明の高級娼婦レディXの話題で持ちきりだ。彼女の部屋の隣で、マギーはどうやって脱出しようかと悩んでいた。やっとのことで娼館から出たところで、突然の拉致。犯人はマギーの兄から彼女の面倒を見てほしいと頼まれたラムジー卿ジェイムズ──彼はなぜか、マギーをレディXと勘違いしていた。("The Reluctant Reformer" by Lynsay Sands, 2002)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆

◆『シチリアの苦い果実』ルーシー・モンロー

◆『シチリアの苦い果実』ルーシー・モンロー(ハーレクイン)
 内気で純真なホープがひそかにあこがれているのは、シチリア人実業家ルチアーノ。私のような地味で奥手な女の子など相手にしない、と思っていたのに、なぜかホープの旅行中に突然現れ、求婚するような素振りを見せる。ときめくホープだが、それには彼女の祖父とルチアーノの策略があるとは知らなかった。("The Sicilian Marriage Arrangement" by Lucy Monroe, 2004)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『いわれなき罰』ミシェル・リード

◆『いわれなき罰』ミシェル・リード(ハーレクイン)
 結婚を数週間後に控えたナターシャは、婚約者が妹と情事に及んでいるのを目撃してしまう。ショックを受けた彼女を慰めたのは婚約者の兄レオ。しかし彼は、ナターシャと弟が仕組んだことに気づくと態度を一変させる。彼女にはまったく身に覚えのないことだったが、レオは信じてくれなかった。("The Geek's Forced Bride" by Michelle Reid, 2008)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

□『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』"Sherlock Holmes: A Game Of Shadows" 2011(3/10公開)
 ヨーロッパ中を騒がしている連続爆破事件のため、政情が不安定なロンドンで、名探偵シャーロック・ホームズは事件の真の犯人に気づく。政府の要人であり、天才的な数学者でもあるモリアーティ教授だ。ホームズとワトソンは、手がかりの糸口となるロマのシムとともに、パリへ向かう。(監督:ガイ・リッチー 出演:ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、ノオミ・ラパス、ジャレッド・ハリス他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

◆『償い』マーガレット・パージター

◆『償い』マーガレット・パージター(ハーレクイン文庫)
 父親の会社にパートナーとして入り込んできたスタインに、ヘレンは激しく反発する。父と彼に腹を立てフランスへ家出した彼女は、そこで一年働き、反省して帰郷した。だが、迎えに来たのは父ではなくスタイン。しかも彼は、こう言い放った。「君のパパはなくなったよ。葬儀は明日だ」("Chains Of Regret" by Margaret Pargeter, 1983)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

今日は&拍手御礼

 震災から一年が立ちましたね。
 特番とかいろいろテレビでやっていましたけど、見るとますますしょんぼりしてしまうので、いつもどおりに過ごしました。
 一年前の記事(翌日)も読んでみた。あの時書いたエピソードは、リサ・クレイパスのだそうですね。

 一年たっても、私は何もできなかったな、と日々考えつつ──数十年たった時、「あの時、変わったんだよね」とのちの人たちが気づくようになっていけばいいな、とも思います。

 続きはお礼です。『放蕩貴族ナイジェルの窮地』に拍手くださった方へ。

続きを読む

web拍手 by FC2

●『伯爵の情熱は海をこえて』ロレイン・ヒース

●『伯爵の情熱は海をこえて』ロレイン・ヒース(オーロラブックス)
 1880年、ロンドン。レイヴンリー伯爵の継娘ローレンは、テキサスでの初恋の相手トム・ウォーナーと再会する。10年前、母に連れられ英国へやってきたローレンは、手紙をくれないトムの仕打ちに悲しみ、せめてなつかしいテキサスへ帰ろうと計画していた。その彼が、実は伯爵だったなんて──。("Promise Me Forever" by Lorraine Heath, 2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル オーロラブックス(宙出版) ★★★★

●『放蕩貴族ナイジェルの窮地』ヴィクトリア・アレクサンダー

●『放蕩貴族ナイジェルの窮地』ヴィクトリア・アレクサンダー(MIRA文庫)
 子爵の長男であるナイジェルは、いずれは貴族の義務として、結婚のち跡継ぎをもうけなくてはならないとわかってはいたが、今はまだそんなことは考えられない。それまでは思い切り自由を謳歌したい。そんな考えのつけが回ってきた夜、彼は伯爵令嬢のフェリシティと出会う。彼女が彼を「運命の人」と思ったのは、星に願いをかけたとたん魔法のように現れたから──。("What A Lady Wants" by Victoria Alexander, 2007)
・〈独身貴族同盟〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル MIRA文庫 ★★★☆ シリーズ

◆『百合の女』インディア・グレイ

◆『百合の女』インディア・グレイ(HR by HARLEQUIN)
 親友の恋人が主催した仮装舞踏会で、リリーはトリスタンに出会った。影のある彼の「今夜は一人になりたくない」という言葉に誘われ、リリーは一夜をともにする。だが、二ヶ月後、思いがけなく再会したトリスタンは、よそよそしく冷たかった。あの夜に命を授かったリリーは、子供以外に望むものはないはずだったが──。("Spanish Aristocrat, Forced Bride" by India Grey, 2009)(※旧タイトル『スペインの侯爵』)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『初めてのときめき』パトリシア・ウィルソン

◆『初めてのときめき』パトリシア・ウィルソン(ハーレクイン)
 父を亡くしたセーラは、彼の最後の願いを叶えるため、フランスに渡った。父の20年来の愛人セリーヌに会うのだ。二人は心から愛し合っていたが、結婚には至らなかった。セリーヌの息子アルマンは母が愛人の娘に会うことを反対し、セーラに対しても冷たく当たる。("Burden Of Innocence" by Patricia Wilson, 1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2012年03月 | 04月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫