07
2
4
5
6
7
9
16
20
23
27
28
30
   

□『ダークナイト ライジング』

『ダークナイト ライジング』"The Dark Knight Rises" 2012(7/28公開)
 ゴッサム・シティーからバットマンが消えて8年。ブルース・ウェインは身も心もボロボロになり、隠遁生活を送っていた。ハーヴィー・デントの名を冠した法により犯罪者は次々と捕らえられていたが、街は奥深くで病み、そこからテロリストのベインが現れる。彼の地下基地にいち早く飛び込んだゴードン本部長は傷つき、ブルースに訴える。「今こそ闇の騎士(ダークナイト)が必要だ」──。(監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、ゲイリー・オールドマン、トム・ハーディー、アン・ハサウェイ、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★★

肉体労働?&拍手御礼

 ちょっと公私ともに忙しくなってまいりました。
 何とかヒマを見つけて本を読みたいのですが、部屋の大がかりな片づけ(もうはみ出た本に目をつぶっていられずorz)などやっていると、とにかく眠たい。
 暑さと相まって、疲れがたまりそう……。
 更新の頻度が下がる可能性が高いですが、一ヶ月くらいで何とかなるとは思います。ていうか、何とかしないとヤバい(´ω`;)。

 続きはお礼です。『ジェイン・エア』に拍手くださった方へ。

続きを読む

web拍手 by FC2

□『メリダとおそろしの森』

『メリダとおそろしの森』"Brave" 2012(7/21公開)
 スコットランドのある王国の王女メリダは、おしとやかにするより森で弓矢を射つ方が好きなおてんばな女の子。そんな彼女にとって、近隣の領主の息子たちとの縁談話は我慢ならなかった。「私は自由に生きたい! 自分の運命は自分で決める!」──そう母に訴えても聞いてもらえないメリダは、森で魔女に出会い、願いを叶えてもらうが、それにはある代償があった。(監督:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン)
・同時上映『ニセものバズがやってきた』『月と少年』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

□『おおかみこどもの雨と雪』

『おおかみこどもの雨と雪』2012(7/21公開)
 両親を亡くし、一人で苦労しながら大学へ通う花は、ある日教室に入り込んで講義を聞く青年に出会う。次第に惹かれ合う二人。だが、彼には秘密があった。「俺はおおかみおとこなんだ」──それでも、花は彼を受け入れ、やがて二人の間に“おおかみこども”の雨と雪姉弟が生まれるが……。(監督:細田守 声の出演:宮崎あおい、大沢たかお、菅原文太、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

●『結婚は赤い糸のきまぐれ』ジャネット・ムラニー

●『結婚は赤い糸のきまぐれ』ジャネット・ムラニー(ラズベリーブックス)
 シャーロットは、親友アンの結婚式でシャドリー子爵と出会った。伯爵であるアンの夫と友人の彼は、放蕩者との噂だ。自分のような平凡な娘には縁のない人と思っていたら、なぜか彼と結婚することになってしまう。("Improper Relations" by Janet Mullany, 2010)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ラズベリーブックス ★★

寒い夏&拍手御礼

 夏休み(いや、私は別に休んでいませんが)なのに、寒い……。東京、寒すぎる……。
 この時期、エアコンつけないで窓を閉めるなんてこと、ついぞなかった。
 気をつけていないと体調崩してしまいます(´・ω・`)。暑くてもそうなんだけど。
 ポンコツな身体にはつらい夏になりそうだ(´Д`;)……。

 続きはお礼です。『恋はほのかな幻』に拍手くださった方へ。

続きを読む

web拍手 by FC2

▼『三つ首塔』横溝正史

▼『三つ首塔』横溝正史(角川文庫)
 両親を亡くし、伯父の家にひきとられた宮本音禰(おとね)はある日、外国に住む遠縁男性・佐竹玄蔵の財産を全額相続する権利があると聞かされる。ただしそれは、玄蔵の決めた相手との結婚が条件だという。あまりのことに驚く音禰の周りで次々と殺人事件が起こる。彼女はいくつもの名を持つ得体のしれない男と行動をともにする羽目に陥り、次第に彼に惹かれていく。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル13)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 角川文庫 ★★★★☆ シリーズ

●『ジェイン・エア』シャーロット・ブロンテ

●『ジェイン・エア』シャーロット・ブロンテ(光文社古典新訳文庫)
 幼くして両親を亡くしたジェインは、引き取られた伯母の家になじめず、養育院に預けられる。そこで教師として勤めたのち、裕福なロチェスター家の家庭教師として働くことになる。("Jane Eyre" by Charlotte Bronte, 1847)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル その他の出版社 ★★★★★

■『ワンダーランド駅で』

『ワンダーランド駅で』"Next Stop, Wonderland" 1998(DVD)
 ボストンで暮らす看護師のエリンは、同棲相手と別れたばかり。母や同僚からは恋人を見つけろと言われるけれど、まだその気になれない。配管工のアランは、夢だった海洋生物学者を目指して大学に通っている。二人はいつも利用するワンダーランド駅ですれ違う。(監督:ブラッド・アンダーソン 出演:ホープ・デイヴィス、アラン・ゲルファント、フィリップ・シーモア・ホフマン他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ロマンス映画 ★★★☆

◆『情熱の報い』ミランダ・リー

◆『情熱の報い』ミランダ・リー(HR by HARLEQUIN)
 有名ワイナリーの娘アンジェリーナは、16歳の時に未婚の母になった。息子アレックスの父親は、不良少年のジェイク。アンジェリーナの父親の逆鱗に触れ、以来二人は離ればなれに。だが16年後に、偶然ジェイクがワイナリーへやってくる。昔の危険な雰囲気はそのままに、敏腕弁護士となって。("The Passion Price" by Miranda Lee, 2004)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『いいがかり』ペニー・ジョーダン

◆『いいがかり』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン文庫)
 ロンドンでオートクチュールのブティックを経営しているデザイナーのインディアは、得意客と一緒にやってきた実業家のサイモンからいわれのない非難を受ける。どうも彼は、インディアと友人であるメルフォードが愛人関係だと思っているらしい。メルフォードはさておき、彼女にやましいところは一つもない。サイモンにも関係ないことだ。だが、彼は執拗に彼女を責め続ける。("An Unbroken Marriage" by Penny Jordan, 1982)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

夏休み目前&拍手御礼

 割と落ち着いて日々を過ごしているので、本も読めています。
 拍手も、スパムなのかないページヘのものもなくなってきた。様子を見て、変化のあるランキングに戻すかどうか決めようと思っています。

 ところで、暑くなってきたと思っていたら、もう学校は夏休みの時期じゃないですか!(゚Д゚)
 もしかして、最近『高慢と偏見』へのアクセスが増えているのは、夏休みの宿題──読書感想文のせい!?
 ……違うな、多分(^^;)。
 ここはあんまり健全な本がないレビューブログだからな。許せるのは『高慢と偏見』『青い城』『トマシーナ』くらい?
『プリンセス・ブライド』とか高校生くらいならすごくおすすめだけど、古本でしか手に入らないしなあ(´・ω・`)。
 夏休み特集として、『ジェイン・エア』のレビューとか書こうかしら。二年くらい前に新訳を買って読んだんだけど。
 他にもよさそうなの──って、健全な本のストックはほとんどないんですが(´д`;)。

 続きはお礼です。『死者の短剣 旅路』と、『もう一度あなたと』に拍手くださった方々へ。

続きを読む

web拍手 by FC2

◆『パリの王子さま』ブリタニー・ヤング

◆『パリの王子さま』ブリタニー・ヤング(ハーレクイン文庫)
 駐仏大使の娘ジュリアナは、両親の結婚記念日を祝うため、フランスへやってきた。父の友人であるブルニエ公爵アランがパーティ会場として提供してくれたシャトーに、公爵は一人で住んでいるという。森で彼に出会ったジュリアナは、自分の運命の人だと確信し、彼にも告げるが、公爵は彼女を遠ざける。("The Ambassador's Daughter" by Brittany Young, 1990)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

□『HACHI 約束の犬』

『HACHI 約束の犬』"Hachiko: A Dog's Story" 2009(DVD)
 アメリカ東海岸郊外にあるベッドリッジ駅から勤め先の大学へ通うパーカー・ウィルソン教授は、ある夜、駅で迷子の仔犬を拾う。首輪に漢字の「八」というタグがついていたことから、仔犬は「ハチ」と名づけられ、ウィルソン家で飼われることになる。ハチはパーカーを朝駅まで見送り、夕方には迎えに来る。その習慣は、パーカーが倒れても変わらなかった。(監督:ラッセ・ハルストレム 出演:リチャード・ギア、ジョーン・アレン、サラ・ローマー他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

□『フォーガットン』

『フォーガットン』"The Forgotten" 2004(DVD)
 14ヶ月前、9歳の息子を飛行機事故で亡くしたテリーは、毎日アルバムやビデオで思い出に浸る日々を送っていた。だがある日、そこから息子の姿が消えていた。夫は「うちには子供はいない」と言うし、精神科の医師も彼女の記憶を否定する。そんなはずはない。私の息子は絶対に存在していた──!(監督:ジョセフ・ルーベン 出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、アンソニー・エドワーズ他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★

◆『恋はほのかな幻』シャーロット・ラム

◆『恋はほのかな幻』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 出演映画の成功により注目を集めている女優のクリスティは、カンヌ映画祭に来ていた。連日友人のジギーとともにパーティーや昼食会に出ていたが、一人の酔客とトラブルになった時、記者に写真を取られてしまう。でたらめな記事と一緒に載せられたその写真を見て、クリスティの別れた夫ローガンがやってくる。「息子はこんな環境で育つべきじゃない」──失敗に終わった結婚を思い出し、クリスティは怒りに震える。("A Naked Flame" by Charlotte Lamb, 1984)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

△『死者の短剣 旅路』ロイス・マクマスター・ビジョルド

△『死者の短剣 旅路』ロイス・マクマスター・ビジョルド(創元推理文庫)
 湖の民ダグは、妻である地の民フォーンの故郷の農場で戦いの傷を癒してから、海を見たことのない妻を連れて旅へ出る。新婚旅行のはずなのに、なぜかフォーンのすぐ上の兄がついてきたり、川を下る平底船が思いの外大所帯になったり──。そしてダグは、医術の匠を目指す気持ちを漠然と持ちながら、地の民たちに治療を施す。("The Sharing Knife:Passage" by Lois McMaster Bujold, 2008)
・〈死者の短剣〉シリーズ第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 創元推理文庫 ★★★★ シリーズ

□『アメイジング・スパイダーマン』

『アメイジング・スパイダーマン』"The Amazing Spider-Man" 2012(6/30公開)
 幼い頃、父と母と別れ伯父夫妻の元で育ったピーター。高校生になった彼は、両親の失踪に疑問を抱き、父の友人であったコナーズ博士に会うため、オズコープ社へ潜入する。そこで研修生をしていたのは、クラスメートのグウェンだった。(監督:マーク・ウェブ 出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス、デニス・リアリー、マーティン・シーン、サリー・フィールド他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

▼『愛は弾丸のように』リサ・マリー・ライス

▼『愛は弾丸のように』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 死期の迫る父の介護をしながら翻訳会社を立ち上げ、毎日懸命に働くニコール。そんな彼女の前に現れたのは、同じビル内でセキュリティ会社を経営しているサムだった。鍵をなくして困っているニコールを助け、食事に誘ってくれたが、彼女の生活に恋愛が入る余地はない……。("Into The Crossfire" by Lisa Marie Rice, 2010)
・〈プロテクター〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★★ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2012年07月 | 08月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫