11
1
2
3
4
6
8
9
12
13
14
15
16
18
19
20
21
24
25
27
28
29
   

◆『夜明けを待ちわびて』J・R・ウォード

◆『夜明けを待ちわびて』J・R・ウォード(MIRA文庫)
 金融界でのめざましい活躍により、富と名声を手に入れたショーンは、ある夜、長年疎遠だった父の死を知る。知らせてくれたのは、父の家の一階を借りている看護師のリジー。彼女から聞く父の姿は、まるで別人のようだった。自分たち兄弟は、父の酒と暴力に怯えて暮らしていたというのに──。("The Billionaire Next Door" by J. R. Ward, 2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★★

●『ふたたび、恋が訪れて』カーラ・ケリー

●『ふたたび、恋が訪れて』カーラ・ケリー(ラベンダーブックス)
 19世紀、英国ヨークシャー。ロクサーナは半年前に牧師の夫を亡くし、娘二人と悲しみに暮れていた。亡夫の兄ホイットコム卿からは、自分の屋敷に住まわせるかわりに愛人になれと言われている。そんなことはできない……何とか自立しなければ。そんな時に見つけたボロボロの家屋は、ウィン侯爵フレッチャー・ランドの領地にあった。ロクサーナと娘たちは急いでその家へ移り住む。("Mrs. Drew Plays Her Hands" by Carla Kelly, 1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ラベンダーブックス(幻冬舎) ★★★★☆

◆『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』E・L・ジェイムズ

◆『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』E・L・ジェイムズ(早川書房)
 卒業間近の女子大生アナが、若き大富豪クリスチャン・グレイに出会ったのは、ルームメイトの代わりに行ったインタビューの時だった。こんな美しい人とは、もう二度と会えないだろう、と思っていたが、再会はすぐに訪れた。急速に惹かれ合う二人だったが、彼はアナに思いがけない“契約”を持ちかける。("Fifty Shades Of Grey" by E. L. James, 2011)
・〈フィフティ・シェイズ〉三部作第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハヤカワ文庫 ★★★☆ シリーズ

□『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』2012(11/17公開)
 衛星軌道上に隠されたエヴァンゲリオン初号機から救出された碇シンジ。アスカやミサト、リツコと再会するが、意識のない間に起こった出来事を知らされて衝撃を受ける。その時、レイが自分を呼ぶ声が聞こえ、シンジは彼女とともにネルフ基地へ向かう。(総監督:庵野秀明 声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、三石琴乃、石田彰、坂本真綾、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

●『恋泥棒に魅せられて』ジュリー・アン・ロング

●『恋泥棒に魅せられて』ジュリー・アン・ロング(二見文庫)
 両親を亡くしたリリーは、幼い妹を養うため、スリになった。ある日、身なりのいい紳士から金時計を抜こうとした時、腕をつかまれる。彼は法廷弁護士のギデオン。二人が再会したのは、リリーがまたスリに失敗した時だった。ギデオンは彼女を救い出し、突拍子もない計画に巻き込もうとする。リリーを極上のレディに仕立て上げ、彼が狙う侯爵令嬢の嫉妬心を煽ろうというのだ。("To Love A Thief" by Julie Anne Long, 2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★

◆『トム・ウォーカー』ダイアナ・パーマー

◆『トム・ウォーカー』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 テキサス州ジェイコブズビルに住み、高級ブティックを経営するイリージアは、かつての上司トム・ウォーカーが町で投資コンサルタントとして開業したことを知る。二人は六年前、最悪な形でベッドをともにし、別れていた。彼女はその後、ジェイコブズビルに帰って結婚し、娘が生まれている。だがその娘は、今は亡き夫の子ではなかった。("Tom Walker" by Diana Palmer, 1997)
・アンソロジー『ウエディング・ストーリー2007 愛は永遠に』
・〈テキサスの恋〉シリーズ第18作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ アンソロジー シリーズ

●『誇り高き結婚』モーリーン・チャイルド

●『誇り高き結婚』モーリーン・チャイルド(ハーレクイン)
 1875年、コロラド州。南北戦争が終わって以来、山の中で世捨て人のような生活を送っているジャクソンの元に、突然花嫁が現れた。ジャクソンの花嫁を募集する広告に応募したモリーは、本人が欠席のまま彼の弟ルーカスを代理にして結婚し、彼の住む小屋へ向かった。熱を出している“夫”を看病する彼女を、ジャクソンはベッドに引っぱりこんだ。("Jackson's Mail-Order Bride" by Maureen Child, 2001)
・アンソロジー『ウエディング・ストーリー2007 愛は永遠に』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ アンソロジー

●『魅惑の花嫁』スーザン・マレリー

●『魅惑の花嫁』スーザン・マレリー(ハーレクイン)
 1875年、コロラド州。元教師のエミリーは、酒場の経営者ルーカスから思いがけない取引を持ちかけられた。彼は伯父からの遺産相続の条件として、結婚をしなければならない。エミリーは酒場の二階にホテルを開きたいと思っているので、そのかわりに便宜上の結婚をしないか、と──。("Lucas's Convenient Bride" by Susan Mallery, 2001)
・アンソロジー『ウエディング・ストーリー2007 愛は永遠に』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ アンソロジー

●『エルサレムの騎士』マーゴ・マグワイア

●『エルサレムの騎士』マーゴ・マグワイア(ハーレクイン)
 騎士のアレックスは、友人の修道士ロジャーから託された聖遺物を持ってイギリスへ帰ってきた。これを届けたらフランスへ行って、修道士として亡き妻子のため生きよう──そう思っていた彼の前に、修道女見習いのルーシーが現れる。彼女に付き添って旅をするうちに、アレックスの決心は揺らいでくる。("The Virtuous Knight" by Margo Maguire, 2003)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2012年11月 | 12月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫