12
1
3
5
6
8
9
11
13
15
18
19
24
25
27
   

2012年大みそか&拍手御礼

 今年も一年、当ブログに来訪いただきまして、ありがとうございました。拍手やTwitterなどでの感想もありがとうございます!
 はー、今年も図書館のハーレクインを制覇できなかった……。とはいえ、目標達成よりもマイペースに楽しく更新できることの方が重要ですから、来年も焦らず読みます。
 さー、これからKindleでロマ本を漁ろうっと(´д`*)。新年のお出かけ時に本を持たないようにしたいのですよ。

 では、今年最後のお礼です。『私のプリンス』に拍手くださった方へ。

続きを読む

web拍手 by FC2

■『ジェーン・エア』

『ジェーン・エア』"Jane Eyre" 2011(DVD)
 幼くして両親を亡くしたジェーンは、引き取られた伯母の家になじめず、養育院に預けられる。そこで教師として勤めたのち、裕福なロチェスター家の家庭教師としてソーンフィールド館で働くことになる。雇主のエドワードに惹かれるジェーン。だが、彼にはある秘密があった。(監督:キャリー・ジョージ・フクナガ 出演:ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー、ジェイミー・ベル、ジュディ・デンチ他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ロマンス映画 ★★★★

◆『純愛の城』ペニー・ジョーダン

◆『純愛の城』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 祖父母の遺灰を故郷に埋葬するため、ルイーズはシチリア島へやってきた。ここには苦い思い出しかない。10年前──18歳の頃、家族で滞在していた時、彼女はある過ちを犯した。それに対して、父は怒り、住民からは蔑みの言葉を投げつけられた。ルイーズはこの島の領主ファルコナリ公爵シーザーと一夜をともにしただけなのに……。("A Secret Disgrace" by Penny Jordan, 2012)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

▼『私のプリンス』スーザン・ブロックマン

▼『私のプリンス』スーザン・ブロックマン(MIRA文庫)
 アメリカ親善ツアー中のウスタンジア皇太子の暗殺未遂事件が起こり、米海軍特殊部隊SEALs所属のジョー・カタラノット大尉が呼ばれる。彼が皇太子と瓜二つの容貌から、替え玉にして犯人のテロリストを逮捕するという作戦だ。皇太子のメディアイメージ・コンサルタントであるヴェロニカは、粗野なジョーをたった二日で完璧なプリンスに仕立てあげなくてはならなくなった。("Prince Joe" by Suzanne Brockmann, 1996)
・〈危険を愛する男たち〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ★★★★ シリーズ

□『ホビット 思いがけない冒険』

『ホビット 思いがけない冒険』"The Hobbit: An Unexpected Journey" 2012(12/14公開)
 ホビット庄で平穏な暮らしをするビルボ・バギンスは、灰色の魔法使いガンダルフの企みにより、むりやり「忍びの者」としてドワーフたちの旅に参加することになる。彼らの目的は故郷をドラゴンから取り返すためだ。ドワーフ一族の王トーリンが一行を率いて、はなれ山エレボールを目指す。(監督:ピーター・ジャクソン 出演:マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、イアン・マッケラン、アンディ・サーキス、ケイト・ブランシェット他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

◆『エスメラルダの初恋』ベティ・ニールズ

◆『エスメラルダの初恋』ベティ・ニールズ(ハーレクイン)
 有能で人望厚い看護師のエスメラルダが26歳まで恋愛経験がなかったのは、足が不自由なせいで気後れしてしまうからだった。だが、最近若い研修医レスリーがデートに誘ってくれるようになった。野心的な彼は、自分の妻となる女性は社交的にも活発な人がいいと言う。たとえば、ダンスやテニスができるような──。エスメラルダは彼のために、オランダからやってきた医師バムストラがすすめる足の手術を受けようと決心する。("Esmeralda" by Betty Neels, 1976)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

多忙な師走&拍手御礼

 師走な上に、仕事も忙しいです(´・ω・`)。
 まだ映画の『ジェーン・エア』も見てない……。早く見たい……。

 続きはお礼です。『心があなたを忘れても』に拍手くださった方へ。

続きを読む

web拍手 by FC2

□『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』

『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』2012(12/8公開)
 今から五年後の2017年。高校教師になった仮面ライダーフォーゼこと如月弦太朗はクラスの問題児である三郎たちが超能力者であり、ゾディアーツに協力していることを知る。一方現在の2012年、仮面ライダーウィザードこと操真晴人は、無限にモンスターを生み出すマシンを見つける。(監督:坂本浩一 出演:白石隼也、福士蒼汰、吉沢亮、奥仲麻琴、須賀健太、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★☆

◆『さまよえる砂漠の王』キャロル・マリネッリ

◆『さまよえる砂漠の王』キャロル・マリネッリ(ハーレクイン)
 ハイダル王国の女王ライラは、許婚であるクセイ王国国王ザヴィアンとの婚礼の日を迎えた。ずっと昔から決められていたことではあったが、二人はほとんど会ったことがなかった。初めて会った時、ザヴィアンはライラがいないかのようにふるまった。だが、彼女はこの結婚をちゃんとしたものにしたいと思っている。たとえ夫のふるまいに謎があろうとも──。("Wedlocked: Banished Sheikh, Untouched Queen" by Carol Marinelli, 2010)
・〈シークの憂い〉第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ シリーズ

◆『心があなたを忘れても』マヤ・バンクス

◆『心があなたを忘れても』マヤ・バンクス(ハーレクイン)
 マーリーは、世界展開するホテルの経営者クリュザンダーの子を身ごもった。迷いながらもその事実をクリュザンダーに打ち明けようとした時、彼から会社の情報を外部に流していたと責められる。憶えのないことに戸惑うマーリーだったが、そのままアパートを追い出されてしまう。そして三ヶ月後──クリュザンダーは変わり果てた彼女と再会する。("The Tycoon's Pregnant Mistress" by Maya Banks, 2009)
・〈我が一族アネキタス〉第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ シリーズ

◆『愛したのは私?』リン・グレアム

◆『愛したのは私?』リン・グレアム(ハーレクイン)
 ルーシーは、双子の姉シンディの代わりに、グァテマラにやってきた。姉の亡夫父の隣人ホアキンから義父が病気だという知らせが届いたからだ。姉は再婚の準備に忙しく、ルーシーは彼女の懇願に負けてしまった。だが、現れたホアキンから姉のやってきたことを暴露され、義父に無心した金を返済する念書にサインするまで監禁されてしまう。本当のことを話しても信じてくれそうにない……どうしたらいいの?("Don Joaquin's Pride" by Lynne Graham, 2000)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『愛なきハネムーン』リン・グレアム

◆『愛なきハネムーン』リン・グレアム(ハーレクイン)
 ギリシア人大富豪の養女イオーネは、父親から結婚相手を勝手に決められた。自分の会社を大きくすることしか考えていない養父は、ビジネス界で頭角を現しているアレクシオ・クリストウラスキを娘婿に選んだ。だが、これはイオーネにとってチャンスだ。幽閉生活からやっと逃れられる。彼女は新婚旅行先から逃げ出した。目指すは赤ちゃんの頃に別れた双子の姉の元だ。("The Heiress Bride" by Lynne Graham, 2002)
・〈華麗なる転身〉第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ シリーズ

◆『危険すぎる契約』リン・グレアム

◆『危険すぎる契約』リン・グレアム(ハーレクイン)
 倒産寸前の小さなケータリング会社を経営しているミスティは、大企業重役のレオーネから思いがけない仕事を依頼される。それは彼の恋人のふりをするというもの。会社のため、背に腹は代えられないミスティは渋々それをのむが、レオーネは頑としてその理由を明かそうとはしなかった。("The Disobedient Mistress" by Lynne Graham, 2002)
・〈華麗なる転身〉第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ シリーズ

◆『シークの略奪愛』アニー・ウエスト

◆『シークの略奪愛』アニー・ウエスト(ハーレクイン)
 海洋考古学者のベルは、海で調査中に同僚とともに誘拐された。助けにやってきたのは、クアルーム国の君主ラフィーク。彼が犯人へ身代金として差し出したものは、金ではなかった。そのために、ベルはラフィークと結婚することになってしまう。("The Sheikh's Ransomed Bride" by Annie West, 2007)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

◆『花嫁と呼ばれる日』エマ・ダーシー

◆『花嫁と呼ばれる日』エマ・ダーシー(ハーレクイン)
 死の淵にいる弟の告白を聞き、ルチアーノは愕然とする。元妻スカイの不貞は仕組まれたものだって? 彼女の言うことを信じられず、離婚したのは間違いだというのか──。彼は6年ぶりにスカイを探しだす。彼女は誰の援助も受けず、一人でルチアーノの息子マットを育てていた。("The Italian's Stolen Bride" by Emma Darcy, 2005)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

●『秘密の花嫁』ローズマリー・ロジャーズ

●『秘密の花嫁』ローズマリー・ロジャーズ(マグノリアロマンス)
 一代で財産を築いた商人ドブソンは、社交界での立場を手に入れるべく、娘タリアをアッシュコーム伯爵ガブリエルの弟と結婚させようとする。父の言いなりのまま結婚式に挑んだタリアだったが、当日花婿は姿を現さなかった。怒り狂ったドブソンは、伯爵に代わりに結婚しろと迫る。彼はその脅迫をのみ、妻となったタリアを田舎の領地に追いやってしまう。("Bride For A Night" by Rosemary Rogers, 2011)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル マグノリアロマンス ★★★☆

□『007 スカイフォール』

『007 スカイフォール』"Skyfall" 2012(12/1公開)
 トルコでの任務中に行方不明になり、人知れず潜伏していた007ことジェームズ・ボンドは、MI6への爆破攻撃を耳にし戻る決心をする。潜入捜査官の極秘ファイルをネットに公開した犯人を追い、ボンドは上海へ向かう。(監督:サム・メンデス 出演:ダニエル・クレイグ、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、アルバート・フィニー他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★ 資料用

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2012年12月 | 01月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    シリーズ ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ コンテンポラリー ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ ★★★ ロマンス映画 ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫