05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
19
21
22
24
25
26
28
29
31
   

●『愛を知った侯爵』シェリー・トマス

●『愛を知った侯爵』シェリー・トマス(集英社ベルベット文庫)
 レンワース侯爵フェリックスは幼少時の苦い経験から「愛は人を無力にする」と知った。17歳から人生をやり直した彼は“理想の紳士”と言われるが、彼の正体に気づく者はいない。それを見抜いたのは、家族のため裕福な男性と結婚する必要のあるルイーザだった。彼はルイーザに関心を持つが、彼女は侯爵が自分のような貧しい娘と結婚するとは思っていなかった。("The Luckiest Lady In London" by Sherry Thomas, 2013)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 集英社文庫 ★★★★☆

▼『情熱は嵐のように』リサ・マリー・ライス

▼『情熱は嵐のように』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 元海兵隊員のマイクは“兄弟”たちとセキュリティ会社を営んでいるが、ある日そこへ思いがけない客がやってきた。“兄弟”の一人ハリーの生き別れた妹クロエだ。ひと目で惹かれたマイクだったが、ある事件を機にハリーから「クロエには近づくな」と釘をさされてしまう。("Nightfire" by Lisa Marie Rice, 2012)
・〈プロテクター〉シリーズ第3作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★☆ シリーズ

◆『脅迫』ペニー・ジョーダン

◆『脅迫』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 資産家の娘サマーは、18歳の時、婚約者の勤めるホテルでカメラマンのチェイス・ロリマーと出会った。婚約者からのひどい裏切りで傷ついたサマーは、チェイスとともに出かけ、そこで思いもよらぬ写真を撮られてしまう。五年後、父親の新しい仕事が話題になり、サマーも父とともにマスコミに取り上げられると、チェイスが彼女の前に現れる。「あの写真をばらまかれたくなければ、僕と結婚しろ」と──。("Desire Never Changes" by Penny Jordan, 1986)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

●『拾われた1ペニーの花嫁』カーラ・ケリー

●『拾われた1ペニーの花嫁』カーラ・ケリー(MIRA文庫)
 老婦人のコンパニオンをしている未亡人のサリーは、ようやく着いたデヴォンジャーの町で仕事を失ったことを知る。もうお金もない……これからいったいどうしたらいいの? 夫が自殺し、息子も失って五年、つらいばかりの毎日だった。途方に暮れた彼女に、結婚相手にすっぽかされた海軍提督のチャールズが「便宜上の結婚をしないか」と驚くような申し出をした。("The Admiral's Penniless Bride" by Carla Kelly, 2011)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル MIRA文庫 ★★★★

■『世界にひとつのプレイブック』

『世界にひとつのプレイブック』"Silver Linings Playbook" 2012(AIVレンタル)
 妻の浮気により精神のバランスを崩したパットは、ようやく措置入院から解放され、両親の家へ戻る。接近禁止命令が出ているにもかかわらず、妻との復縁を執拗に望む彼の前に現れたのはティファニー。彼女もまた、夫の死から立ち直っていなかった。(監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、クリス・タッカー、ロバート・デニーロ他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆ ロマンス映画

▼『隠れ家の天使』チェリー・アデア

▼『隠れ家の天使』チェリー・アデア(ランダムハウス講談社)
 T-FLAC工作員のジェイクは山中の隠れ家に身を潜めていた。内部の誰かにはめられ、命の危険にさらされているのだ。そこに現れたのは、プログラマーのマーニー。彼女もまた人生の岐路に立たされていた。しかしジェイクは、彼女がスパイである疑惑を拭うことができない。("Kiss And Tell" by Cherry Adair, 2000)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ランダムハウス講談社 ★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2014年05月 | 06月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫