07
1
2
6
7
9
11
12
13
14
15
16
21
22
23
24
27
29
31
   

◆『結婚の名のもとに』ルーシー・ゴードン

◆『結婚の名のもとに』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン文庫)
 秘書のアシスタントをしているブリオニーは、ある日、社長カーライルの娘エマと出会う。二人はたちまち仲良くなるが、カーライルから彼女の命はあとわずかということを聞かされる。娘の望むことをなんでも叶えたいと思うカーライルから、結婚してエマの母親になってほしいと言われる。だがブリオニーには、幼い妹を亡くしたつらい記憶があった。("For The Love Of Emma" by Lucy Gordon, 1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『ボスへの想い』ダイアナ・パーマー

◆『ボスへの想い』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 秘書のバイオレットは、ボスである弁護士のブレイクに恋をしている。しかし彼は、若い頃に失った恋人のことが忘れられず、バイオレットを拒否するような態度をとる。傷ついた彼女は弁護士事務所を辞め、ブレイクと犬猿の仲であるデュークの牧場に転職してしまう。("Boss Man" by Diana Palmer, 2005)
・〈テキサスの恋〉シリーズ第32作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

▼『黒の微笑』アン・スチュアート

▼『黒の微笑』アン・スチュアート(MIRA文庫)
 アメリカ人のクロエは、パリで通訳や翻訳をして暮らしている。ある日、ルームメイトから臨時の仕事を代わってくれと頼まれる。郊外のシャトーで行われる食品業者の会議での通訳だ。そこで出会ったのは、危険な黒い瞳の男、バスチアンだった。("Black Ice" by Anne Stuart, 2005)
・〈アイス〉シリーズ第一作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ★★★☆ シリーズ

□『ゴジラ GODZILLA』

『ゴジラ GODZILLA』"Godzilla" 2014(7/25公開)
 1999年、謎の巨大生物を調査する芹沢猪四郎博士は、フィリピンである生物の化石を発見する。同じ年の日本では大地震が発生し、原子力発電所に勤務するブロディは技術者の妻を無くす。それから15年後──ブロディの息子フォードは、軍の勤務から帰ったばかりだというのに、発電所事故の真相を探って逮捕された父親を引き取るため、日本へ向かう。ブロディは息子の制止も聞かず、立入禁止区域に侵入する。つかまった二人が見たのは、繭のような巨大生物と、芹沢博士だった。(監督:ギャレス・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、ブライアン・クランストン、エリザベス・オルセン他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

◆『孤独という名の仮面』エリザベス・ローウェル

◆『孤独という名の仮面』エリザベス・ローウェル(MIRA文庫)
 ステンドグラス作家エンジェルの元に、亡くなった婚約者の弟デリーが怪我をした、という連絡が入る。連絡をくれたのは、バンクーバー島にあるデリーの土地を買うため下見に来ていた実業家ホーク。エンジェルは、デリーの代わりに島を案内することになる。("A Woman Without Lies" Elizabeth Lowell, 1985, 1995)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★☆

人気作&拍手御礼

 記事ランキングとかアクセス解析をどう利用したらいいのか、さっぱりわからない私。
 けど、アフィリエイトもしてないしな……。アクセスを増やしたいとか全然思っていないのです。自己満足のブログだし。
 ただ一つわかっているのは、記事ランキングにシャーロット・ラムの『もう一度結婚』が常にランクされているということ。
 いろいろ記事が入れ替わる中、これとアン・グレイシーの『氷の伯爵』は必ずある。
『氷の伯爵』はなんとなくわかるんですが、『もう一度結婚』はどうもわからない……。たくさん検索されているってことなんだろうけど、人気作ってことなんでしょうかね?
 ランキングのプラグインを入れてから、ずーっと不思議に思っているのですよね。いや、別に謎が解明されなくてもいいんですけど(´ω`;)。

 続きはお礼です。シルヴィア・アンドルー『夢の舞踏会へ』に拍手くださった方へ。

続きを読む

web拍手 by FC2

◆『シンデレラの階段』ソフィー・ウエストン

◆『シンデレラの階段』ソフィー・ウエストン(ハーレクイン)
 ジョアンヌは、虐待する里親夫婦から逃れ、放浪生活を送っていた。里子仲間で弟同然のマークが15歳になった時、かつての恩師を頼って二人でフランスへ渡った。恩師の元にマークを残し、ジョアンヌはある城でのクラシックカーの整備の仕事を見つける。城の持ち主は世界的なジャーナリスト、パトリック・バーンズだった。("The Cinderella Factor" by Sophie Weston, 2006)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

▼『珊瑚礁のキス』ジェイン・アン・クレンツ

▼『珊瑚礁のキス』ジェイン・アン・クレンツ(ラズベリーブックス)
 SF作家のエイミーには、友達以上恋人未満の友人ジェドがいる。ある夜、出張から帰ってきた彼が「空港まで迎えに来てほしい」と電話してきた。その日から二人の関係は変わり始める。不眠症に悩むエイミーは、その原因となったある事件に向き合うため、ジェドとともに両親の別荘がある南の島へ向かうが──。("A Coral Kiss" by Jayne Ann Krentz, 1987)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ラズベリーブックス ★★★☆

◆『やっぱり愛してる』クリスティン・モーガン

◆『やっぱり愛してる』クリスティン・モーガン(ハーレクイン)
 妻レイチェルが子供たちを連れて出ていってから半年。「ビジネスの天才」と言われるロスは、誕生日パーティの最中にふと淋しさを感じる。このまま離婚になってしまってもいいのだろうか……? その時、レイチェルが「次男のダニーがいなくなった」と泣きながら電話してきた。やっとわかった。僕が変わったことを、妻に示さなくては。そして、彼女の愛情を取り戻さなくては。("Welcome Home, Daddy!" by Kristin Morgan, 1996)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

△『ゲームウォーズ』アーネスト・クライン

△『ゲームウォーズ』アーネスト・クライン(ソフトバンク文庫)
 西暦2041年──〈OASIS〉というネットワークが張り巡らされた世界で、18歳のウェイドは過酷な現実から逃れるため、ネットの中にのめりこんでいた。そんなある日、OASISの開発者ジェームズ・ハリデーの死去が報じられる。彼の遺言は「OASIS内に隠されたイースター・エッグを発見した者に全財産を譲る」というものだった。("Ready Player One" by Ernest Cline, 2011)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 ソフトバンク文庫 ★★★★

●『夢の舞踏会へ』シルヴィア・アンドルー

●『夢の舞踏会へ』シルヴィア・アンドルー(ハーレクイン)
 1819年、英国。アナベルの双子の妹ロザベルが夫スティーヴンを失ったあと、体調を崩し、実家へ戻ってきた。だが、スティーヴンのいとこで、オードウェイ家の新たな当主ジャイルズは、ロザベルにロンドンへ戻るよう、強固に命令したという。そこでアナベルは、ロザベルのふりをしてロンドンへ向かう。ほんの少しの間、ロザベルのふりをすれば、彼は外国に旅立つはず──だったのだが……。("Annabelle" by Sylvia Andrew, 1998)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

■『ある愛の詩』

■『ある愛の詩』"Love Story" 1970(AIVレンタル)
 ハーバード大生オリバーは、図書館でラドクリフ女子大生ジェニーに出会う。たちまち恋に落ちた二人は、卒業と同時に結婚を決意する。だが、オリバーは大富豪の御曹司、ジェニーの家はクッキー店を営む庶民。オリバーの父は反対するが、二人はそれを押し切って結婚する。(監督:アーサー・ヒラー 出演:ライアン・オニール、アリ・マッグロー、ジョン・マーレー、レイ・ミランド他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★ ロマンス映画

◆『あの日、パリの街で』ダイアナ・パーマー

◆『あの日、パリの街で』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン文庫)
 18歳のブリアンナは、学校を抜けだして行ったルーヴル美術館でピアスに出会った。妻を亡くしたばかりで生きる気力を失っていたピアスは、彼女の純真さと優しさに触れて救われた気持ちになる。それから二年後──二人は再会するが、ブリアンナの継父の強欲さ故の企みに巻き込まれていく。("Once In Paris" by Diana Palmer, 1998)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2014年07月 | 08月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫