06
1
2
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
17
19
21
24
25
26
30
   

□『ダークマン』

『ダークマン』"Darkman" 1990(Blu-ray)
 人工皮膚の研究者であるペイトンは、弁護士の恋人ジュリーが汚職の証拠書類を研究所に置いたままだったことから、マフィアに襲われる。研究所は爆破され、彼は死んだものとされたが、実際には身元不明で病院に収容されていた。全身に重度のやけどを負ったペイトンは視床下部の神経を切断され、苦痛を感じなくなった。彼は光の下では99分しか保たない人工皮膚を使い別人になりすまし、復讐を始める。(監督:サム・ライミ 出演:リアム・ニーソン、フランシス・マクドーマンド、コリン・フリールズ、ラリー・ドレイク、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

◆『海で拾った花嫁』アン・ウィール

◆『海で拾った花嫁』アン・ウィール(ハーレクイン)
 3歳で孤児になり、伯母に引き取られたアーモレルは、南太平洋の孤島で育った。19歳の時、二人の乗ったボートは嵐に遭い、伯母は亡くなり、アーモレルは一人で6週間も海を漂流する。無人島に打ち上げられた彼女を助けてくれたのは、近くを船で通りかかったイギリス人実業家のショルトだった。("The Girl From The Sea" by Anne Weale, 1979)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『帰らざる日々』ルーシー・ゴードン

◆『帰らざる日々』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 クラブ歌手のジュリーは、憧れの地であるイタリアへやってきた。ローマの有名ナイトクラブへ出演するためなのだが、そこで思いがけない人と再会することになる。8年前に別れた恋人リコ・ファルツァ──彼が、ナイトクラブのオーナーだったのだ。8年前、リコの祖父の差金で別れさせられたジュリーは、昔の面影のない彼に、息子のことを知られてはならない、と思う。("Rico's Secret Child" by Lucy Gordon, 1999)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

◆『運命の回転ドア』シャーロット・ラム

◆『運命の回転ドア』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 銀行に勤めるマーティーンは、レストランの回転ドアに見知らぬ男性と閉じ込められる。どちらが譲るかで揉めた二人の間に、激しい火花が散る。その後、上司で友人であるチャールズとのディナーの席で、その男性がチャールズのいとこブルーノだと紹介される。("Body And Soul" by Charlotte Lamb, 1994)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

◆『ダンシング・ラブ』リンダ・ハワード

◆『ダンシング・ラブ』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 名門ブラックストーン家へ嫁ぎ、未亡人となったスーザンは、ある夜のパーティで見知らぬ男を見かける。彼は、14年前に不倫騒ぎを起こし、故郷を追われた亡き夫バンスの従兄コードだった。彼に強烈に惹かれるスーザン。しかしコードは、バンスの母と弟に長年の恨みを訴え、脅迫をする。("Tears Of Renegade" by Linda Howard, 1985)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★

◆『夕映えのロンドン』シャーロット・ラム

◆『夕映えのロンドン』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 ロンドンを訪れ、婚約者とともに夕食をとっていたリーは、自分をじっと見つめている男に気づく。彼はリーをエレベーターに閉じ込め、強引に唇を奪う。そののち、彼が従妹の気持ちをもてあそんで捨てた男、新聞社社長のマット・ヒュームだと知る。("Pagan Encounter" by Charlotte Lamb, 1978)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

□『10 クローバーフィールド・レーン』

□『10 クローバーフィールド・レーン』"10 Cloverfield Lane" 2016(6/17公開)
 都会から逃げ、田舎道を車で走るミシェルは、後ろから来た車にぶつけられて意識を失う。気がつくと、牢獄のような部屋に足をつながれ、閉じ込められていた。部屋にやってきた男に「出してくれ」と頼むが、彼は「外は攻撃され、汚染されている」と言う。ここは彼が作ったシェルターなのだ。(監督:ダン・トラクテンバーグ 製作:J・J・エイブラムス他 出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・グッドマン、ジョン・ギャラガー・Jr、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★

□『AKIRA』

『AKIRA』1988(Blu-ray)
 1988年、東京で新型爆弾が炸裂し、第三次世界大戦が勃発した。その31年後の2019年、東京オリンピックを翌年に控えたネオ東京で、金田と鉄男ら仲間は改造バイクを乗り回し、閉鎖区域へと侵入した。そこで鉄男は奇妙な子供に行く手を阻まれ転倒、負傷する。子供と鉄男は軍用ヘリによって連れ去られ、金田たちは警察に捕まってしまう。(監督・原作・脚本:大友克洋 声の出演:岩田光央、佐々木望、小山茉美、石田太郎、鈴木瑞穂、玄田哲章、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

◆『あなたが気づくまで』アマンダ・ブラウニング

◆『あなたが気づくまで』アマンダ・ブラウニング(ハーレクイン)
 弁護士のナターシャは、双子の妹ナターリャが事故にあったと知らせを受け、病院へ向かった。だが実はナターリャは無傷で、彼女をかばって車にひかれた婚約者チェイスが集中治療を受けていた。ナターリャはそのまま姿を消し、ナターシャは妹のふりをして意識のない彼のそばにいるはめに陥る。("A Husband For The Taking" by Amanda Browning, 1997)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

◆『黒い羊』スーザン・フォックス

◆『黒い羊』スーザン・フォックス(ハーレクイン)
 ウィラは5年前の交通事故で、同乗していた親友アンジーを亡くした。意識不明の間に事故の責任はウィラにあることにされ、彼女は故郷を追われる。だが、親代わりに育ててくれた叔父が亡くなったのを知り、葬儀をひっそりと見送って帰るつもりで墓地にたたずんでいた。そんな彼女を見つけたのはクレイ──アンジーの兄だった。その目には嫌悪と憎悪しかない。("The Black Sheep" by Susan Fox, 1988)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

▲『夢見る夜の危険な香り』リサ・マリー・ライス

▲『夢見る夜の危険な香り』リサ・マリー・ライス(二見文庫)
 認知症の父を亡くしたエルは、葬儀の日に5年前から行方がわからなくなっていたニックと再会する。しかし、彼と過ごせた時間はわずかだった。失望したエルは姿を消し、ニックは彼女を失ったことを嘆く。それから10年がたち、ニックはゴースト・オプスの一員として隠れて過ごす日々を送っていたが──。("I Dream Of Danger" by Lisa Marie Rice, 2013)
・〈ゴースト・オプス〉シリーズ第2作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    05月 | 2016年06月 | 07月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★ ★★★☆ ロマンス映画 ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ シリーズ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス ヒストリカル フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ライムブックス ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫