03
1
3
4
6
9
11
12
13
14
16
18
20
21
24
25
26
27
28
29
   

▽『ワニの町へ来たスパイ』ジャナ・デリオン

▽『ワニの町へ来たスパイ』ジャナ・デリオン(創元推理文庫)
 任務でヘマをやらかし、命を狙われる羽目におちいったCIA秘密工作員のレディング──フォーチュンは、CIA長官の姪のふりをしてルイジアナ州シンフルという田舎町に夏の間滞在することになる。「図書館司書で元ミスコンの女王、編み物が趣味」という自分とかけ離れた人物になりきれるかも不安なのに、到着早々事件に巻き込まれる。しかもこの町は、保安官よりも〈シンフル・レディース・ソサエティ〉という年配の女性たちが仕切っているという話で──。("Louisiana Longshot" by Jana DeLeon, 2012)
・〈ミス・フォーチュン・ミステリ〉シリーズ第1作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 創元推理文庫 ★★★★ シリーズ

◆『聖夜に、あと一度だけ』シャノン・マッケナ

◆『聖夜に、あと一度だけ』シャノン・マッケナ(ヴィレッジブックス)
 アニーは一緒に暮らしていた男から逃れ、おんぼろトラックでルイジアナのカジノを目指していた。数年前にそこで大当たりした最後の一ドル硬貨を数枚持って。これを使えば、もう一度、大当たりできるはず。だけど今気になるのは、ずっとついてくるバイクに乗ったあの男だ。("Something Wild" by Shannon McKenna, 2001)
・アンソロジー『キス・キス・キス 聖夜に、あと一度だけ』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ヴィレッジブックス ★★★ アンソロジー

◆『セックスとプードルとダイヤモンド』ナンシー・ウォレン

◆『セックスとプードルとダイヤモンド』ナンシー・ウォレン(ヴィレッジブックス)
 ヴィンスが富豪である大おばの遺産としてもらったのは、1400万ドルの財産を相続したプードル犬のミミだった。犬など、しかもプードルなんて自分に似合わない犬の扱いなどまったくわからないヴィンスは、偶然出会ったフランス人のソフィにミミの子守を頼むことにする。("The Fourteen Million Dollar Poodle" by Nancy Warren, 2004)
・アンソロジー『キス・キス・キス 聖夜に、あと一度だけ』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ヴィレッジブックス ★★★★ アンソロジー

◆『楽園で焦がされて』ドナ・カウフマン

◆『楽園で焦がされて』ドナ・カウフマン(ヴィレッジブックス)
 父の逮捕も母の病気も、自分の離婚のことも忘れるため、カリブ海にある秘密のリゾートへやってきたジェームズ。今までの“ミスター・ナイスガイ”を返上して、“ミスター・バッドボーイ”になってやる! と意気込んでいたが、気になるのはセクシーなゲームに場違いな戸惑いの表情を浮かべている一人の女性だけだった。("…And When They Were Bad" by Donna Kauffman, 2002)
・アンソロジー『キス・キス・キス 聖夜に、あと一度だけ』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ヴィレッジブックス ★★★ アンソロジー

◆『銀色のスポットライト』ダイアナ・パーマー

◆『銀色のスポットライト』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 人気ロック歌手のアマンダは、ある事故がきっかけでステージで歌えなくなった。ワイオミングにある叔母の友人のコテージで静養することになるが、隣人の牧場主クインは女性嫌いらしく愛想もない。だかある日、彼の12歳の息子がコテージへやってくる。父親が病気になったと言うのだ。("Sutton's Way" by Diana Palmer, 1989)
・〈テキサスの恋〉シリーズ第4作

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ シリーズ

□『リメンバー・ミー』

『リメンバー・ミー』"Coco" 2017(3/16公開)
 12歳のミゲルは、ミュージシャンになることを夢見ていた。だが、彼の家では音楽は禁止されている。年に一度の“死者の日”の音楽コンテストに出ることも止められ、ミゲルは地元出身の大歌手デラクルスのギターを借りるため、霊廟に忍び込む。そのギターを奏でた瞬間、ミゲルは自身の異変に気づく。墓地を訪れている死者たちが見えるのだ。その中には、自分の先祖たちもいた。(監督:リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ 声の出演:アンソニー・ゴンザレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、アラナ・ユーバック、ベンジャミン・ブラット、他)
・同時上映『アナと雪の女王 家族の思い出』

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

■『ベイビー・ドライバー』

『ベイビー・ドライバー』"Baby Driver" 2017(Blu-ray)
 天才的な運転テクニックを持つベイビーは、幼い頃の事故の後遺症である耳鳴りをごまかすため、常に音楽を聞き続けている。強盗犯たちを乗せ、警察から逃れる“仕事”の時もヘッドホンを手放せない。彼はかつて暗黒街の大物であるドクの車を盗み、それを償うためにその“仕事”を続けていた。そして、ついに次の仕事が最後だと言われるが──。(監督:エドガー・ライト 出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★ ロマンス映画

◆『クレタの聖像』シャーロット・ラム

◆『クレタの聖像』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 ギリシア人実業家アレックスが経営するレフカス商会ロンドン支社に勤めていたソフィは、ひょんなことからアレックスの母の秘書としてクレタ島で働くことになった。母の元に訪れるアレックスはソフィを口説き落とそうとするが、彼女には誰にも言えない秘密の恋人の存在があった。("Savage Surrender" by Charlotte Lamb, 1983)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

□『ブラックパンサー』

『ブラックパンサー』"Black Panther" 2018(3/1公開)
 アフリカの小国ワカンダの王、ティ・チャカが亡くなり、息子のティ・チャラが王位を継ぐ。ワカンダは実は高度な科学技術を有する文明国だが、表向きは発展途上国となっている。この繁栄はワカンダにしかほぼ存在しないヴィブラニウム鉱石のおかげだ。武器商人クロウと謎の男キルモンガーがそのヴィブラニウムを狙う。ティ・チャラはブラックパンサーのスーツに身を包み、二人を阻止しようとする。(監督:ライアン・クーグラー 出演:チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、マーティン・フリーマン、フォレスト・ウィテカー、アンディ・サーキス、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

◆『石の都に眠れ』リンダ・ハワード

◆『石の都に眠れ』リンダ・ハワード(二見文庫)
 亡き父のあとを継いで考古学者になったジリアンは、父が残した文献からアマゾン奥地に未知の部族の都市──石の都があることを発見する。それを立証するため、アマゾン川を上る。同行するのは兄のリック、資金を調達したケイツ、そしてガイドを務めるベン。石の都には秘宝があるという。リックたちはそれを狙っているらしいが──。("Heart Of Fire" by Linda Howard, 1993)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー 二見文庫 ★★★★

時代が変わっていく&拍手御礼

 やっと『シェイプ・オブ・ウォーター』の感想は書けたけど、他に見た映画とか本の感想は手つかず(´・ω・`)。
 今週くらいから少し時間ができるかな、と思ってはいるのですが。

 それはそうと、『シェイプ・オブ・ウォーター』がアカデミー賞の作品賞を獲りましたね!
 特撮もの(とあえて言う)が作品賞なんて、快挙だわ(´∀ `)。
 特撮を多用するSFやファンタジー(こっちは『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が作品賞獲ってますけど)っていうのは、基本的に「現実で描けないものを描く」ものですから。この言葉自体に二重の意味があるように、多重な世界観を持っていないと物語は描けないし、しかもエンタメとして優れていないと観客に受け入れられない。なのになぜか軽視されがちなジャンルだった。それでもそういう物語が好きで、そして優秀な人たちが地道にファンを増やしていった結果が、『シェイプ・オブ・ウォーター』の作品賞受賞につながったんだと思います。
 こうやって時代が変わっていく過程をこれからも見られるのであれば、若者の未来は明るいかも、と思える。おばちゃんはそれを見てちょっと安心したいのよー。

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。「生存報告2&拍手御礼」にコメントくださったMさまへ。

続きを読む

web拍手 by FC2

■『シェイプ・オブ・ウォーター』

『シェイプ・オブ・ウォーター』"The Shape Of Water" 2017(3/1公開)
 1962年アメリカ、ボルチモア。口のきけないイライザは、政府の極秘研究所で清掃員として働いていた。ある日彼女は、運び込まれた謎の水生生物を偶然目撃する。“彼”に惹かれたイライザは、人目を盗んで会いに行き、次第に心を通わせていく。そして、政府が“彼”をどうするか知った時、イライザはある計画を思いつく。(監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサー、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆ ロマンス映画

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2018年03月 | 04月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫