12
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
22
24
25
27
28
29
30
   

□『惑星大戦争』

『惑星大戦争』1977(WOWOW)
 1988年秋、世界中が謎のUFOに襲われ、宇宙ステーションが壊滅した。国連宇宙局はこれを宇宙からの侵略であると判断し、一時中断していた宇宙防衛艦「轟天」を完成させる。轟天の設計者・滝川を艦長に、若き乗組員たちが集い、宇宙人の基地があると思われる金星を目指す。(監督:福田純 出演:森田健作、浅野ゆう子、宮内洋、沖雅也、池部良、他)

 2018年も、拙ブログにいらしていただき、ありがとうございました。
 なんだか最近、ロマンス小説より映画の感想ばっかりですみません。今年の締めくくりも映画になってしまった。
 来年はもっとロマンスの更新がんばります。新年一発目の予告をしておくと、某有名ミュージカルの原作で、ロマンスとしても名高いアレです。ロマンス……ロマンスよね(´ω`;)?
 コメントや拍手もありがとうございました!
 よい年の瀬をお過ごしください。来年もよろしくお願いいたします。

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★☆

▽『犬神家の一族』横溝正史

▽『犬神家の一族』横溝正史(角川e文庫)
 昭和二×年、信州・那須市。東京から来た探偵・金田一耕助は、現地に着くなり野々宮珠世の危機を救う。彼は、製糸会社を経営する犬神家の当主・犬神佐兵衛の遺言状の開示によって起こるであろう骨肉の争いのため、犬神家の顧問弁護士事務所から呼ばれていた。妻を持たなかった佐兵衛は別々の愛人に産ませた三人の娘がおり、それぞれに息子があった。だが、莫大な遺産は、佐兵衛の恩人の孫・珠世に譲られると記され、孫息子たちは彼女と結婚しない限り相続できない。
・〈金田一耕助〉シリーズ(金田一耕助ファイル5)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★☆ シリーズ

□『シュガー・ラッシュ:オンライン』

『シュガー・ラッシュ:オンライン』"Ralph Breaks The Internet" 2018(12/21公開)
 ヴァネロペとラルフは、ゲームセンターで楽しく暮らしていたが、ある日ヴァネロペのゲーム「シュガー・ラッシュ」のハンドルが壊れ、筐体の廃棄処分が決まってしまう。二人はハンドルが出品されているオークションサイトを目指し、Wi-Fiを通じてインターネットへ潜り込む。(監督:リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン 声の出演:ジョン・C・ライリー、サラ・シルヴァーマン、ガル・ガドット、タラジ・P・ヘンソン、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

□『ウェインズ・ワールド』

□『ウェインズ・ワールド』"Wayne's World" 1992(DVD)
 シカゴの自宅の地下室から、ケーブルテレビ番組「ウェインズ・ワールド」を流しているロック好きな若者ウェインとガース。その人気に目をつけたテレビプロデューサーのベンジャミンから、大手テレビ局と契約し、スポンサーもつけないかという話を持ちかけられる。契約金を手にし、繰り出したクラブでエキゾチックな美女カサンドラと出会い、順風満帆に思えたウェインだったが──。(監督:ペネロープ・スフィーリス 出演:マイク・マイヤーズ、ダナ・カーヴィ、ティア・カレル、ロブ・ロウ、ララ・フリン・ボイル、アリス・クーパー、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

□『わたしを離さないで』

『わたしを離さないで』"Never Let Me Go" 2010(WOWOW)
 1994年、イギリス。私の名前はキャシー・H。優秀な介護人だ。もう十年近く勤めている。あちこちの施設を回り、介護すべき人たちに会う日々を送りながら、私は幼い頃から少女まで過ごしたヘールシャムでのことを思い出す。その中でも、特に親しかったルースとトミーの思い出を──。(監督:マーク・ロマネク 出演:キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、サリー・ホーキンス、シャーロット・ランプリング、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★

◆『運命のエトランゼ』ヴァイオレット・ウィンズピア

◆『運命のエトランゼ』ヴァイオレット・ウィンズピア(ハーレクイン)
 イギリスの農場で育ったジョアンナは、奔放な妹と暮らすためにオーストラリアへやってきたが、妹はニュージーランドへ旅立ったあとだった。ジョアンナは家政婦を募集していたレインツリー・バレーの牧場に応募し、一人向かう。だが牧場のボスであるアダムは、彼女をひと目見るなり、「このレインツリーは役立たずのお嬢さんは雇わない」と言い放つ。("Raintree Valley" by Violet Winspear, 1971)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

□『ボヘミアン・ラプソディ』

『ボヘミアン・ラプソディ』"Bohemian Rhapsody" 2018(11/9公開)
 1970年代初頭のロンドン。インド系移民出身の青年ファルーク(フレディ)は、ボーカルが脱退したバンドのギタリストのブライアンとドラマーのロジャーに歌声を披露する。一年後、ベースのジョンが加入し、「クイーン」と名を改めた彼らの自主制作のアルバムがレコード会社の目にとまる。フレディは姓も「マーキュリー」と改名し、クイーンは次第に世界的に知られていくようになる。(監督:ブライアン・シンガー 出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョセフ・マゼロ、マイク・マイヤーズ、他)

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

▽『殺人鬼』横溝正史

▽『殺人鬼』横溝正史(角川e文庫)
 探偵作家の八代竜介は、ある夜、駅前で美しい女から家に送ってほしいと頼まれる。彼女は誰かにつけられているらしい。黒い帽子、黒い外套、ステッキを持ち義足らしく歩くたびにコトコトと音をたてる男に。(表題作)
・〈金田一耕助〉シリーズ

続きを読む

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 角川文庫 ★★★★ シリーズ 資料用

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2018年12月 | 01月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫