09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』2012(11/17公開)
 衛星軌道上に隠されたエヴァンゲリオン初号機から救出された碇シンジ。アスカやミサト、リツコと再会するが、意識のない間に起こった出来事を知らされて衝撃を受ける。その時、レイが自分を呼ぶ声が聞こえ、シンジは彼女とともにネルフ基地へ向かう。(総監督:庵野秀明 声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、三石琴乃、石田彰、坂本真綾、他)



 あらすじでネタバレしないようにするのが難しいんですけど……orz
 何とかネタバレを目にしないまま、見ることができました。旧版と全然違う、そしてQでは終わらないというのはわかってましたけど──うん、この話では終わらないよね(´∀`;)。
 前作の『破』を見た時、

「あれ? シンジくんが明るくなってる!?」(私は旧テレビ版をリアルタイムで見ています)

 と感じたので、この先どうなるんだろう、と思っていたら──やっぱりシンジくんはシンジくんでした(´ω`;)。
 上げといて堕とす、というあまりにもあまりな仕打ち。単なるだまされやすい子供にも見えた。いや、彼だけは本当に子供のままなんですが。
 だからこそ、だまされるのか。主人公というより、利用される立場でしかなかったな、今回……。
 わからないことはわからないままだし(まあ、シリーズでいうところの「ブリッジ」的な話になってるので)、どうなるのかまったく見えないけど、続きが気になります(結局、結論は『破』と同じかよっ)。

 急展開への感想。「時間がたった」より、「別世界に行ってしまった」と思った私(^^;)。
 急に思い立って見に行ったので、予習を忘れたというのもありますが、『破』を見直さなくては。ついでに『序』も(まだ見てない)。
 それから『巨神兵東京に現る 劇場版』は、特撮博物館で見ていたのですが、家族によればちょっとずつ違っていたそうです。よく見てるな……(´д`;)。私はエンドロールがついたことくらいしかわかんなかったよ……。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫