Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2012) › □『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

2012 · 11 · 22 (Thu) 16:06

□『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』2012(11/17公開)
 衛星軌道上に隠されたエヴァンゲリオン初号機から救出された碇シンジ。アスカやミサト、リツコと再会するが、意識のない間に起こった出来事を知らされて衝撃を受ける。その時、レイが自分を呼ぶ声が聞こえ、シンジは彼女とともにネルフ基地へ向かう。(総監督:庵野秀明 声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、三石琴乃、石田彰、坂本真綾、他)

 あらすじでネタバレしないようにするのが難しいんですけど……orz
 何とかネタバレを目にしないまま、見ることができました。旧版と全然違う、そしてQでは終わらないというのはわかってましたけど──うん、この話では終わらないよね(´∀`;)。
 前作の『破』を見た時、

「あれ? シンジくんが明るくなってる!?」(私は旧テレビ版をリアルタイムで見ています)

 と感じたので、この先どうなるんだろう、と思っていたら──やっぱりシンジくんはシンジくんでした(´ω`;)。
 上げといて堕とす、というあまりにもあまりな仕打ち。単なるだまされやすい子供にも見えた。いや、彼だけは本当に子供のままなんですが。
 だからこそ、だまされるのか。主人公というより、利用される立場でしかなかったな、今回……。
 わからないことはわからないままだし(まあ、シリーズでいうところの「ブリッジ」的な話になってるので)、どうなるのかまったく見えないけど、続きが気になります(結局、結論は『破』と同じかよっ)。

 急展開への感想。「時間がたった」より、「別世界に行ってしまった」と思った私(^^;)。
 急に思い立って見に行ったので、予習を忘れたというのもありますが、『破』を見直さなくては。ついでに『序』も(まだ見てない)。
 それから『巨神兵東京に現る 劇場版』は、特撮博物館で見ていたのですが、家族によればちょっとずつ違っていたそうです。よく見てるな……(´д`;)。私はエンドロールがついたことくらいしかわかんなかったよ……。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント