Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2012) › □『007 スカイフォール』

2012 · 12 · 02 (Sun) 15:35

□『007 スカイフォール』

『007 スカイフォール』"Skyfall" 2012(12/1公開)
 トルコでの任務中に行方不明になり、人知れず潜伏していた007ことジェームズ・ボンドは、MI6への爆破攻撃を耳にし戻る決心をする。潜入捜査官の極秘ファイルをネットに公開した犯人を追い、ボンドは上海へ向かう。(監督:サム・メンデス 出演:ダニエル・クレイグ、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、アルバート・フィニー他)

 せっかく公開日&映画の日に見に行ったのに、雑用に紛れて当日ブログを更新できなかったよ(´・ω・`)。しかも、一回目だったのに!
 ……まあ、それは別にいいのです。
 見所がいろいろありすぎるという点では、これは一種のお祭り映画ではないかと。007シリーズを昔から見ている人ならばもっと楽しめるはず。くわしい家族に言わせると、小ネタがたくさんあるらしい。私はそこそこしか見ていないので、全部はわからなかったんだけど、それでも面白かった。
 007シリーズ50周年記念作品ということで原点回帰も意識している。
 わたくし的には、やはりQの復活ですかね。先代が亡くなってからずっと空席になっていましたが(ジョン・クリースの“R”はなかったことにされたね(^^;))、若くてピチピチなメガネ男子が新登場しています。先代と007は父と息子のようでしたが、今回から逆転してしまった。
 Mもついに交代しました。これはもう「そろそろだろうな」と思っていたので後任が誰なのかすぐにわかりましたが、あの人が最近登場していなかったおなじみのキャラとは(´∀`;)。
 ラストでのこの紹介の仕方で某映画を思い出したんだけど、うちの家族が、

「ストーリーが『ダークナイト』を意識してるよね」(確かに敵役がジョーカーっぽい)

 と言ったことで、気づく。
 これは、ハリウッドとはまた違う、007シリーズならではの「リブート」なのだと。
 長く続くこのシリーズじゃなきゃできないやり方だよね。ダニエル・クレイグの007がとても評判いい、というのがあってだと思うけど。
 さらにこの作品では、007のトラウマも描いているのに驚いた。彼すらもトラウマから逃れられない風潮なのか(´д`;)、と一瞬悲しくなりましたが、生まれ故郷がスコットランドで、しかもハイランダー(これは私の家族が持っていた昔の資料に載っていた)というのには萌えた。
 彼の実家(お屋敷)の風景は、中世ヒストリカルを思い起こす。ダニエル・クレイグがキルト履いてる姿を妄想せずにはいられないねっ。
 それから、よくハーレに出てくる「チャリング・クロス駅」というのは、ああいうとこだったんだなって。狭い!(´Д`;) 銀座線のホームに、大江戸線の車体! ちゃんと並んで乗れ!
 個人的にちょっと興奮したのは、敵役の住む荒廃した島の外観が長崎の軍艦島というところ。一度でいいから行ってみたい!
 それから、字幕のT田奈津子先生のおかげで妙な勘違いをした私(´∀`;)。どうなの、あれは……orz

 ところで、余談&この作品とは関係ないのですが、うちの家族に言わせると、

「『ダークナイト』以前と以降で、アクション映画が変わった」

 とのこと。
『ダークナイト』はアクション映画としてエポックメイキングな作品だったのだそうだ。
 そして私が、
「その前は、もしかして『ダイ・ハード』?」
 と訊いたら、
「だと思う」
 と言っていた。
 そのさらに前は、多分『フレンチ・コネクション』なんじゃないかなあ、と考えたんだけど、これは長くなるので、また機会があったら。
(★★★★)
[Tag] * ★★★★ * 資料用

最終更新日 : 2018-12-15

Comments







非公開コメント