01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

●『秘密の花嫁』ローズマリー・ロジャーズ

●『秘密の花嫁』ローズマリー・ロジャーズ(マグノリアロマンス)
 一代で財産を築いた商人ドブソンは、社交界での立場を手に入れるべく、娘タリアをアッシュコーム伯爵ガブリエルの弟と結婚させようとする。父の言いなりのまま結婚式に挑んだタリアだったが、当日花婿は姿を現さなかった。怒り狂ったドブソンは、伯爵に代わりに結婚しろと迫る。彼はその脅迫をのみ、妻となったタリアを田舎の領地に追いやってしまう。("Bride For A Night" by Rosemary Rogers, 2011)



 ツンデレヒーローが話題だったので、読みました(´∀`)。
 のっけからのヒロインのひどい扱われようと、ヒーローの言い訳全開のツンデレぶりがいい感じでしたが、物語は急展開。
 なんとひとりぼっちで領地をウロウロしていたヒロインは誘拐され、フランスへ連れていかれてしまうのです!
 妻を奪還するべく友人とフランスに乗り込む焦り気味のヒーロー、当然つかまったり何だり。夫を救うために尽力し勇気を賞賛されたりして自信を取り戻していくヒロイン。誘拐犯とその愛人の痴話喧嘩、逃げた弟の意外な正体──と活劇風味な展開になっていく。
 こういう話とは思わなかった。ツンデレヒーローが自己評価低いけどエロい身体の嫁に振り回される切ないお話だと思ったのに(´Д`;)……。
 それは私の単なる勘違いだから別にいいのです。それより、話のまとめ方というか、誘拐犯とか弟との決着のつけ方が中途半端な気がしてしまいました。
 一番気になったのは、社交界で忌み嫌われるくらいの存在だったヒロインの地位向上のための方法(当初の私の予想では、これがメインストーリーになると)。

「そんなうまくいかないだろう〜?(^^;)」

 しかも、けっこうラスト近くにちゃっちゃとやってしまい、やっつけ感漂うような……。
 もう少しこういう部分での爽快感が欲しかったな(´・ω・`)、とも思いました。ツンデレとしていいものを持っているヒーローだっただけに、惜しい。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル マグノリアロマンス ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫