01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『シークの略奪愛』アニー・ウエスト

◆『シークの略奪愛』アニー・ウエスト(ハーレクイン)
 海洋考古学者のベルは、海で調査中に同僚とともに誘拐された。助けにやってきたのは、クアルーム国の君主ラフィーク。彼が犯人へ身代金として差し出したものは、金ではなかった。そのために、ベルはラフィークと結婚することになってしまう。("The Sheikh's Ransomed Bride" by Annie West, 2007)



 シークものは苦手なんですが、このような文庫があるということで──あらすじから見てこの作品らしいので、読んでみました。(書き直しているのか、そのままなのかわからない……)
 なんだかヒーローヒロイン両方ともずーっと欲情しているようなお話でした(´ω`;)。
 いや、それはもちろんいい。でも、いざという時に拒むヒロイン。その拒み方が、

「生理中だから」

 という……orz
 だったら最初に言えよっ、とか思ったね(#・∀・)。「だめ」としか言わなかったらじらしてるとしか思わないでしょ、男からすればっ。
 そんな展開、シューッと現実に戻るから! あっ、もしかしてラノベ的に笑わせようとしたの!?
 ──笑えねえな(´∀`;)。
 だいたい結婚しなくちゃいけない理由というのからしてむりやりなのです。

「王妃に贈る宝石を身代金として渡した(犯人が要求した)

 から、結婚。
 うーむ……。「うちの国ではそうしないとダメなんだよ」とシークらしく力説されても、異国情緒や異文化と片づけるには説得力足りないのでは。ヒーローがヒロインと結婚したいからそれを利用したようなものなんだけど、ちゃんと融合してないんだよね。
 そこだけ「シークらしさ」や「異国の流儀」を出してるから、浮いているってことですね。それっぽい雰囲気作りはしているけど、雰囲気だけで終わってる。
 まあ、元々私はダメですからね(´・ω・`)。これからも、なるべく避けたいシークもの。
(★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫