Top Page › 読書の感想 › リン・グレアム › ◆『危険すぎる契約』リン・グレアム

2012 · 12 · 12 (Wed) 16:01

◆『危険すぎる契約』リン・グレアム

◆『危険すぎる契約』リン・グレアム(ハーレクイン)
 倒産寸前の小さなケータリング会社を経営しているミスティは、大企業重役のレオーネから思いがけない仕事を依頼される。それは彼の恋人のふりをするというもの。会社のため、背に腹は代えられないミスティは渋々それをのむが、レオーネは頑としてその理由を明かそうとはしなかった。("The Disobedient Mistress" by Lynne Graham, 2002)
・〈華麗なる転身〉第2作

 異父姉妹(下の二人は双子)がヒロインの三部作1作目の『アラビアの花嫁』は未読です。
 ていうか、本当は3作目の『愛なきハネムーン』を読もうとしていたんだけど、手に入れてから三部作の3作目と気づき、同時に2作目もなぜか持っていたことを思い出したので、先に再読です。
 リン・グレアムのヒーローで、言い訳の最中に芝刈り機にけっつまづいた奴がいたなあ、どれだったかしら? と思っていたらこれでした。
 ヒーロー、妹を見殺しにした男への復讐のために、その娘であるヒロイン(本人は知らず)を利用する。お約束のお話です。
 会社のため、と思いつつ、なんだかんだでヒーローと契約以上の関係を持ってしまうヒロイン。流されるな、とは言いませんが、自分に言い訳しまくりなのが気になる。事故で子供が産めなくなり、それを理由に婚約者に捨てられたりして、かなりかわいそうな人なのですが、「プライド」の使い方を間違っているのではないかと。
 ヒーローもヒーローで、自分の思い込みややらかしたことを後悔しながらも、芝刈り機にけっつまづくまでちゃんと自分の気持ちを言えない。
 いや、ヒーローヒロインについてはいつものリン・グレアム(´∀`;)なんだけど、なぜか今回、周囲の人間のクズっぷりが目立ってねえ(´д`;)。特にヒロインの両親がひどい。そんな両親だったら子供を捨てるのは当たり前だろうけど、読んでるこっちはやるせないっすよ(´・ω・`)。
(★★☆)

最終更新日 : 2016-10-05

Comments







非公開コメント