Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2012) › □『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』

2012 · 12 · 21 (Fri) 14:14

□『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』

『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』2012(12/8公開)
 今から五年後の2017年。高校教師になった仮面ライダーフォーゼこと如月弦太朗はクラスの問題児である三郎たちが超能力者であり、ゾディアーツに協力していることを知る。一方現在の2012年、仮面ライダーウィザードこと操真晴人は、無限にモンスターを生み出すマシンを見つける。(監督:坂本浩一 出演:白石隼也、福士蒼汰、吉沢亮、奥仲麻琴、須賀健太、他)

 安定の適当さ(´д`;)……。(あらすじも含めorz)
 変な日本語ですが、ほんとにこんな感じでした。
 いいんです。だって脚本が浦沢義雄なんですもの(『仮面ライダーフォーゼ』の中島かずきも参加していますが)。
 とはいえ、私は『美少女仮面ポワトリン』とかの魔法少女ものは見てないんだよね……。あのアンダーワールドはポワトリンのというより、浦沢さんのだろって感じ(^^;)。
『イナズマン』は見ていたので、正義の味方としてサナギマンにならなかったのにはちょっとショック受けた。そして、イナズマンになったら超怖かったので、それもショックだった。あれは原作マンガのビジュアルだそうですね。なんで昔のテレビのと同じにしなかったのかな(´・ω・`)。
 アクションがてんこ盛りなのはいいけど、ワイヤーアクション使いすぎ! 今やってる『仮面ライダーウィザード』は魔法使いって設定だからワイヤーアクションの方が合ってると思うんだけど、他のライダーにまで使いまくらなくてもいいと思うの。人間だけじゃなく、バイクにまで使ってたし!
「映画だとバイクアクションが見られるなあ」
 と思っていたのに、ガッカリだよ(´Д`)。
 浦沢さんの脚本にしてはまとまってはいたけど、見所が散漫になってしまうのはライダー映画のデフォルトなので彼のせいじゃないよね。いや、ハチャメチャな浦沢脚本も好きなんだけどね。期待半分、警戒半分。
 でも、それも中途半端だったかも……。ラストの方はやっぱりガンバライドになっていたので、眠くなってしまったよ(´・ω・`)。CGがごまかしのように使われているのもなあ。
 とにかく、これで今年のスーパーヒーロータイム税は払い終わりました。来年も明けて早々に払いに行く予定が……(^^;)。
(★★☆)
[Tag] * ★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント