04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『純愛の城』ペニー・ジョーダン

◆『純愛の城』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 祖父母の遺灰を故郷に埋葬するため、ルイーズはシチリア島へやってきた。ここには苦い思い出しかない。10年前──18歳の頃、家族で滞在していた時、彼女はある過ちを犯した。それに対して、父は怒り、住民からは蔑みの言葉を投げつけられた。ルイーズはこの島の領主ファルコナリ公爵シーザーと一夜をともにしただけなのに……。("A Secret Disgrace" by Penny Jordan, 2012)



 去年の12月に亡くなったペニー・ジョーダンの遺作です。
 珍しくヒーローの苦悩が前面に出ていて、それが作者の苦しみでもあったんだろうか、とつい思ってしまいます(考えすぎだろうけど……)。
 とはいえ、ヒーローの苦悩は……単なる自己嫌悪なんだよね。
 彼は22歳の頃、ヒロインに惚れて一夜をともにするんだけど、それを旧態依然とした村長に知られてしまう。

「あんなふしだらな女とつきあっているなんて! 公爵としての家名が傷つきます!」

 そんなうるさい姑みたいなことを言われちゃう。
 若い領主だから年寄りたちにナメられていたらしい。彼女をかばったら、余計にナメられる! そんなのやだー・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
 ということで、そそくさと島を逃げ出し、後処理を村長にまかせる。
 何その金持ちのバカ息子丸出しの態度は。その行動、ヒーローじゃないだろ!そこらにいる考えなしのチャラ男と同じじゃないか!
 そういう時こそハーレのヒーローらしく傲慢さで乗り切るべきなのに、なんでマザコン息子のように言いなりになっちゃうかなあ(-"-;)。
 ヒロインもちょっとグレていたんだけど、関係ない村人たちに魔女狩りのように吊るし上げられ、親もそれに乗じて責めるとか、そんなことされるほどじゃなかったと思うんだよね。
 結局再会して、「お互いにやっぱり好き」となるわけですが(息子もいるし)、再会のきっかけはヒロイン祖父の手紙だし、ヒーローは自分じゃほとんど動いてない。謝罪の手紙に返事が来ないからあきらめるぅ? それは、

「返事がないからこのままにしておいてもいいかな? いいよね? いいんだよね?(´・ω・`)」

 そんなふうに自分の情けなさを棚上げしただけだ(゚Д゚)ゴルァ!!
 私としては、やっと探し出したヒロインにはもう優しい夫がいて、息子もなついていて、新しい弟妹もいて──それを遠くで見守りながら一人淋しく島に帰る……みたいな話でもよかったなあ、とも思いますよ。ていうか、ヒーローは当て馬の立場だよね、ロマンス的には。
 ただ、プレイボーイの改心ものはよくあるけど、「クズの改心」という切り口は新しい(´∀`;)。もう少し領主としての重責や一人の男としての孤独感とかまで描いたら、もっと深い話になったと思う。ペニーさんに、もっとこういう切り口のものを書いて欲しかったな……。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    03月 | 2020年04月 | 05月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 資料用 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ヒストリカル ★★★ ★★☆ ★★ ★★★★☆ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス その他の出版社 サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫