Top Page › 読書の感想 › さ行の作家 › ◆『隣人は別れた恋人』スーザン・メイアー

2013 · 01 · 05 (Sat) 08:17

◆『隣人は別れた恋人』スーザン・メイアー

◆『隣人は別れた恋人』スーザン・メイアー(ハーレクイン)
 夫を亡くし、二人の子供とともに実家へ帰ってきたケルシーは仕事を探していた。隣人であるエリックの会社で雇ってもらえたが、少し気まずい。彼は高校時代につきあっていた初恋の人だが、プロムをすっぽかされた思い出があるのだ。("The Boss's Favorite" by Susan Meier, 2001)

 これもKindleのハーレクインです。
 なんか同じような話ばかり読んでいる気が……。クズ系ヒーローって奴?(-ω-;)
 プロムをすっぽかしたヒーローは、それについての弁解をしないまま町を出てしまう。一応理由はあるにしても、約束を守らなかったことだけは謝らなきゃダメだよ。たとえ、本当のことを言わなくちゃならなくなってもさ。
 と、一応彼にはそういうことをやんわりと提言するだろう、私がもし相談されたら。ちょっと彼には頭から「クズ!」と言い放てない雰囲気がある。だって、本当の友だちだったら絶対に私と同じことを言うよ。つまり、こういうこと言ってくれる友だちもいなかったということなんだもん(´・ω・`)。
 父に虐待されていることを知られたくない高校生の男の子には情状酌量の余地あり。ヒロインに意を決して打ち明けて、もし自分が泣いちゃったら、とか、彼女に、

「何それ( ゚д゚)、ペッ」

 とか言われたら、といろいろ考えてズルズルためらうこともあるにはある。
 この作品では、ヒロインも子供だった。腹いせで結婚なんてしないの(゚Д゚)ゴルァ!!
 最後は落ち着くところに落ち着くけど、ちょっと都合のいい展開。ロマンスだから仕方ないけど、極力それを許せるようにしてほしい、というのが読者のわがままです。短編なせいか、「これは運命だ!」と一時的にのぼせあがっているようにも見える。おばちゃん、先行きが心配だよ(´Д`;)……。
(★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント