09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『囚われの姫君と偽りの騎士』ジュリア・レイサム

●『囚われの姫君と偽りの騎士』ジュリア・レイサム(ラズベリーブックス)
 15世紀のイングランド。両親亡きあと領地をしっかり治めていたエリザベスだったが、莫大な財産を狙って国王のいとこバナスター子爵が城に乗り込んでくる。とっさに侍女のアンと入れ替わり、塔への幽閉を逃れたエリザベス。そこへ怪我をした旅人が二人訪れる。その一人は、身分を偽った彼女の婚約者、ジョン・ラッセル男爵だった。("Thrill Of The Knight" by Julia Latham, 2007)



 読み終わるのに時間がかかった本は、たいていつまらないのであった(-_-;)……。
 最初の段階で、すでにややこしいことになっているわけです。一応理由はあるし、それに納得できないわけではないんだけど、なんかページをめくる手がどんどん遅くなっていく。
 ヒーローヒロインともに嘘をついている──相手をあざむいているからかな、とも思った。基本的にそういうのは苦手な方だし。
 でも、半分くらいで嘘はバレる。これでずいぶん読むのが楽になるかな、と思ったんだけど違った(^^;)。むしろ余計に遅くなったかもしれない。半分過ぎると、たいていは読む速度が速くなるんだけどね。
 つまり、苦手とかじゃなく単純につまんなかったんだなって……わかりました……orz
 とにかくつらかったのは、テンポの悪さね。あと、緊張感に欠けるところ。そこら辺を注意して、もっと短くまとめてほしいよ……長いんだよ……(´д`;)。
 後半にいろいろ起こるんだけど、

「ええー、ここでそれをやるぅー?」
 とか、
「もっと前の方でやれば──つか、最初からやらなければ」

 とか、身も蓋もないことを考えてしまったよ(´・ω・`)。
 ヒロインの性格もなー、うーむ……。なんか「めんどくさい子だなあ」と思ってしまって、感情移入ができなかった。

「アタシ、一人で何とかできる!(`・ω・´)」

 と過信して自滅して、悲劇のヒロインぶってるって感じちゃったよ。
「おいおい、どうしてそういう思考になるかな?(´Д`;)」
 とツッコまずにいられない。
 スピンオフのも手元にあるんだけど、ちょっと今は読む気なくしてる……。少し寝かせます(´-ω-`)。
(★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ラズベリーブックス ★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫