Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2013) › □『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』

2013 · 02 · 03 (Sun) 15:21

□『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』

『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』2013(1/19公開)
 ザンギャックの新司令官と手を組み、地球へ攻め入ってきた海賊戦隊ゴーカイジャー。迎え撃つ特命戦隊ゴーバスターズだったが、幻のレンジャーキーによって引き起こされた時空の歪みにゴーカイジャーとともに取り込まれてしまう。(監督:柴崎貴行 出演:鈴木勝大、馬場良馬、小宮有紗、小澤亮太、他)

 これもまたいつもの適当クオリティでした(´・ω・`)。
 東映の「何とかVSかんとか」というのは基本、昔からこういう話だよな、という伝統すら感じる。敵と思わせといて実は、という奴。……いや、他にもいっぱいあるか(^^;)。
 とにかく、お約束の話であるのは確かです。
「急いで作ったんだろうなあ」とか、「お約束とはいえ適当すぎる」とか、大人の事情が見え隠れするのは仕方ないけど、ターゲットはやっぱり子供だから大きなお友だちは何も言うまい。
 でも、できればもっと「お祭り感」が欲しかった。
 最近、仮面ライダーにしても戦隊ものにしても映画をバカスカ作るから、そこら辺がちょっと薄れているかもしれない。もしかして一番気持ちがアガるのは、劇場で予告を見た時かも。それも、映画本編のお尻にくっついてる奴。
 しかし、それに対してもいつも、

「大丈夫かな……(´ω`;)?」

 という気持ちがともなう。
 大丈夫じゃなくても、見ますけどね……。
(★★)
[Tag] * ★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント