09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▼『希望は君の瞳の中に』スーザン・ブロックマン

▼『希望は君の瞳の中に』スーザン・ブロックマン(ハーレクイン)
 5年前、任務中に膝を負傷した時から、「SEALsに復帰したい」と思い続けてきたフリスコだったが、ついに「復帰の見込みはない」と医師に言われてしまった。失望を酒で紛らそうとするが、それではろくでなしだった父親と同じだ。だが、どうしたらいい? 親切な隣人マイアの言葉も耳に入らない。そんな時、姉が姪のナターシャを連れてやってきた。アルコール依存症の更生施設に入るため、ナターシャを預かってほしいと言うのだ。("Frisco's Kid" by Suzanne Brockmann, 1997)
・〈危険を愛する男たち〉シリーズ第3作



 ヒーロー、自分の居場所はSEALs、と決めていた人なので、膝を壊し、杖をつかないと歩けないという現実に心がついていかず、苦しんでいます。
 持っていたものを、しかも苦労して手に入れたものを失うのは、誰でもつらい。暑苦しいほど男っぽい世界であるSEALsから弾き飛ばされたように思っているのなら、男として自分の「強さ」そのものをなくしたと絶望してもおかしくありません。
 女は最初からそういうものを持っていないので、

「それだけが強さじゃないのに(´・ω・`)」

 とすぐに理解できるけど……男って、結局「男らしさ」も努力しないと手に入らないのかなあ。女も、最近は「女子力」などは努力しないと身につかないみたいですが(´ω`;)。
 マッチョな世界でしか生きてこなかったヒーローが、新しい世界に足を踏み入れる決意をする物語です。私だったら、5年も粘らない、粘れない。ある意味すごいな、と思いました。
 ヒロインも我慢強い……。いや、彼女のおかげでコロッと変わったとも言えるか(´д`;)。5歳の姪っ子もかわいいです。

 ところで先日、映画『ゼロ・ダーク・サーティ』を見て、米海軍特殊部隊SEALsについて私は少し誤解していたかもしれない、と思った。
 プロフェッショナルな集団、というのは確かに当たっているんでしょうが、それはあくまでもアメリカ基準であって、日本人ていうか私が思い描くようなものとは違うらしい。
 よく考えてみたら、私の頭の中のSEALsの手際は、軍人というより「忍者」っぽい(^^;)。日本古来の特殊部隊ということで、無意識に置き換えていたのかしら。それとも、ロマンス作家たちの描くSEALs隊員たちの繊細さは、任務中にも発揮されると勘違いしたのか。
 とりあえず、今までよりも気持ち雑な連中、と脳内イメージを修正しておきます。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫