Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2009) › □『ウォッチメン』

2009 · 03 · 20 (Fri) 13:07

□『ウォッチメン』

『ウォッチメン』(3/19試写会 3/28公開)
 ベトナム戦争にアメリカが勝利をし、ニクソン大統領が政権をいまだ支配する'80年代。アメリカ現代史の表と裏に関わってきた“ウォッチメン”の一人、コメディアンが殺された。これを“ヒーロー狩り”だと思ったロールシャッハは、犯人捜索に乗り出す。(監督:ザック・スナイダー 出演:ジャッキー・アール・ヘイリー、パトリック・ウィルソン他)

 あらすじだけだと、全然説明にならない……。“ウォッチメン”というのは、ヒーローの集団です。ロールシャッハもその一員で、ロールシャッハテストみたいな染みのついたマスクをかぶってる。染みはうねうねと変化します。
 決してつまらないわけじゃないんだけど、派手さはないかなあ……。何とか話もまとめてはいるんだけど、いかんせん何に、そして誰に焦点を合わせて見ればいいのかよくわからず、散漫な印象は否めない。ロールシャッハを堂々と主役として打ち出せばよかったんじゃないかなあ。彼はとってもよかったですよ。筋が通ってて、感情移入ができるのは彼だけだったかも。オヤジバンザイ!
 評価に迷う……。ロールシャッハはよくても、他がね……。平均しちゃうともう、ほんと「まあまあ」って感じで(´∀`;)。でも長い上映時間、飽きなかったし眠くならなかったから、その点評価してもいいかな。
(★★★)
[Tag] * ★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント