Top Page › 読書の感想 › ダイアナ・パーマー › ◆『あなたにすべてを』ダイアナ・パーマー

2013 · 03 · 28 (Thu) 16:38

◆『あなたにすべてを』ダイアナ・パーマー

◆『あなたにすべてを』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 シカゴの敏腕弁護士J・Dの妹が、イタリアでテロリストによって誘拐された。J・Dは自分の手で彼女を奪還するために、昔の傭兵仲間を集め始める。そして、事務所で働く秘書のガビーもイタリアへ同行するよう頼まれる。「僕が信じられるのは君しかいない」と言われ、恋人同士の旅行のふりをすることになる。("Soldier Of Fortune" by Diana Palmer, 1985)

 再読です。けっこう昔に読みました。
 初めて読んだ時、何となく違和感があったことを思い出した。その時はそれが何だかわからなかったんだけど、読み直したらわかった。

 ロマンスのヒーローだったら、テロリストのいる危険な場所にヒロインを連れていかないよな(´д`;)。

 これを読んだ時、多分まだリサ・マリー・ライスの過保護ヒーローとか知らなかったはずですが、それでもそう感じたわけだ。
 確かに彼が全幅の信頼を置いているのはヒロインだけだとしても、実際彼女がやったのはそう重要な役割ではない(ように思える)。絶対必要な資格を持っているのが彼女だけ、というなら仕方ないけどそういうわけでもないし、恋人役っていうのもよくわからないし……ということは、彼は自分の都合でヒロインを危険な目に合わせ、それに逆ギレした──というお話らしいですよ、これは(^^;)。
 それから、ハーレらしい甘めのイチャイチャシーンと、こういうサスペンス系(?)の物語は乖離しやすい。もっと長ければ配分のバランスもとれるんだろうけどねえ。スーザン・ブロックマンとかうまいよね、こういうの。ヒロインの性格設定もあると思うけど。
 いつものダイアナヒロインなので、ちょっとなじんでなかったなあ(´・ω・`)。
 スピンオフがありそうな雰囲気だったけど、何も読んでいません……。
(★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

はじめまして。

私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。
2013-04-02-15:34

読書ログ http://www.dokusho-log.com/URL [ 返信 * 編集 ]