09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『純白の似合う季節に』コニー・ブロックウェイ

●『純白の似合う季節に』コニー・ブロックウェイ(ライムブックス)
 ヴィクトリア朝末期のロンドン。劇場歌手兼女優のレッティは一文無しでたどりついた駅で、ブライダル・プランナーのレディ・アガサが落とした切符を拾う。見知らぬ田舎町にたどり着いたレッティはレディ・アガサのふりをしながら姿を消すタイミングを測っていたが、花嫁の悩みを聞いたり、善良で素朴な町の住人と交流しているうちに、治安判事であるエリオットと恋に落ちてしまう。("The Bridal Season" by Connie Brockway, 2001)



 再読です。でもだいぶ前に読んだものなので、中身をほとんど忘れていたなあ。「面白かった」という記憶はそのとおりでしたが。
 ヒロインは詐欺の片棒をかつがされていた男(後半に出てくる。ちょっとだけなのにキチの入り具合が強烈)に追われていて、とにかく逃げたい。レディ・アガサが駅で恋人に駆け落ちを迫られ、その熱意に負けて仕事と列車の切符を放り出してしまったのを見て、その切符を使ってしまう
 レディの荷物からちょっとだけ金目のものを失敬して姿をくらまそうと思っていたのに、なぜか彼女の代わりに結婚式を仕切るはめに陥るヒロイン。幼少時の経験から斜に構えたところがあり、悪さはそれなりにしていますが、根は優しく愛に飢えている女の子である彼女は、次第に素の魅力で田舎町の人々を魅了していきます。
 私はヒロインが嘘をついている状況が割と苦手なのですが、こういう物語上で必然性のある嘘ならむしろ好きな方です。ベタな設定ではありますが、逃げようとするたびに邪魔が入ってだんだん切羽詰まってくるところがおかしかったです。
 そのように前半はラブコメチックなのですが、後半になるとヒーローとヒロインにどんどんアンハッピーエンドフラグが立ちまくり、彼女を追っている男が現れたあたりから、一転して怒涛の展開になっていきます。しかもとても切ない。そのまま劇的なラストシーンまで突っ走ります。
 ラストのヒーローのプロポーズシーンが最高です(´Д`*)。ヤケクソなヒーローっていうか、もうかっこつける余裕もない男というのは、やはりツボだわ〜。
 脇キャラが多いんですけど、みんな魅力的なのもこの作品のいいところ。特に花嫁の叔母で母親代わりのミス・エグランタインとヒロインが連れてきた雑種犬とのコンビがしみじみした味を出しています。ヒーローを振ってその友だちと結婚した元婚約者とヒロインのクロッケー試合もえげつなくて楽しい。
 今はちょうど6月で、原題どおりブライダルシーズン。偶然にも最適な時期に読んだな、と関係ないところでもいい気分を味わったのでした。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ライムブックス ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫